Entries

「中邑真輔またも王座戴冠ならず」とジンダー・マハルのWWE内幕インタビュー

 9月16日のWWE日本(大阪)公演で、中邑真輔はWWE王者ジンダー・マハルに再度挑戦し、またもマハル部下のシン・ブラザーズの乱入により王座戴冠を逃した。 私は中邑がいずれ(たとえ短期間にしても)WWE王者になることをあまり疑ってはいないが、WWEも「気を持たせる」ものである。 しかし、今年8月20日(日本時間8月21日)のWWE「サマースラム」での初挑戦からたった1ヶ月未満での王座戦リターンマッチ、しかもいずれも乱入で...

アントニオ猪木、訪朝から帰国&10.21生前葬を表明

 参議院議員のアントニオ猪木(74歳)が、32回目の北朝鮮訪問から帰国した。 そして2000年前後のプロレスファンにとってはお馴染みのものであった、「羽田空港でのインタビュー」を開催した。(それにしても32回である。朝鮮総連とかの関係者は別として、日本で一番北朝鮮へ行っている人ではないか。 まさに北朝鮮渡航のプロである。) 彼が北朝鮮で会った朝鮮労働党の副委員長リ・スヨンとの会談内容はどうでもよくて――(イ・...

高山善廣「再起不能」の発表-鈴木みのるの涙と高田延彦の名

 9月4日、ついに高山善廣の病状が発表された。 後楽園ホール展示会場で行われた会見に出席したのは、 石原 真(高山のマネージャー) 鈴木 みのる(有志代表) 高木 三四郎(DDT社長。高山は5月4日のDDT大阪・豊中大会で負傷した) の3名。 高山はICU(集中治療室)からHCU(準集中治療室)に移り、自分で呼吸できはするが、肩から下の感覚が戻っていない。 結論として病名は頸髄(けいずい)完全損傷で、医師から「現状で...

全日本8.27両国大会、宮原健斗の三冠返り咲きと諏訪魔vs小島聡の不可解

 サムライTVで、8.27全日本プロレス創立45周年記念大会(両国国技館)の生中継を少しだけ見た。(最近は他のことで忙しいのだ。) しかし今の全日本、ダークマッチながら女子プロレス、しかもアクトレスガールズの試合をビッグマッチでやるようになったのである。 ジャイアント馬場が生きていればどう思ったろう、などと非難めかして言うつもりは全くないが、時代はやはり変わるものだ。 これも全日本が、プロレス界を二分して...

男色ディーノのDDT全権掌握と「過去の成功体験」

 サムライTVの生中継で、DDT8月20日・両国国技館大会(両国ピーターパン)を見た。 その放送時間は6時間を超え、先月の大日本プロレス「両極譚」の4時間半を上回るロング興行だった。(⇒2017年7月18日記事:大日本7.17両極譚短感-植木崇行の惨敗は大日本躍進の証?) DDTのビッグマッチがこうまで長くなるのは、やはりDDTが「お祭り系プロレス」だからに他なるまい。 あれだけ(試合中にも)歌謡ショーが繰り広げられるプロレ...

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR