Entries

新日本4.9 SAKURA GENESIS短感 2017年のオカダvs猪木戦

 スカパー・テレ朝チャンネル2で、新日本プロレス4月9日・両国国技館大会(SAKURA GENESIS)を見た。

 そのうち3試合について、感想を短く書く。


【第7試合(NEVER無差別級選手権)】
○後藤洋央紀(王者)vs ×ザック・セイバーJr.(挑戦者)


 後藤が裏GTR⇒正調GTRでザックを下し、王座防衛。

 しかし試合内容はと言えば、まるでザックの関節技展覧会のようなものだった。

 乱入してきたエル・デスペラードや鈴木みのるを一人で排除したのは見せ場だったにしても、株を上げたのは誰が見ても明らかにザックの方である。


【第8試合(IWGPジュニアヘビー級選手権)】
○高橋ヒロム(王者)vs ×KUSHIDA(挑戦者)


 高橋ヒロムの入場時、KUSHIDAが鉄柱越えのトペ・コンヒーロを放って奇襲成功するが、ヒロムはエプロン断崖式のパワーボムに続き必殺技TIMEBOMBを二連発し、たった1分56秒でスリーカウント奪取で王座防衛。

 次の挑戦者として名乗りを上げたのは「タグチ・ジャパン」所属のリコシェだったが――

 KUSHIDAが少なくとも何ヶ月かは、あからさまにタイトル戦線からフェードアウトする予兆のような試合であった。


【第9試合(IWGPヘビー級選手権)】
○オカダ・カズチカ(王者)vs ×柴田勝頼(挑戦者)


 前半戦、柴田勝頼は「インディアン・デスロック」「コブラツイスト」「卍固め」を次々と繰り出す。

 これはどう見てもアントニオ猪木の技であり、柴田が意図的にそんな技を使っていたのは間違いない。


 柴田を紹介するナレーションでは、いつも「昭和の新日本プロレスの匂いを感じさせる男」とされている。

 今回のオカダとの一戦も、「今の新日本 vs 昔の(猪木時代の)新日本」のイデオロギー闘争として意味づけする人が多かったろう。

 どうも柴田勝頼は、(悪く言えば)今の新日本における唯一の「猪木時代の残党」のような位置づけである。

(そういうキャラクターである、とは言うまい。)

 となると今回のオカダvs柴田戦は、実はオカダvsアントニオ猪木だったのだろうか――

 それにオカダが勝ったというのは、ほとんど新日本という会社が「もう猪木イズムには戻りませんよ、今の路線で行くんですよ」と宣言したかのようにも取れる。

 もちろんプロレスの常として、たとえ選手や会社が全然意図していないにしても、ファンの多くはそんな風に「読む」ものである。

 ところで今大会は新日本のビッグマッチには珍しく、マイクによる締めがなかった。

 バッドラック・ファレが試合後に乱入し、オカダをグレネードとバッドラックフォールでKOしたからである。

 それはこんなことをするからには、次の挑戦者はファレになるのだろう。

 しかし思うに、ケニー・オメガがIWGPヘビー級を戴冠していないのに、(その下に位置するはずの)ファレがオカダを破って新王者になるというのもあまり説得力がない――

 そして、ファン受けもあまりしないと思われる。

 となるとオカダvsファレ戦というのは、たぶん30分前後の試合になってオカダがある程度苦戦するものの結局オカダが勝つのだろうという、「勝負論でなく内容重視」の試合になりそうである。

 しかしたとえ新日本のファンでなくとも、そういう流れをいつまでも続けていくことはできない(さすがに飽きられる)ことはわかっている。

 だとすると、オカダ防衛のこの流れを打ち切るのはどのタイミングなのか、誰がそれをするのか――

 それが棚橋弘至や内藤哲也だというのは、やや安易な気がするし……

 あの消息を絶ったボーン・ソルジャー(平澤光秀)が突如カムバックしてオカダを倒せば、それは確かにビッグサプライズとしか言いようがないが、さすがにそれはなさそうだ。

 「アントニオ猪木を間接的に倒したオカダ」の挑戦者を誰にするのか、どうやって仕立て上げるのかは、新日本にとって「嬉しい難題」と言うべきなのだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

中邑真輔、「一軍」SMACKDOWN昇格-シナ戦、ワイアット戦への期待

 4月2日(米国時間)・米フロリダ州オーランドでのNXT「テイクオーバー」大会で、挑戦者中邑真輔は王者ボビー・ルードに敗れ王座奪回に失敗。

 しかしその後、観客からは「サンキュー、シンスケ」コールが響く。

 このタイミングにおけるNXT選手権試合での敗戦が持つ意味を(観客は)理解していたのだろう――と、週刊プロレス4月19日号(no.1898)は書く。

 そして東スポを初めとするプロレスメディアは、中邑の一軍昇格(WWEの2つのブランド、LAWとSMACKDOWNのいずれか)は目前だと書いた。

 そのとおり、4月4日のスマックダウン大会には、早々に中邑が姿を現す。

 入場曲「ライジング・サン」のバイオリン生演奏に乗って、日本時代と同じ(いや、もっとレベルアップしたような)クネクネ&のけぞりイヤァオのムーブを見せて……

(その後、ドルフ・ジグラーと対戦して得意技キンシャサ(旧ボマイェ)で撃破、一軍初勝利を挙げた。)

https://www.youtube.com/watch?v=m8izXHKZSXw

 水を差すつもりはないが、「負けたら昇格」というのを観客もメディアもわかっているというのは、まさにプロレスならではである。

 そんなスポーツは他にどこにもない。

 そして中邑のこのムーブを何も知らない/プロレスにまるで興味のない人が見れば、頭のおかしな異常者または“芸人”ではないかと思う恐れも、多分にある。

 しかしそれも「いや、これがアメリカでは大ウケなんだ。彼は世界的人気があるんだ」と言われれば、そうなのかと思って見直すのもまた人間というものである。

 それにしてもスマックダウン所属ということは、これからあのジョン・シナはもちろん、現代怪奇派レスラーの代表格ブレイ・ワイアットと対戦することもあるわけだ。

(もう一人の怪奇派の首領、アンダーテイカーは残念ながら引退するようだ……)

 中邑とシナ、ワイアットらがどんな試合をするのか、実に楽しみではないか。


 日本時代の中邑については、「レスラー短感」として過去に4本の記事を書いた。(03-1~03-4)

(⇒ 2015年7月8日記事:レスラー短感03-1 中邑真輔はなぜ「キング・オブ・ストロングスタイル」なのか?)

 これから中邑は、WWEトップレスラーたちとのドリームマッチを次々(日常的に)実現させていくことになる。

 そしてこれはあり得ないことかもしれないが、もし棚橋弘至が引退を迎えることになるのなら――

 ぜひWWEに特別出場し(特別招聘され)、中邑とのシングルマッチを実現させてほしいものである。


 日本におけるこの二人の名勝負数え歌が、最後にWWEの舞台で行われるというのは、世界中のプロレスファンにとっても大注目の出来事になるのではないだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京03豊本明長vsモデル濱松恵 真実はどっち?

 プロレスファンなら気になって当然の、豊本明長&濱松恵の“不倫”話だが――

 濱松側は、ものすごく積極的に攻勢に出ている。

(大仁田厚が愛弟子のミス・モンゴルのため豊本さんに電流爆破マッチで対戦を申し込んだりしているのは、多くのプロレスファンが予感していたことだろう。)

 自分から報知新聞(スポーツ新聞社)アポなしで乗り込んで「真相を激白」したり、東スポの独占インタビューに応じたりと、まるで「喋りのテロリスト」と呼びたくなるような能動ぶりである。

 しかも聞き捨てならないことに、その「真相」として……


●初めて二人が会ったのは昨年(2016年)秋のこと。

●浜松は、最初は豊本が既婚者と聞いていたので、付き合う気は全くなかった。

●しかし初めて一緒に食事したとき、豊本から「自分は既婚者ではない」と言われた。


 
 というばかりか、

 
●豊本の妻だと思っていたミス・モンゴル(上林愛貴)については、

「リング上で(そんな打ち合わせもなかったのに)プロポーズされてしまい、雰囲気的に断れなかったので仕方なく承諾し同棲しているだけ」

「今も同棲しているのは、貸したカネの回収ができてないし、自分にはプロレス関係の仕事があるから」

「同棲はしてるけど、一緒には寝てない」



 と豊本さんは言っていた、ということまで語られている。

 いやはや、恐ろしすぎる爆弾発言である。

 こういう件について記事を書くのも気が引けるのだが、しかしプロレスファンにとってはまさにプロレス脳が試されるような一件でもある。

 いったい何が真実なのか、藪の中に複数の真実があるのか……

 豊本側から浜松恵との“不倫”自体を否定する話は出ていないので、二人の間に男女の交際があったこと(もちろん、ミス・モンゴルとの婚約の後に……)は事実だろう。

 そして豊本&ミス・モンゴルについては、「婚姻届は出したのだが、書類の不備で受理されなかった」から、まだ入籍していないのだと報じられている。

 しかし婚姻届の不備なんて、どこが不備なのか教えてもらえば翌日にでも直して提出できるものである。

 その一方ミス・モンゴルは、すでに豊本さんの実家に行って両親に挨拶を済ませているとも言われている。

 濱松恵は豊本明長を「最低の男」と呼ぶが、しかし濱松恵自身は「要注意人物」とか「自作自演の売名行為」とかもっぱらの評判である。

 ミス・モンゴルがリング上プロポーズを敢行し、婚約の運びとなったのは2014年12月27日の世界プロレス協会・新木場1stリング大会でのこと。

 豊本&モンゴル側としては、この「長すぎる婚約期間」を終わらせ正式に結婚することが、本件に対する最もまっとうな回答だと思える。

 しかしこれが原因で二人が別れれば、プロレス界にとっては目も当てられない有様となる。


(さすがにサムライTVもキャスターを解任するのではないだろうか……)


 普段、芸能人の不倫などどうでもいいわと思っているプロレスファン――

 曙による相原勇との婚約破棄(1997年)も、まぁどうでもいいと思っているプロレスファンも――

 本件ばかりは、どうでもよくないと思っているのではないだろうか?


このエントリーをはてなブックマークに追加

東京03豊本明長、MC降板はなし/鈴川真一について少し

 3月29日放送のスカパー・サムライTV「水曜バトルメン」を見た。

 メインキャスター(MC)を務める東京03・豊本明長さんはいつもどおり無事出演し、冒頭に

「大切な時間を私事で使うのは申し訳ないですが……これからは関係者、ファン、仲間や友人、大切な人を裏切らないよう努めて参ります。本当に申し訳ございません」

 というようなお詫びを述べた。

 それからは「気持ちを切り替えて」と、本当にいつもどおりの司会進行であった。


 どうやら豊本さん、MC降板もなく婚約者のミス・モンゴルに半殺しにされることもなかったようで何よりである。

 ところで豊本さんの“不倫”相手の濱松恵さんは、たった昨日自身のブログで「誌面やネットで書かれている通り事実なので反論のしようがないのですが……」と書いていたのに、今日29日のブログでは

「不倫とか浮気のように言われてますが、最初に出会った時から彼とは色々な話をして、既婚者でもなく、フリーの状態だと理解した上で会っていたので、報道を認めた事を批判されるのはよく意味がわかりません」

「彼が私に話した事をずっと信じていましたし、まだ信じたいとも思っています」


 と書いている。

 まあ確かに、豊本さんが女子プロレスラーのミス・モンゴルと婚約中であることは、プロレスファンの中でこそ常識であるものの、世間の一般人には全く知られていないのだろう。

 もし豊本さんが濱松さんに対し「自分はフリーの独身です」と嘘をついていたというなら、それを信じるのはあり得ないことではない。

(しかし、一般人はいざ知らず芸能人・芸人を恋人にしようというのであれば、その人の名をネット検索しないはずがないと思うが……) 

 
 ところで今回のバトルメンのゲストはIGFの鈴川真一であり、4月5日に旗揚げ戦のあるIGFの新ブランド「NEW」(「ニュー」ではなく「エヌ・イー・ダブリュー」と読む。鈴川がそう力説していた。)の特集であった。

(私はてっきり、頻繁にバトルメンの背景ビジョンにツイッターを投稿してくる鈴木秀樹が「豊本さん何があったんですか?」とかツイートしてくるものだと思っていたのだが、そういうことはなかった。)


 この鈴川真一という選手、プロレス界に何人かいる「不思議なほど低評価なレスラー」の代表格のように思える。

 いや、「不思議なほどアンチの多いレスラー」と言った方がいいだろうか。

 私にとって鈴川真一は、何年か前に「オランダに行ってチョップの練習をする」という謎めいた行動をした点で印象深い。

 しかしそれよりもっと印象深いのは、2011年12月31日の大晦日に「IGF vs DREAM対抗戦」の装いで行われた――

 鈴川真一&澤田敦士(IGF軍)vs 桜庭和志&柴田勝頼(DREAM軍 のタッグマッチである。


 この大会、IGF(プロレスあるいは半プロレス団体)とDREAM(総合格闘技イベント)の共催という非常に特殊な――日本ならではの組み合わせ――大会であり、そのシチュエーションが何とも興趣をそそらせた。

 また、この試合をきっかけに桜庭と柴田が「プロレスに復帰した」点でも、非常に大きなターニングポイントだったと思う。


 そしてまた実際、試合が面白かったのである。(少なくとも私にとっては――)

 “面白い試合は、負けた方を評価すべき(負けた方の力量が高いと見なすべき)”とするプロレス通の公式を当てはめれば、むろんここは鈴川&澤田ペアを評価しなければならない。

 しかし実際には、この試合についてそういう見方をする人は極度に少ないようだ。



 正直私は鈴川には、IGFやNEWのマットだけでなく新日本とか全日本とかのリングにも上がってほしい。

 鈴川がオカダ・カズチカ、諏訪魔、関本大介や岡林裕二らと対峙し、マーダービンタを繰り出すところというのは、これも一種のドリームマッチであると思う。

 NEWのオープニングシリーズ日程を見ると、まるで普通のプロレス団体のように地方の小規模会場でも行われることになっている。(IGF本体の大会場主義とは、明らかに方針が違う。)

 となると鈴川の“普通のプロレス団体”への登場も、まんざらあり得ないわけではないだろう。

 そしてまた、一足先にそういう道を選んで高い評価を得ている元同僚・鈴木秀樹の活躍ぶりに、全く刺激を受けていないわけでもないと思う。

 なお、世志琥のRIZIN参戦が結構現実的になっている昨今、鈴川のRIZIN参戦もまたあり得ないとは言い切れない。

(背中にしょっている「闘魂」のイレズミは、地上波テレビ的にはネックかもしれないが……)



 ともあれ、サムライTVにIGF選手が登場することもIGF系の大会が中継されることも、最近めっきり途絶えていたことである。

 4月5日のNEW旗揚げ戦中継を機に、IGFの大会も放送再開してほしいものだ。

(そして、高橋奈七永のSEAdLINNNGの中継も復活してほしい。)

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロレス界激震…東京03豊本明長&濱松恵の不倫発覚とミス・モンゴル

 いやあ、これはプロレス界を揺るがす一大ニュースである。

 3月28日発売の写真週刊誌「FLASH」の巻頭記事は――

 東京03の豊本明長(41歳)さんが女優・モデルの濱松恵(はままつ めぐみ。1996年のNHK大河ドラマ『秀吉』に子役で出演。34歳)さんと“不倫”しており、両者の送り合った「エロLINE」を掲載したものだという。

 ネットニュースのヘッドラインで「女優・濱松恵が不倫」とかいう見出しを見て「誰それ?」「何だ、また不倫ネタかよ」と思ったプロレスファンも、クリックしてみればアラビックリ、「ゲェーッ!」と言いたくなるような気持ちになったのではないだろうか?

 それほどまでにプロレスファンが驚くのは、むろん豊本さんが(ちょっと重度のプロレスファンなら必ず加入している)スカパーのプロレス/格闘技専門チャンネル・サムライTVの情報番組「水曜バトルメン」のメインキャスター(MC)を務めているからである。

 さらにその上、現役女子プロレスラーのミス・モンゴル――

 本名・上林愛貴(かんばやし あき。40歳)と結婚することが広く知られているからである。



 豊本&ミス・モンゴルの仲は、ほとんどのプロレスファンが知っている。

 それもミス・モンゴルからプロレス興行中にリング上で「私と結婚してください」とプロポーズされたのであり、皮肉でも何でもない純粋な「美談」として知られている。

 それなのに、この暴露である。


 ところで私は、豊本さんとミス・モンゴルはとっくに入籍したものだと(結婚式はまだ挙げてないものだと)思っていたのだが、入籍はまだしていないとのこと。

 よってこの件、厳密には「不倫」ではない。

 しかし両人は都内で同棲中であり婚約は正式にしているというから、やっぱり浮気不倫も同然だろう。

 さらにその不倫相手の濱松恵という人、相当に凄まじい経歴の持ち主である。

 2012年3月には芸人・狩野英孝(新婚6ヶ月目)の不倫相手を務め、

 同年5月には川崎麻世の愛人だったことが発覚し、

 2016年5月にはエグスプロージョン(“本能寺の変”ダンスなどで有名)おばらよしおと愛し合い・妊娠し・中絶を強要されたと報道されている。

(詳しくはウィキペディアを参照。男性遍歴以外も波瀾万丈といった感じである。)


 そして彼女は今回の報道について自分のブログでコメントし、

「誌面やネットで書かれている通り事実なので反論のしようがないのですが、

 ご迷惑をおかけしてしまった関係者の方々には深くお詫び申し上げます。

 元々、恋愛体質という性格もあるのですが、今回のLINE流出は見た方には過激だったかもしれませんが、私の中では普通の会話と思っていました。

 恥ずかしさとかはありませんが、信頼していた友人に裏切られたのが今回の報道で1番ショックでした。

(もう友人とは思っていませんが…)」

 と書いている。


 うーむ、恋愛体質……しかしこれ、言っては悪いが“ヤリマン”というものではないだろうか……

 いやしかし、ヤリマンではないが素直な心で行動すればこうなる人が確かに存在することぐらいは、私にもわかっているつもりである。


 どちらかと言えば真に悪党なのは、この情報をマスコミに流した「信頼していた元友人」の方なのかもしれない。

 
 さて、水曜バトルメンの放送は本日3月29日である。

 サムライTVはどうするのだろう。(何事もなかったように放送する可能性もかなり高いが。)

 そしてむろん、豊本さんと同棲中のミス・モンゴルはどうしているのだろう。どうなっているのだろう。

 “豊本さん、ミス・モンゴルに殺されるぞ”とコメントしたくなるところだが、実際にははなはだしく(シャレにならないほど)傷ついているのではないだろうか。

 しかしこういうことでさえ、「豊本明長制裁マッチ」などと銘打って“リング上で解決”してしまうのが、良くも悪くもプロレス界というものだ。


 確かにそんな風に処理してしまう(処理してしまえる)ことが、一番望ましい解決ではあるのだが……

このエントリーをはてなブックマークに追加

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR