FC2ブログ

Entries

米議会襲撃事件の象徴「ペイントレスラー」-一般社会へのプロレスの影響

 1月6日、アメリカの連邦議会議事堂にトランプ大統領支持者ら群衆が襲撃をかけ、死者5人を出す惨事となった。

 その襲撃者たちのうち最もインパクトのある姿の男性は、一躍世界のニュース写真界を席巻した。

 あなたもニュースを見ていれば必ず見ただろう、あの

「上半身裸」

「顔には星条旗柄のペイント」

「牛のようなツノが左右に伸びた毛皮の帽子」

 という出で立ちの、33歳ユーチューバーである。


(⇒ ヤフーニュース 2021年1月12日記事:SNSの「どや顔」が命取りに 米議会襲撃事件 トランプ氏に洗脳された支持者たちの悲劇)


 あれを見たプロレスファンの100%が、こう思ったはずである。

 これはペイントレスラーである、と。


 中には、本物のプロレスラーが暴動に参加していたのかと早とちりした人もいたのではなかろうか。

 
 彼の扮装は、断じて北斗の拳に影響を受けたのではないだろう。

 私はこれ、確かに何の確証もないが、やっぱりペイントレスラーから影響を受けた(インスパイアされた)んじゃないかと思うのである。

 この人をプロレス会場で見かけたとしたら、誰がプロレスラーであることを疑うだろうか。

 彼がそのことを意識しなかったなんて、信じられる話だろうか。

 

 私はアメリカに住んだこともないので、WWEを中心とするプロレスがどれだけアメリカの一般家庭に浸透しているのか、どれだけの影響力を持っているのか実感として知らない。

 しかし、プロレスに全然興味ない一般の日本人でさえ、

 あの出で立ちを見て「まるでプロレスラーだ」と直感しなかった人の方が少ないはずだ。

(たぶんその人の頭の中には、ロードウォリアーズの面影でも映っていただろう。

 彼ら2人もまた、日本でのプロレスラーというもののイメージ形成に大きな役割を果たしている。)


 だからアメリカでは日本よりずっと、「こりゃプロレスラーだwww」などとネットが盛り上がったのではなかろうか。

 プロレス(の影響)は、こんな場違いなところにまでひょっこり顔を見せるから「面白い」……

 と言っては不謹慎になるだろうが、しかし本当にプロレスって、思いも寄らぬところで出てくるのである。

 この、アメリカよりずっと一般社会がプロレスから縁遠いはずの日本でさえ、

 「タッグ」という言葉は、何の説明もなく至る所で使われている言葉になっているくらいだから……


このエントリーをはてなブックマークに追加

飯伏幸太「神宣言」は遅すぎた?-新日本2021東京ドーム短感

 プロレス界の2021年最初にして最大のビッグマッチ、

 新日本プロレス1.4&1.5東京ドーム大会を、テレ朝チャンネル2で見た。

 まず1.4の観客数は12,600人超で、当然ながら近年の最低を記録した。

 しかし余人はいざ知らず、私はこんなコロナ第三波の猛威のときに10,000人も入るとは思っていなかったので、まずこれが驚きだ。

 しかも画面を見る限り、「よく入っている」ように見えるのである。

 客の数が多く見えたら逆に心配になる、というのは珍現象というか、これが興行のニューノーマルだろうか。

 それとも、プロレスファンの底力恐るべし、といったところだろうか……


 それはともかくこの2連戦のキモと言えば、むろん(ついに)飯伏幸太が――

 1.4には王者の内藤哲也を破り、1.5には予約済挑戦者のジェイ・ホワイトを連破し、

 IWGPヘビー級&IWGPインターコンチの2冠王者に、つまり新日本の頂点に立ったことだろう。


 ちょっと横道にそれると、最近のIWGPヘビー級はインターコンチとセットであるのが普通の光景になっている。

 まるでこれは、かつて物理的に3本のベルトがあってそれがセットで扱われていた、全日本の三冠ベルトの新日本版――

 全日本の三冠戦に対する「新日本の二冠戦」のような様相を呈している。

 いずれこの2本、今の全日本のように本当に統一されて1本のベルトになってもおかしくはない。

(しかし、そうはならないだろう。それじゃ全日本の二番煎じになるし、三冠に比べれば1本少ないぶん格が下がると見なされてしまうからである。)


 さて、話を元に戻すと――

 皆さんは飯伏幸太のこの戴冠について、どう思われただろうか。

 飯伏幸太はかつて棚橋弘至を「神」と呼び、それを越えるため新必殺技「カミゴェ」を開発し、

 最近は自分自身が「神になる」と言い出し、とうとうこの1.5のジェイ・ホワイトから勝利後には、「神になった!」とマイクで叫んだ。

 令和のこの時代、天皇の人間宣言ならぬプロレスラーの現人神宣言である。

 私の率直な感想を言うと、この神宣言すなわち飯伏の新日本の頂点到達は、いささか遅すぎたのではあるまいか。


 飯伏幸太はもう、38歳である。内藤哲也と同い年である。

 あんな若々しい顔立ちだから意外にさえ思うが、それが真実だ。

 それを思うと、40歳まであと2年未満しかないのにやっと新日本の頂点に上ったというのは――

 オカダ・カズチカと比べるのはもちろん筋違いにしても、あまりに勿体なくはないだろうか。


 
 飯伏幸太が新日本に初めて所属したのは、2013年10月である。(従来のDDTと新規の新日本の、史上初のダブル所属)

 それが体調不良などで2016年2月にいったん新日本を退団し、以後は「飯伏プロレス研究所」として活動。

 2018年4月には新日本のIWGPインターコンチ王座を、12月には新日本のNEVER王座を獲得し、

 その後の2019年4月に新日本に再入団したことが明かされた。


 正直私は、飯伏が最初に新日本に所属したとき、その2~3年後くらいにはIWGPヘビー級王座に就くんだろうなと思っていた。

 しかしどうしてどうして、それが現実になったのは彼が38歳の2021年初頭であった。

 男子プロレスラーとして最も充実した時期とされる30代前半に、飯伏がIWGPヘビー級王座に就かなかった・就けなかったというのは、現代プロレス史のちょっとした「IF」になるのではないかと思われる。

 もし飯伏がもう3~4年でも早くIWGPヘビー級王者となっていたら、プロレス史はどうなっていたかというIFである。


(そして、もし飯伏がWWEに行っていたら、というIFもある。)


 この「なぜ飯伏幸太ほどの選手が、EVILよりも遅れて新日本の頂点に立つことになったのか」問題について、私には答えがない。

 もしかすると、よく伝えられる飯伏の「実務離れした性格・行動」が要因なのかもしれない。

 しかしこれも現実であり、人間の人生である。

 これほど若いときから群を抜いた逸材と目されながら、日本プロレス界の頂点に立つのに38歳までかかるという――

 「遅咲きの王者」になるのもまた、飯伏の人生であり道だったということなのだろう。


 ところで1.5のEVIL vs SANADAのスペシャルシングルマッチ、飯伏 vs ジェイの二冠戦は、

 いずれも絵に描いたような勧善懲悪マッチであった。

 そして二冠王者・飯伏にスーツ姿でものすごく紳士的に挑戦表明したのは、EVILに勧善懲悪で勝ったSANADAであった。
 
 つまり次の二冠戦は、飯伏幸太とSANADAという善玉同士の対決となる。


 たぶん観客の多くは、もし内藤がジェイを迎え撃つならジェイが勝ち、飯伏がジェイを迎え撃つなら飯伏が勝つと思っていたろう。(そしてそのとおりとなった。)

 やっぱりこのコロナで大変な時代、卑怯者殺法で君臨する王者なんて(いかにジェイが上手かろうと)需要がないものである。

 昨年よりさらに大変になるかもしれない今年の幕開けは、明るい善玉王者で迎えたいものである。

 そして確かにSANADAが言うように、次の王座戦は――

 なんだか希望を感じられるような、善と善のクリーンな、熱くとも清涼感を覚えるような光景を見たいものである。


 新日本も、そのようなことを考えているのではないだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

D王2020優勝は(竹下幸之介ではなく)秋山準、そして意味深マイク

 DDT12.27後楽園ホール大会、D王グランプリ2020の生中継をサムライTVで見た。

 D王決勝戦は竹下幸之介vs秋山準、勝ったのは竹下幸之介――ではなく、秋山準の方であった。

 これは多くの人にとって、意外なことではなかったろうか。

 竹下幸之介は今から1ヶ月半くらい前、秋山準に惨敗した。

 そのときの竹下の打ちのめされぶりは印象的で、

 「今までやってきたこと、間違ってたのかなって……」

 と力なく呟くその表情には、紅涙を絞った女性ファンも何人かいそうである。

 そして巡ってきた、このリベンジマッチの機会。

 いかに竹下が左腕を筋断裂して負傷していようと、ここはやはり竹下が辛勝するのが「よくあるストーリー」ではなかったか。

 だが、そうではなかった。


 その結末は、ダブルリストクラッチによるレフェリーストップだった。

 KO-D王者・遠藤哲也と竹下幸之介の対決はDDTの頂上カード・黄金カードと言うべきものだが――

 しかしそれは、遠藤哲也vs秋山準というカードに取って代わられた。

 竹下幸之介は、再び奈落に突き落とされた……

 とはいえ、ほんの少し長い目で見れば、たぶんこの方が良かったのである。

 「フューチャー」竹下幸之介は、そう呼ばれている限り似合うことのない言葉、「哀愁」「切なさ」という属性を得たからである。


 ただ、今回スポットライトを当てるべきはやはり秋山準の方だろう。

 その勝利後のマイクは、誠に意味深というか「おっ」と思うようなものであった。 

 
「プロレス界で認められた王者3人、(それは)

 IWGPヘビー級王者・内藤哲也、

 GHCヘビー級王者・潮崎豪、

 KO-D無差別級王者・遠藤哲也、

 その3人だけだ」



「最後に、全日本プロレスファンの皆さん、ありがとうございました」


 どうだろうかこの言葉は。

 「プロレス界で認められた王者3人」と言われれば、

 新日本のIWGPヘビー級王者

 NOAHのGHCヘビー級王者、

 そして全日本の三冠王者、となるはずなのだ。

(マイクを聞いていた人も、そう繋がると思っていたろう。)

 
 もっともこれは、話の流れからして「今年のプロレス大賞を受賞した現役王者」という意味と思われる。

 しかし次の、「全日本プロレスファンの皆さん、ありがとうございました」はどうだろう。

 秋山準は今、全日本からDDTへ「レンタル移籍中」である。

 だが実のところ、それが「レンタル」だと思っているファンは、そんなにいないはずである。
 
 秋山が全日本から離れたとき、それがいささか円満さを欠くものであったことは、かなりの印象をプロレスファンに残したものだ。

(⇒ 2020年6月28日記事:秋山準は「解任」されていた-王道はDDTが引き取る?)


 おそらく今回のマイクは、レンタルでなく完全にDDTへ移籍するという、秋山の宣言(ほのめかし)なのだろう。

 意訳すれば「さよなら全日本」である。

 そして来年2月に、秋山がもしKO-D無差別級を奪取するとすれば――

 それはプロレスファン的には、「王道というもの自体が、DDTに移籍した」と印象づけられるかもしれない。

 全日本としては、顔をしかめるべき事態である。

 DDTがメジャーとなり、全日本の方がインディーになりそうな事態である。

 もっともこれも秋山の完全移籍宣言と同じく、現実に名目が追いつくということに過ぎない、とも言えるが……


このエントリーをはてなブックマークに追加

「世界プロレス大賞2020」特別賞は「WWEサンダードーム」

 2020年、日本のみならず世界のプロレス界を見渡しても最大級の「事件」は、あの「木村花事件」であった。

 このコロナ禍の只中にあっても、なおそうである。

 しかしここではそういうことは除き、もし「世界プロレス大賞」というものがあったとしたら――
 
 ということを考えてみよう。

 これは文字どおり、世界中のプロレスラー・プロレス団体を対象にしたものである。

 しかしこんなのを選出できるのは、人生の9割をプロレスを見ることに費やしているような人だけなのは言うまでもない。

 よってここでは、「人物」を選出することはすまい。

 そして選出するのも、「特別賞」だけとする。

 私が(勝手に)思うに「世界プロレス大賞2020特別賞」は、「WWEサンダードーム」である。


 サンダードーム……

 それは「自宅観戦しているファンの映像を、何十枚何百枚もの画面に映して有観客会場みたいにした」リモート観戦会場である。

 その映像を初めて見た人は、「まるで未来世界(を描いた映画のような)の風景」だと思うはずだ。

 ベタな言い方で言えば、それはまるで「サイバーパンク」の世界なのである。


 しかし管見の限り、WWEサンダードームのようなスポーツ観戦を描いたサイバーパンクの映画も漫画の小説もなかったように思う。

 欧米人がマスクを着け、ソーシャルディスタンスを気にして暮らす――

 そういう未来世界を予想した人は、たぶん誰もいなかった。

 このコロナ禍は、まさに「事実は小説より奇なり」を地で行く展開であったのだ。

 
 ところでこのサンダードーム、いかにも金がかかっていそうで……

 やはり世界最大の(そして金満と言われる)WWEくらいしかこんなの作れないだろう、と誰もが思う。

(と言うより、他のスポーツ界にさえ例がないのだ。)


 しかし、たとえば新日本プロレスでもこういうものがマネできないのには、カネだけでない文化的な要因もある。

 なぜなら日本の観客は、おとなしすぎて会場スクリーンに映し出しても全然映えないだろうからだ。

 日本人ファンのほとんどは、自宅観戦する自分の姿が会場に映されると知っていて、

 それがテレビ観戦している客の目に映ると知っていて、

 あえて笑顔で拳を突き出したり、その他のオーバーアクションをしないものである。

 日本のプロレス観客は外国のプロレスラーからも観戦態度を褒められることが多々あるが――

 そのおとなしさ、悪く言えばノリの悪さは、明らかにサンダードームに向いていない。

 これは、日本人ファン自身も認めるところだろう。

 そして新日本の1.4&1.5東京ドーム大会でさえ、もしサンダードームのマネをしようものなら、

 間違いなくそれはサンダードームのマネであり、しかも見劣りするものと見なされる。

 だから残念ながらではあるが、日本でサンダードーム的なものができるのは期待できそうもない。

 日本のプロレス団体の試合が、世界中のジャパニーズプロレスリングファンの姿が映される数百枚のモニターに囲まれて放映される――

 というのはなかなか感じ入る光景だと思うのだが、それは当面なさそうだ。

 
 ところで「人物」は選出しない、と言ったが……

 ムリして世界プロレス大賞2020のMVPを選出するとしたら、

 それもやはりWWEのWWE王者、ドリュー・マッキンタイア
になりそうである。

 ごく短期間ランディ・オートンに王座を奪われるという幕間劇はあったものの、
 
 しかしこの人、歴代王者の中でも屈指の「王者の風格」のある王者ではなかろうか。

(バグパイプのスコットランド調入場曲も、また素晴らしい。)

 
 ということで、MVPと特別賞はともに(世界最大の団体)WWEが受賞である。

 こうなってしまうのだから、日本の東スポプロレス大賞が「(日本最大の団体)新日本偏重」だと言われるのも、なんだか仕方のないことかと思ってもしまう……


このエントリーをはてなブックマークに追加

プロレス大賞2020-非常事態下の潮崎豪とジュリア

 12月14日、プロレス大賞2020の発表が行われた。その一覧は次のとおり。

●最優秀選手賞(MVP) 内藤哲也(新日本プロレス)

●年間最高試合(ベストバウト) 〇内藤哲也 vs オカダ・カズチカ×(2020年1月5日・新日本プロレス東京ドーム大会/IWGPヘビー級&インターコンチネンタルダブルタイトル選手権)

●最優秀タッグチーム賞 杉浦貴(NOAH)&桜庭和志(フリー)

●殊勲賞 潮崎豪(NOAH)

●敢闘賞 高橋ヒロム(新日本プロレス)

●技能賞 遠藤哲也(DDT)

●女子プロレス大賞 ジュリア(スターダム)



 今年のプロレス大賞は、コロナ禍という前代未聞の非常事態下の選考であった。

 また「省エネ」でもあり、新人賞・功労賞・特別賞・レスリング(アマレス)特別表彰は見送られた。

 見渡してみると、今年は例年になく「順当」なラインナップではなかろうか。

 もっとも、MVPとベストバウトの両方を内藤哲也が獲得し、かつどちらも新日本だというのは、確かに「相変わらずの新日本=日本最大団体」優先とも感じないではない。

 そして1月5日以降、3月からのコロナ禍を経てついに1月5日の試合を越える試合はなかったのか、と聞かれれば、ちょっとすぐには同意できそうもない。
 
 また、杉浦貴と桜庭和志が最優秀のベストタッグとして思い浮かぶかと聞かれれば、誰しも少しはタイムラグを感じるのではなかろうか。

(ただし、例年思うのだが、この最優秀タッグチーム賞を選ぶのが一番難しいのではないか。

 これに比べればMVPを選ぶ方がまだ簡単である。)


 個人的には、潮崎豪が殊勲賞という「準MVP」みたいな賞に選ばれたのは良かったと思う。

 おそらく潮崎はこのコロナ禍の1年、あの藤田和之との「30分の視殺戦」試合を頂点として、プロレス界で最も株を上げた選手(かつ王者)だからだ。

(⇒ 2020年3月30日記事:空前絶後の視殺戦30分-2020.3.29潮崎豪vs藤田和之の示すプロレスの謎)


 これは皆さんも、そう思うのではないか。

 潮崎豪と言えば、皆さんの頭に思い浮かぶのは、いわば「半熟エース」というような言葉だったはずだ。

 NOAHを出て全日本に移り、そしてまたNOAHに出戻る。

 この経歴がこれほどまでに悪評を――具体的に言えば「腰の定まらない男」という悪印象を――まとわりつかせた者はいない。

 しかしそういう目で潮崎を見ていた人も、この1年でかなりイメージチェンジした、と言っていいのではないか。

 
 そして、最も順当度の高い受賞と言えばもちろん、女子プロ大賞のジュリアである。

 これはもう、ファンの間でも満場一致でそう予想されていたと思われる。

 結局、彼女のアイスリボンからの不義理的ゴタゴタ退団・移籍騒動は、完全に――これ以上ないほどの吉と出たのだ


(⇒ 2019年10月14日記事:ジュリアの電撃退団&移籍-プロレス版「敵対的買収」の波紋)
 
(⇒ 2020年6月21日記事:スターダム興行再開-ジャングル叫女欠場・有田ひめか登場、ジュリアは現代の長州力か)


 男子団体においては近年、このような移籍騒動は起こっていない。

 いや私が見逃しているだけかもしれないが、少なくとも移籍騒動で注目を集め頭角を現した例は、一つもない。

 あるのはただ、大日本からの植木嵩行・佐久田俊之の退団、全日本からの岡田祐介の退団というような、「突然の退団」ばかりである。


 その意味で風雲児・ジュリアの大成功は、近年のプロレス界において非常に興味深いケースである。

 これはかつての長州力の再来、女版「一人ジャパンプロレス現象」ではないかとさえ思えるのである。

 そしてこのことを、古巣のアイスリボンはどう思っているのだろうか……

 などと、要らぬ詮索心が起こってこないでもない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR