fc2ブログ

Entries

現役プロレスラー曙死去-幻の王道継承

 4月11日、元大相撲の横綱(史上初の外国人横綱)で総合格闘技にも参戦、プロレスラーとしても活躍した曙が、心不全で死去した。享年54歳。

 もう7年ほど前から病気でプロレスの試合はしていないし、公の場に顔を出すこともなかったため、もう曙がプロレスラーであることを知らないプロレスファンさえ多いだろう。

 しかし引退して辞めたわけではないため、曙は今でもプロレスラーであり、現役プロレスラーとして死去したことになる。

 ところで曙と言えば、総合格闘技でボブ・サップと対戦し「前のめりにダウン」して敗北したときの印象がものすごく強い。

 その光景を描いたアスキーアート(AA)は、一時期日本のインターネット上で文化的ミームと言えるほど氾濫していたものである。

 「マケボノ」などという呼ばれ方をしたこともあり、なんと大相撲横綱の曙は、一時期「ふがいない敗者」の代名詞でもあった。

 大相撲で頂点を極めた者として、これは計り知れない屈辱であったに違いない。


 曙はその後プロレスラーとなるが、では歴史に名を残す名レスラーになったかと言えば、たとえプロレスラー曙を高評価する人にしても、そこまでは言えないだろう。

 しかしその曙が、なんと「ジャイアント馬場の王道の継承者」になりかけたことがあったのは、当時も今も驚きである。

 2015年末、曙は自分がトップを務める「(株)王道」の設立を宣言。

 その事務所(本社)は故ジャイアント馬場の自宅とし、馬場未亡人である故・元子 氏の全面バックアップを受けていた。 

(⇒ 2015年12月5日記事:曙による全日本再分裂)


 ところがこのほとんど直後から曙が病気休業に入ってしまったため、この構想は自然消滅の形になってしまった。

 ここでもし、曙が元気なままだったらプロレス界はどうなっていたか……

 私は正直、そんなに大きな影響はなかったのではないか――インディー団体・インディープロモーションが一つ増えるだけだった――と思うが、しかしそんなことは誰にもわからない。

 もしかしたら紆余曲折を経て、(株)王道が全日本プロレスを吸収合併し、曙が全日本の社長になっていたことだってあり得ただろう。

 しかしその「王道継承者・曙」の構想も、夢と消えた。

 もし実現していれば、大相撲の歴史のみならずプロレス史にも、間違いなく曙の名はハッキリと刻印されていたのだが……

 なんにしても、54歳での死はあまりにも早い。

 謹んで、ご冥福をお祈りする。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/842-b25f0018

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR