Entries

スーパージュニアはKUSHIDAが優勝(2回目)&棚橋弘至の悪態

 6月3日の新日本・代々木国立競技場第二体育館大会において、KUSHIDAがウィル・オスプレイを破りベスト・オブ・スーパージュニアで2度目の優勝を飾った。

 私も2015年には「Super Jr.はKUSHIDAが優勝――新日本ジュニアの「新しいステージ」とは」という記事を書いているので、同じタイトルで記事を書くのは今回が2度目になるわけだ。

(⇒ 2015年6月7日記事:Super Jr.はKUSHIDAが優勝――新日本ジュニアの「新しいステージ」とは)


 ところで今回のKUSHIDAの優勝は、新日本ファンにとっても意外な結果ではなかったかと思う。

 KUSHIDAはつい先日高橋ヒロムに秒殺負けし、今大会でも開幕2連敗するなど、絶不調のイメージがこびりついていたからである。


 しかし終わってみれば、また“騙されていた”ことに気づく――

 このように騙されるのが「嬉しい」のか「説得力がない」とみなすのか、それは個人個人の個性による。


 とはいえ考えてみれば、KUSHIDAは5月14日(日本時間では15日)、アメリカはフィラデルフィアでROHの世界TV王座を奪取している。しかもあの、今スーパージュニア大会で大人気を博したマーティー・スカルを破ってである。

(ちなみのこの「TV王座」というもの、日本ではまず採用されない王座名である。

 おそらく100人中100人が「テレビ王座?」と何とも言えないおかしみを覚えてしまうからだ。)



 確かにKUSHIDAは今大会でもROHテレビ王座のベルトを着けて入場してきていたが、彼が高橋ヒロムと同じく現役王者として参加しているのだと意識したファンがどれだけいただろうか?

 これは、外国の王座というのが日本ではどの程度の(ファンからの)扱いなのか、如実に示している。

 やっぱり人間、普段見てもない外国の団体のベルトにはあまり印象を受けないのである。

(WWEのベルトなら別として……)


 よってKUSHIDAは、別に絶不調であったわけでもない。

 れっきとした優勝候補の一角と見なされるべきだった。

 しかしそれはそれとして――

 ますます株を上げたというか、さらに地位を確固たるものにしたのは、やはり準優勝者・オスプレイである。

 私としては何となく、オスプレイはかつてのプリンス・デヴィット(現フィン・ベイラー)の後釜に見える。

 そしてその行く末も、デヴィットの後を追うのではないか――WWEからスカウトが来るのではないかと思える。

 「世界のどこか ⇒ 新日本 ⇒ WWE」というのが、もはや確立しつつあるパイプラインのように見えるのである。



 なお6月3日の大会では、負傷欠場中の棚橋弘至がリングに上がって内藤哲也と対峙し――

 一部ファンのブーイングに対して「何て? はっきり言え、この野郎!」と静かながらも悪態をついたのも印象的であった。


 そしてまた、このようなことがあるからこそ、6月11日・大阪城ホール大会での2人の対決に興味が増すというものだ。

 プロレスファンは(全員が全員ではないが)、騙され・煽られるのが基本的には好きである。

 それが自分たちの予想範囲内を超えると、嬉しさは例えようもない。

 “落日のエース”と見なされている棚橋が、人気・支持絶頂の内藤に対し、どんなサプライズを見せてくれるのか――


 対戦カードのマンネリ化という批判をひっくり返すような、ワンダフルな試合を期待したいものである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

IGF=NEWの混乱劇- “子殺し”猪木はいまだ健在

 IGF(イノキ・ゲノム・フェデレーション)が、混乱というか存亡の危機に陥っているようである。

 5月25日、アントニオ猪木(74歳、参議院議員)は新格闘イベント「ISM(イズム)」の開催を発表。

(7月24日に後楽園ホールで開催。この会見には藤原喜明、西村修、木戸修、鈴木みのるも出席した。)

 その場で猪木はIGFについて、「会社の整理という形で考えていて」と発言した。

 これを受けて6月2日のNEW(エヌ・イー・ダブリュー。IGFの新ブランド名)後楽園ホール大会では、大会冒頭でIGF取締役のサイモン猪木がマイクを持ち、

「猪木さんが言ったことで、みんなビックリしているのが正直なところです」

 と挨拶。

 そして会場入口ではサイモン猪木自ら先頭に立ち、存続を願うファンの署名活動を始めたそうだ。

 なお、NEWは旗揚げ第2シリーズに入っているが、そのサブタイトルも「整理されるのか、続行できるのか」に急遽変更した。


 ……さて、サイモン猪木とはアントニオ猪木の娘婿である。

 シリーズのサブタイトルを「整理されるのか、続行できるのか」に変えたというが、そういう変更はむしろ「客寄せの話題造りじゃないか」と疑われても仕方ない。

 プロレスファンはまたも、「これは本当の出来事なのか、それとも演出なのか」という難しい解釈を押しつけられているのだろうか?

 なお猪木は、6月2日大会の4時間前に自分の公式ツイッターで呟き、


「今のIGFには理念が無い。

 カネが絡むと、どうして人間はこうなってしまうのか。

 IGFからは、とっくに手をひいている。

 俺の名前を勝手に語るな。NEWは勝手にやればいい」



と、完全決別宣言としか言いようのない台詞を吐いている。

 それにしてもこの台詞、古くからのプロレスファンには懐かしくもお馴染みのものである。

 カネ云々はともかくとして、猪木はかつて新日本プロレスに対してもこういうことを言っていた。

 「団体を作っては壊す」というのは猪木のお家芸であり、まさに「破壊なくして創造なし」というZERO-1のスローガンを現実に地で行っている。

 さすが“子殺し”の猪木である。(『子殺し』はGK金沢克彦氏の代表作だが、何と素敵なタイトルだろうか。)


 最近発行されたプロレス史の本では、IGFのことを「猪木最後の団体」と表記する例もよくあったが――

 なんと74歳にして、なお猪木は団体を壊し・旗揚げしようとしているのだ。

 こんなことはプロレス誌の編集部やプロレスジャーナリストにも予測できなかったろう。

 そしてコアな猪木ファンは、「これでこそ猪木!」と却って意を強くしたのではないかと思う。

 
 また、この6月2日の試合、メインイベントもメチャクチャだったようである。

 「村上会 vs IGF」と銘打たれたタッグマッチは「村上和成 & 佐藤耕平(ZERO-1)vs 鈴川真一 & 奥田啓介」だったのだが……

●先制攻撃を仕掛けた奥田が逆にボコボコにされ、

●鈴川は一度も試合の権利を受けず(奥田のタッチを受けられず)に試合敗北、

●マイクで吠える鈴川に青木真也(もうすっかりプロレスラーである)が「おまえがショッパイからこんなことになってんだよ」と言い、

●さらに藤原喜明が鈴川を平手打ちし、村上と握手してから手紙を渡し、

●それは何かと訊いた佐藤に村上は「天からの手紙だよ。今度紹介してやる」と答える

 という、またしても劇なのかどうなのかわからないような展開だったらしい。



 しかしまあ、思い出すのは、2010年3月20日のNOAH後楽園ホール大会メインイベント――

 「村上和成(当時はビッグ村上) & 臼田勝美 vs 力皇猛 & モハメド・ヨネ」
である。

 あのときの村上は場外乱闘でヨネをひたすらボコボコ、結局無効試合になって「観客が暴動寸前」になったとまで報道された。
 
 つくづく村上は、「試合を壊す」男である。

 いや、そういう役回りのためによく起用される男である。

 大会場主義のIGFから分離して“普通のプロレス団体”として地方巡業も始めたばかりのNEWだが――

 良くも悪くも注目を集めているのは確かなので、せめてプロレス界のワイルドジョーカーとしての地位は確立してほしいものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

諏訪魔、電流爆破を受諾-「電流爆破はレスラーのたしなみ」?

 5月29日付の東スポweb記事によると、ついに全日本の諏訪魔が大仁田厚との電流爆破戦に打って出るようである。

(⇒ 東スポweb5月29日記事:【全日本】諏訪魔ついに電流爆破マッチ参戦決意)

 以前このことについて記事を書いたことがあるが、私にしては珍しく予想が当たった。

(⇒ 2017年2月20日記事:諏訪魔は電流爆破をやるだろう論-難題に挑む全日本の象徴)


 しかしこれは、予想が当たったと誇るような話ではない。

 プロレスファンのほとんど全員が、「ああ、これは諏訪魔は電流爆破をやるな」と思っていただろうからである。

 それにしても引退試合を10月31日(後楽園ホール)に控えた大仁田は、電流爆破戦を各地でやりまくっている。

 あまりに回数が多いものだから一覧表を作る気にもならず――

 それ以上に、「電流爆破って、本当は大したダメージはないんじゃないか」と誤解されてしまうんじゃないかと心配になってくるほどである。

 なんだか電流爆破って、新日本所属を除くインディーレスラーにとっての「たしなみ」の一つになったかのように感じるのは、決して私だけではないはずだ。

 何でも大仁田はこの8月にアメリカで、電流爆破マッチによるボブ・サップとの再戦を企画しているとのこと。

(5月12日のZERO-1名古屋大会で電流爆破バット式タッグマッチで対戦したが、サップは一度も被弾しなかった。

 なおこのタッグマッチ、「大仁田厚&将軍岡本&アジャ・コング vs ボブ・サップ&TARU&ジャガー横田」という組み合わせである。

 何という組み合わせだろう……)


 果たしてアメリカでの電流爆破マッチ、PPV7(ペイ・パー・ビュー)にしたらどのくらい売上げがあるものか、なかなか興味深いところだ。

 そして諏訪魔だが、やっぱり大仁田との電流爆破戦が「名勝負」になったり「強烈なインパクトを残す」ことになったりするのは、非常に難しいと思わざるを得ない。

 もはや時代は大仁田(のFMW)が川崎球場で大会を開催できた時代ではなく――

 その反面、オカダ・カズチカや棚橋弘至が出るのでなければ電流爆破は“日常茶飯事”のことになってしまった。

 あのクラッシュギャルズの長与千種が電流爆破のベテランになり、それが見慣れた光景になっているのだから、もはや諏訪魔もその中のワン・オブ・ゼムとしか感じられないのは、もはや自然現象である。

 しかしそれでもやっぱり(たぶんサムライTVで)放送があれば必ず見るのが、プロレスファンの宿命であるのだが……


このエントリーをはてなブックマークに追加

リコシェvsオスプレイ再戦 なぜ「曲芸・サーカス」はバカにしてよいとされるのか?

 サムライTV生中継(の録画)で、新日本プロレス5.18後楽園ホール大会(ベスト・オブ・スーパージュニア2日目)を見た。

 もちろん今回の目玉試合は、メインイベントの「リコシェvsウィル・オスプレイ」のシングルマッチ再戦である。

 1年前の両者初対決は、世界のプロレス界に衝撃を与え議論を呼んだ、と呼称される名勝負ないし問題試合であった。

(⇒ 2016年5月27日記事:リコシェvsオスプレイ(新日本2016.5.27) 超次元殺法と曲芸と)


 こういう試合(及び選手)が嫌いで口の悪い人にとってみれば、今回2度目のシングルマッチも「飛び跳ねサーカスプロレス再び」とシニカルに捉えていたかもしれない。

 さてその試合内容はと言えばまたまた超絶的であったが、さすがにインパクトの点では初回を超えることは無理である。

 しかしもし今回の試合が初回であったなら、やはり現実の初回と同じように世界に衝撃を与えたのではないかと思う。

 やはり何事につけても、初回(第一作)のインパクトを超えることは非常に難しいのだ。

(そう考えると「三沢vs小橋」戦や、ドラクエなどのシリーズものゲームなどというのは大したものである。)



 ところで「曲芸」及び「サーカス」というのは、プロレスファンがハイフライヤーの選手・試合を批判するときに決まって使われる言葉である。

 そこには戦いというものがない/感じられないとの含意を込めて使われる。

 いや、批判というよりは、“見下すときに使う”とした方が良いかもしれない。

 これはまさに「プロレス」という言葉が、世間からしばしば“ある対象を批判するとき・揶揄するとき・見下すとき”に使われるのと非常によく似ている――

 と、あなたは思われないだろうか?

(特に政治家がプロレスという言葉をそういう意味で使ったとき、ちょくちょくニュースになっているのは周知のとおり。)


 「プロレス」という言葉をそういう意味で使われれば、プロレスファンは怒るだろう。

 怒るまでは至らなくても、気分を害したり反発を覚えたりはするだろう。

 ところがそのプロレスファンの中には、「曲芸」や「サーカス」という言葉をそういう意味で使う人も多いのである。

 おそらくその人たちも、いや自分は決してプロレスや曲芸・サーカス(という職業・ジャンル)をバカにしているのではない、ただ「こういう(真剣な)局面にそんな別種のものを持ち込むのはそぐわない」ことを言いたいのだ、とか反論・弁解するのだろう。 

 しかしそれはただ差別者と思われたくないからであって、心の中では“見下している”に違いないのはわかりきっている。


 ところがここが難しいところと言うか、人間心理の複雑なヒダ模様を表しているところは――

 プロレスラーの中にも、「曲芸みたいなプロレスは大嫌い」と公言するレスラーがけっこういることである。

 また、曲芸プロレスを否定するファンにしても、では「面白試合」を全否定するかと言えばそうでもないことである。



 私はこのことについて、つまるところ「プロレスは興業である」という点に全てが帰着するのではないかと思う。

 ゴツゴツした「戦いを感じさせる」試合がメインイベントに来ることが多いのは確かにしても、やはりそればっかりでは観客も飽きるのだ。

 また地方興行でもそんな試合ばかりなら、とてもお爺ちゃんお婆ちゃんが孫を連れて観戦に来るようなこともないだろう。

 あえて言えばプロレスは戦いである前に興業であって、客が来なければどんな“真剣ギリギリな”戦いも意味がない。


 そもそも本物の果たし合いに飛び技なんて出る幕はなく――

(飛び技が「実戦」に有効だと主張する人はほとんどいないだろう。また、飛び技は「レスリング」とは何の関係もない代物である。)

 飛び技使い(ハイフライヤー)が所属する団体、全試合中に一度でも飛び技が出る団体は、それだけで曲芸・サーカスの世界に足を踏み入れているはずだ。

 しかしむろん、曲芸プロレスが嫌いなレスラーがいる団体であってさえ、飛び技が一度も出ないプロレス団体などほとんどない。(一つもないのではないだろうか?)


 ハイフライヤーも飛び技も、一言で言ってしまえば“客寄せ”である。

 しかし“客寄せ”こそはプロレス団体はじめ、世のあらゆる団体の生命線である。


 今回の試合後、勝者のオスプレイはリング上のマイクで熱く思いを語った。

 それは実は、「曲芸・サーカス系プロレスラーこそが、ゴツゴツガシガシのファイトスタイルのレスラーよりプロレスラー魂を持っている」のだという、誇りの表明としても感じることができるだろう。

宝城カイリ退団、WWE移籍へ-リングネームとキャラ設定は変更か?

 ゴールデンウィーク後半、2泊3日で愛媛旅行へ行ってきた。

 この間ネットは(グーグルの地図情報以外)全く見なかったのだが、帰ってきてみれば宝城カイリがスターダム退団を発表していた。

(5月6日・スターダム新木場1stリングにおいて本人が発表)

 宝城カイリと紫雷イオについては、ここ1年くらいWWEからのオファーがありスターダムを退団するのではないかと報じられていたので、このこと自体は「ああ、やはり」と多くのプロレスファンが思っただろう。

 5月4日(木)放送のサムライTV「女子プロレスのお仕事」ではちょうどカイリがMCを務め、カルロス・チョビート・モラシータ(須山浩嗣 氏)からの「ぶっちゃけ噂があるんだけど、また来てくれる?」との問いかけに「もちろんじゃないですか~!」と答えていた。

 しかし周知のとおり、WWEに行く選手というのは「WWEに行くんですか?」と聞かれれば「何のことだ?」とか答えるのが通例である。


 とはいえ大方の人は、どちらかと言えばイオの方がWWEに行くだろう、二人とも行くとしてもイオの方が先に行くだろうと思っていたと思う。

 さてこうなると、イオもやはり(ほどなくして)WWEに行くのではないかと思わざるを得ない。

 今回のカイリ退団についてロッシ-小川社長は「スターダムの選手が世界へ飛び出すことは、スターダムの選手が世界で認められているということ。活躍してほしい」とコメントしているが、カイリのみならずイオまでも退団となれば、団体としてのスターダムには激しく黄信号が点滅するとしか思えない。

(そうなったらそうなったで、何とかなることが多いのもプロレス団体のしぶとさではあるが。)


 ところで宝城カイリとは、先にWWE入りし1年以上も無敗でNXT女子王者に君臨しているASUKA(華名)とは全く違うタイプである。

 ASUKAは何となく日本にいるときからアメリカンプロレスに適合するタイプに見えたのだが――

 宝城カイリはいかにも日本的な「ど根性レスラー」に属する部類であり、WWEが欲しがっているというのが不思議に思えるくらい違和感がある。

(言ってみれば、越中詩郎をWWEが欲しがっているようなものだろうか。)


 なるほどカイリのダイビングエルボーのフォームの美しさは天下一品ではあるが、それだけでWWEが引き抜きたがっていたわけではあるまい。

 これは個人的な(何の根拠もない)予想ではあるが、カイリの場合は


●フィニッシュホールドがダイビングエルボーであることに変更はない。

●しかしリングネームとキャラ設定は変更される。



 のではないだろうか?

 そしてどんなキャラになるかと言えば、案外「妖女・悪女系」も似合うのではないかと思う。

 今の日本での「元気娘・面白マイク系」かつ「やられまくって耐えに耐えて勝つ」タイプは、あんまり欧米圏ではウケないように思えるのである。

 今度出る宝城カイリの新写真集では(本人曰く)「頑張って、大人の自分を見せてみた」らしいが、そのことさえもこのキャラチェンジを暗示しているように妄想する。

 しかしそれにしても、もはや「日本で頑張ればWWEに“昇格”できる」というのは、プロレスファンとレスラー自身の共通認識のようなものだろう。

 そして前々から「WWEに行きたい」と公言していたREINA女子プロレスの真琴の心中は、いかばかりのものなのだろうか……

このエントリーをはてなブックマークに追加

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR