fc2ブログ

Entries

吉江豊、50歳で急死-「巨漢レスラー」の短命は宿命なのか

 鳥山明、TARAKO(ちびまる子ちゃん声優)に続き、プロレスファンにはショッキングな訃報が出てしまった。

 あの「巨漢ピンクレスラー」吉江豊が、全日本の高崎大会(3月10日)の試合直後に容体急変して死去したのだ。享年50歳。

 あまりにも若すぎるし、またこれは「試合中の事故で亡くなる」という「リング禍」のうちに入るのではないかとも感じる。

(⇒ BBMスポーツ 2024年3月10日記事:【訃報】元新日本プロレス・吉江豊さんが急死。全日本プロレス・高崎大会後に【週刊プロレス】)


 
 吉江豊にとって3月10日の試合は、4か月ぶりの実戦リングだったという。

 しかし試合自体は別段普段と変わった様子もなく、いつものように巨体で動き回っていたという。

 バックステージではコメントも(私は見ていないが、たぶん普通に)出したものの、控室に戻った後に容体が急変したらしい。

 私は吉江豊に持病というものがあったかどうか知らないが、しかし誰でも思うことをやはり思う。

 それはもちろん、「巨漢レスラー」というのは体にどうしても負担がかかり、よって短命なのが宿命ではないかということだ。


 そしてまた他の人たちと同じように、「浜亮太」というレスラーの名もやっぱり浮かんでしまうのである。

(しかし、そう連想が行くのなら、大相撲の力士たち全員へも連想が及ばなければならないのだが……)


 大相撲を除く他のスポーツ界ではいざ知らず、プロレス界では「巨漢であること」はやはりウリの一つである。

 確かに昔ほど巨漢であることの評価が高いわけではないが、それが人の目をどうしても惹きつける、よってレスラーのアイデンティティになるというのは今も変わらない。

 ただ、これにはネックもある――

 正直なところ、巨漢タイプのレスラーが本当に歴史に残る名レスラーと評価されることはなく、そう評価されるのは決まって(こういう言い方が合っているかはわからないが)、標準体型タイプ又は「太っている」ではなく「ゴツい」タイプのレスラーなのだ。


 むろんジャイアント馬場やアンドレ・ザ・ジャイアントほどになると話は別だが、それも巨漢であるのは横幅でなく縦の長さ(身長)である。


 正直なところ、もしプロレス界が一丸となってレスラーの健康管理に万全を期そうとするなら――

 まず「太った巨漢タイプのレスラー」を廃絶することから手を付けるべきなのかもしれない。
 
 あれこそは、誰が見ても「体の負担はすごいだろう」「いつか限界が来るだろう、体調を崩すだろう」「長生きは難しいだろう」と直感するに決まっている姿だからである。

 しかし、では、それができるかということになると話は別だ。

 わが団体では、太った巨漢タイプのレスラーは採らない・育成しない・リングに上げない……

 という方針をもし掲げれば、それは不人情であり非人道的・差別的だとプロレスファン(の少なくとも一部)に評価されてしまうだろう。

 ただ、実のところ――

 そんな方針を密かに決めている団体もプロレス界にはいくつかある、と私は思わないでもない。

 もしそうだとすれば、今回の吉江豊の急死でそんな団体はますます増えてくるのではなかろうか。



 改めて考えてみると、日本のプロレス界の初期や前期は、グレート・アントニオにヘイスタック・カルホーンなど「太った巨漢レスラー」の黄金期だった。

 いや、かつては世界のプロレス界でそのようなレスラーが活躍していた時代があった。

 しかし今となって見ると、その数は極めて減少しているように思える。

 おそらく太った巨漢レスラーというのは、近いうち絶滅に瀕するタイプのレスラーなのだろう。

 その中で吉江豊は、同タイプのレスラーの中で最後に近い光芒を放った存在だったように感じる。
 
 何にせよ、非常に残念である。

 謹んで、ご冥福をお祈りする。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/839-e864cd1a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR