Entries

入江茂弘はDDT「美少女化」路線には反対しないのか?

 6月24日のDDT後楽園ホール大会(What are you doing 2018)のメインイベントでは、入江茂弘が樋口和貞を破ってKO-D王座を防衛した。

 さて、入江茂弘と言えば「体制批判」である。

 試合後のリング上では、エクストリーム級王座を防衛したHARASHIMAが次の挑戦者に名乗りを上げた。

 しかし、KO-Dとエクストリームのダブルタイトル戦にすることは拒否し、観客と入江がブーイングを上げる。

 そして入江は、バックステージでのコメントも合わせると――


「いつでもどこでも挑戦権」がなくたって(HARASHIMAとその他のレスラーも)挑戦してきたっていいじゃないか、

 それがプロレスラーだろ、

 DDTは窮屈にルールに縛られるようになってるんじゃないか、

 そんなにSNSが大事なのか、

 同じ時間に同じ告知を更新して、みんな同じだったら意味ないじゃないか、

 特にプロデューサーの男色ディーノ(男色P)、オマエは何もわかってない、オマエがプロデューサーになって何が変わった、気に入らないから潰す


  
 と、団体批判・体制批判を繰り広げた。

(⇒ 東スポweb 2018年6月25日記事:【DDT】KO-D王座V2の入江茂弘が団体批判「今のDDTは窮屈」)

(⇒ DDT公式サイト 試合結果)

 これに会場からは歓声と拍手が上がったのだが……

 会場のプロレスファンというのは、レスラーがリング上で何を言おうととりあえず拍手するという習性が多分にあるので、何も大勢が入江を支持して大勢が男色Pに反対しているというわけでもないだろう。 

 いつでもどこでも挑戦権について、それがあまりにも数が多くなりすぎてインフレ(価値下落)を起こしている、という意味なら、私も入江に賛成である。

 ああいうのはやはり、1つ・1名に限るからこそ面白いのではないか。

 しかし反面、そんな挑戦権さえなくたって挑戦してきていいというなら、それはそれで全員がいつどこ挑戦権を持っているのと同じことである。

 そして入江にしても、本当に誰でもKO-D王座に挑戦してきていいというわけでもないはずだ。

 たとえばヨシヒコが挑戦してくれば、今の入江の立場からすれば困ったことになるはずである。



 それにしても、リング上でそんな体制批判をする入江の目の前で、こともあろうにHARASHIMAは――

 次のエクストリーム級王座戦の相手にアントーニオ本多を指名し、試合形式は「目隠し乳隠しデスマッチ」(ブラジャー剥ぎマッチ。2013年11月17日の再戦である)にする、と宣言した。

 これについては入江は何も言わなかったのだが、これこそ批判しなくてよかったのかと思わないでもない。
 
 入江は確かに「コメディは否定しないし、嫌いでもない」と言っているが――

 しかし、今の当人のコミカルさを削ぎ落としたファイトスタイルや言動からは、明らかにコメディを入れる余地はないように思われる。

 それでもコメディは否定しないというのなら、じゃあ入江の目指すDDTというのはどんなものなのか、というのが見えてこない/届いてこないのも当然だろう。



 入江はこのたび、男色ディーノを否定した。

 ではヨシヒコ(セックスドール)はどうなのか、

 アントーニオ本多はどうか、「ごんぎつね」なんて唾棄すべきものだと思っているのか、

 DDT前半定番の面白試合についてはどう考えるのか。

 やっぱりそれらも「否定しないし、嫌いでもない」とすれば、本当に入江の目指すDDT像とは何なのか……



 そしてもう一つかねがね思っていたのは、今の入江(に限った話ではないが――)はDDTの「美少女化計画」についてどう思っているのだろう、ということだ。

(⇒ DDT美少女化計画)



 もしDDTのレスラーが、DDTのやっていることに対して「ついていけない」「やってられない」と感じることがあるとすれば、これこそがその筆頭だろうと思う。

(レスラーに限らず、ファンもである。)

 坂口征夫とか、自身が美少女化されることについてどう思っているのか、ちょっとインタビューを聞きたいものだ。

(もっとも東京女子プロレスには「ユキオ・サンローラン」としてたまに参戦することがあるので、そんなにたいして思うことはないかもしれない。)


 入江茂弘もまた美少女化されている一人だが、今の入江はああいうことに対してどう思っているのだろう。

 むろん、もし入江がリング上で「何が美少女化だ、やってられるか!」なんて叫ぼうものなら、今度こそ歓声や拍手が起こるのではなく、会場が静まりかえるような予感はする。

 それはまさに「事件」である。

 そしてこれこそが、真の体制批判である。 


 しかし入江は、たぶんこんなことまでは言わない。

 しかしなぜ言わないかと言えば、それは「本物の体制批判になるから/事件になってしまうから」という理由なのであれば、もう何をか言わんやである。


 
 入江の体制批判は本物なのか、それともよくあるちょっとしたアングルなのか――

 これはどうも、本人が思っているよりも深刻な意味を孕んでいると思うのだが…… 

このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木みのるvsオカダ「雨中の決闘」はドロー…50歳のプロレス海賊の今後の航路

 6月23日、鈴木みのるのプロデュースする「大海賊祭」が、横浜市赤レンガ倉庫イベント広場で行われた。

 自身の30周年記念試合でオカダ・カズチカと戦い、しかも無料ということで注目されたこのイベント(試合)だったが――

 あいにくこの日の横浜市は大雨、いや豪雨という天気になってしまった。

 イベント主催者としては悪夢のような話だが、しかし察するにレスラーとしての鈴木みのるは、心中嬉しい昂ぶりを感じていたのではなかろうか。


 
 こんな豪雨の中で試合するというのは、いかに「××特設リング」という野外リングで試合することの多い団体の選手と言えども、それほどあることではないと思う。

 そしてこの「雨、しかも豪雨の中での試合」というのは――

 いかにも人の心に「決闘」という言葉を思い浮かばせ、

 非常に絵になる、

 伝説的試合になるかもしれない、

 などという予兆を感じさせるではないか。



 この「豪雨の中での決闘」と言えば思い出すのが、あの映画「マトリックス」3部作の最後での、ネオとエージェント・スミスの戦闘シーンである。

(あるいは、座頭市なんかを思い出す人もいるかもしれない。)



 はなはだ残念ながら私はこの試合を見に行けなかったし、テレビ放送もされることがない。

 なので試合内容については一言も語ることができず、いずれどこかが(サムライTVやabemaTVなどが)放送してくれるのを期待するしかない。

 しかし、数枚の報道写真を見る限り、やっぱり名勝負の雰囲気が――絵になる雰囲気がビンビンと伝わってくるのである。

 
 それにしても鈴木みのる、50歳になってまだこれほど大イベントを仕掛けたりするなど、その意欲は衰えを知らないかのようだ。

 さすが新日本プロレスの新人時代、社長たるアントニオ猪木に向かって「こい、クソジジイ!」なんて叫んだ男である。

 稚気愛すべしとは言うが、「大人の稚気」というのは確かに魅力的なものである。


 世界最初の総合格闘技団体(ということになっている)パンクラスを船木誠勝とともに設立した若武者が――今で言えば那須川天心と浅倉カンナが団体を旗揚げしたようなものか。いや、当時のみのると船木は天心のような全勝強者では全然なかったのだから、さらにチャレンジングなことだ――、それから25年経ってプロレス界のトップ戦線にいるなんて、当時のよほどのみのるファンでもきっと想像もしなかったろう。

 50歳と言えば、スポーツ界では完全なる老境である。というか、とっくに引退している。

 プロレス界では確かにそれとは事情が違うが、しかしこれほど稚気を持ち続ける「老海賊」も他にはいない。


 試合後のみのるは、今はケニー・オメガの保持するIWGPヘビー級王座にロックオンしたと宣言したそうである。

 今になってのみのるのIWGP戴冠があるかどうかは定かではないが――

 この老海賊なら、それくらいの航海はやるだろうし、また、やってほしいと思わせられるではないか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ビッグバン・ベイダー死去-たけしプロレス軍団から史上最強外国人レスラーへ

 6月18日、ビッグバン・ベイダー(本名レオン・ホワイト)が肺炎で死去した。享年63歳。

 若すぎる死と言うべきだが、プロレスファンなら既に2016年の時点で彼が「余命2年」を宣告されていたことを知っている。

 また、2017年4月20日の藤波辰爾デビュー45周年記念大会(後楽園ホール)では、試合後にベイダーが昏倒し3分間も仰向けで動かなくなったことも知っている。

 それから確かに約2年、ベイダーは生涯を閉じた。

(⇒ スポーツ報知 2018年6月21日記事:ビッグバン・ベイダーさん死去…1年前、50センチの至近距離で見た瀕死の数分間)


 ベイダーの日本初登場が、ビートたけしを首領とするあの「たけしプロレス軍団(TPG)」だったこと、

 「猪木vs長州」の目玉メインイベントが突然に変更され、しかも猪木がベイダーに瞬殺されたことを受け、両国国技館で暴動が起こったこと、

 そして「あの」猪木を襲った殺人ジャーマンスープレックスのこと――

 それらはあまりにも有名なので、ここでは略してしまってもいいだろう。


 しかしそんな「悪い意味での衝撃デビュー」をしてしまったベイダーは、新日本プロレスのIWGPヘビー級王座、全日本プロレスの三冠ヘビー級王座の2つとも獲得した、日本プロレス史上唯一の外国人レスラーとなった。

 スタン・ハンセンもそうなんじゃないかとつい思ってしまうが、そうじゃないのである。


 また彼は、「こんなのと対峙して誰が勝てるんだ」と思わせるレスラーの中でも最高峰の者だったと思う。

 これは、かのヒクソン・グレイシーも到達できなかった境地とも言わば言える。


 さらに彼は、それが自分の発案だったかは別として、超一流のパフォーマーでもあった。  

 あのSF映画に出てくるような「甲冑」、リング中央に脱いで置いてシューッと煙が出るというあの甲冑パフォーマンスは、どれだけのプロレス少年(心はプロレス少年の中年も)の心をときめかせてきたことだろうか。


 それはまぎれもなくマンガの世界のはずなのだが、しかし――

 あれほどの巨体で行うムーンサルトプレスなんて見せられては、マンガはマンガでも超シリアスなマンガを読んでいる気にもなろうものだ。


 2000年代のベイダーはホテルで自傷事件を起こすなど心身不安定で、NOAHの三沢光晴に二度と呼ばれなくなってしまうなど、確かに問題児の面があったようだ。

 しかしやっぱり、あの「強さ」はプロレス史の中にはっきりと残る。

 もう我々は、「ガンバッテー!」と叫びながら行う、コーナーポストでのベイダーハンマーを見ることはできない。

 甲冑から吹き出すスモークも、もう見れないかもしれない。

(ベイダー級のレスラーでなければ、あんなことのマネはとてもできない。)


 それでも「ビッグバン・ベイダー」というただでさえ忘れがたい名前は、最強の外国人レスラーとしてこれからも記憶されるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

里村明衣子がWWE参戦!? グーグル化するWWEの野望

 これは、驚天動地のニュースである。

 これに比べれば、先日の史上初の米朝首脳会談なんて屁のようなものだ。


 日本「女子プロレス界の横綱」、紫雷イオと並ぶ女子プロ界トップ中のトップである里村明衣子が、8月に開催されるWWEのメイ・ヤング・トーナメント(女子トーナメント)に出場する予定だと、東スポが伝えた。

(⇒ 東スポweb 2018年6月14日記事:仙女・里村もWWE参戦 8月開催「MYC」出撃濃厚)


 紫雷イオがスターダムを退団し、いよいよWWEに行くとわかって間髪入れずのこのニュース、プロレスファンのほぼ全員の心に激震が走ったに違いない。

 プロレス界の動き・流れというものは、驚くほど早い――

 それはわかっていても、今度ばかりは恐るべき急転回の超スピードに感じられる。


 なるほど里村がWWEのリングに上がるという情景は、多くのファンが空想もし、願いもしただろう。

 しかしやっぱり、ただの一選手ではなくセンダイガールズプロレスリングという団体の長(しかも正式な社長)ともあろうものが――

 たとえイオや他の誰かがWWEへ行くことはあっても、里村だけは上がらない、とみんな思っていたのではないだろうか。

 しかし昔からさんざん言われているが、やっぱりプロレス界に「絶対」の二文字はないようだ。



 それにしても昨今のこのWWEの日本人、特に日本人女子レスラーの参戦方針は、いったいどういうことなのだろう。

 そんなにもWWEファンひいては世界のプロレスファンにとって、日本人女子レスラーの需要は高いものなのだろうか。

 思うにWWEは、かのグーグル社が「世界中の情報を自社でまとめる(検索範囲に入れる)」ことを目標にしているように、

「世界中のトップとされるレスラーを自社に揃えたい(引き抜きたい)」という野望を持っているように見える。


 そういう流れができさえすれば――現に世界三大プロレス大国の一つである日本ではそうなっているが――、世界中のどのレスラーもファンも、WWEに上がるレスラーこそ頂点であり、WWEこそ世界プロレス界の頂点だと認めさせられることになる。

 WWEは、プロレス界のグーグルなのである。

 
 さすがに里村が、センダイガールズの社長を辞めてWWEに完全移籍することは考えにくい。

(しかし、プロレス界に絶対はない……)

 だが万一そんなことになれば、日本の女子プロレス界は本当にWWEのファーム団体・下部団体みたいなものだ。

 それもWWEにとっては育成の費用と時間をかけなくてよい、非常に好都合・高品質のファームである。

 これはもう、どう日本のプロレスメディアが言い繕っても、「日本プロレス界はWWEの草刈り場」ということになると思うのだが――

 これが21世紀のプロレスというものなのだろうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

新日本6.9DOMINION短感-「新日本インターナショナル」旗揚げ記念日?

 新日本プロレス6月9日大阪城ホール大会を、スカパーテレ朝チャンネル2の生中継で見た。

 NEVER王座戦はマイケル・エルガンが後藤洋央紀を破り戴冠、

 IWGPタッグ王座戦はヤングバックスがSANADA&EVILを破り戴冠、

 IWGPインターコンチネンタル王座戦はクリス・ジェリコが内藤哲也を破り戴冠、

 IWGPヘビー級王座戦はケニー・オメガがオカダ・カズチカとの60分3本勝負(トータル64分50秒)を制し戴冠――

 と、全く外国人づくしの結果であった。

 日本人が王座であるのは、高橋ヒロムがウィル・オスプレイから奪取したIWGPジュニアヘビー級王座と、ジュニアヘビー級タッグ王座のみである。

 冒頭の新社長メイ氏の挨拶も含めれば、徹頭徹尾「外国人の日」であった。


 この結果を見て「新日本の海外戦略・海外対応」という言葉を思い浮かべなかった人は、非常に少ないはずだ。 

 まるで今大会は、「新日本インターナショナル」という団体が旗揚げした日であるかのようにさえ見える。



 さて、試合について簡単に言うと――

 まず内藤哲也だが、クリス・ジェリコにほとんど完敗と言っていいほどの有様だった。

 しかし内藤本人もたびたび言っているが、もう内藤はベルトや勝敗とは無関係に「主要人物」なのである。

 本当はこういう人こそ、団体の宝と言うべきなのだろう。


 そして注目の「60分3本勝負」だが、解説の言葉で気づいたが、オカダはもう2年間もチャンピオンのままだったのだ。

 ケニー・オメガの人気が高いこともあるが、それはまぁ観客もそろそろオカダが負けることを願っていたかもしれないし、ケニー勝利の結果に対し祝福ムードだったのも自然の成り行きといったところだろうか。

 
 思うに、ケニー・オメガのIWGPヘビー級戴冠は、新日本にとって確かに最良の選択(結果)である。

 なぜならケニーは日本のプロレス界の中で、最も「論理的な、哲学的とさえ言える言葉を持った」レスラーだからだ。

 皆さんは、バックステージでの彼の言葉を聞いただろうか。

 あんな風に論理的・哲学的に語れるレスラーって、日本人選手に(いや、他の外国人選手もだが)何人いるだろうか。


 もちろん、「英語で喋って通訳を入れる」ことで、日本人にとって「何だか大層なことを語っている」と思われるというアドバンテージはあるにしても――

 あんまりにもコメント力に差があるのである。

 これは何だか実際のビジネス世界で、日本人の言葉力が外国人のそれに太刀打ちできてない(らしいではないか……)ことをストレートに反映しているように見える。 


 それはもう海外戦略を考えるなら、誰よりもケニー・オメガをトップにつかせたい(ついてほしい)と願うのは当然である。

 はたして「新日本インターナショナル」が今後どんな攻め方を見せるのか、どんな成り行きになるのか、注目したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR