fc2ブログ

Entries

塩村あやか参院議員「もはやアンチのプロレス芸」発言で謝罪-「プロレスの真似事」と言うべきだった

 11月23日、塩村あやか参議院議員が「X」に、

「酷いデマ。逆にどういう認知や流れでこんなデマやデマともいえない不思議な話を信じてツイートするようになるのか知りたい

 いつものことではありますが。最早、アンチのプロレス芸

 とツイート(ポスト)した。

 塩村氏はホストクラブの規制を検討しているのだが、それについてXユーザーから

「ホストクラブだけ売掛金を認めないのか? ホストクラブだけ価格に上限を設けるのか? 風俗への職業斡旋はダメだが、それ以外の職業への斡旋は良いのか? 言っていることが完全に職業差別だろ」

 という反応をされたことに対する反応である。

 これがプロレス界・プロレスファンから猛反発されたことを受け、塩村氏は釈明として

「プロレス芸はエンタメの世界ではよく使う言葉です。放送作家の会議ではよく出てました。

 お決まりですが、私とアンチ塩村のガチ芸。少し話題になっているようなので」


 とまたポストしたが、これが火に油となってブシロード(新日本プロレスとスターダムの親会社)から発言の講義と撤回を正式に求められる(しかしあくまで「謝罪」は求めていない)。

 そして塩村氏は三度ポストし、

「こちらでの『アンチのプロレス芸』という言葉は謝罪と撤回をさせて頂きます。

 意味としては、『デマを拡散をしてSNSで炎上をして、私がそれに対抗をする』的なものが出来上がっており、SNSという会場で盛り上げ、エンターテインメント化しているという主旨でした。

 『芸』という言葉をくっつけるな、謝罪をという人もいますが、よくも悪くも芸能やエンタメとなっているという意味であり、芸能関係者からは『芸』は評価する言葉との連絡を頂いており、意見の対立を招いたことを申し訳なく思います」

 と正式に謝罪した。


 さて、私見である。

 私はもちろん(こんなブログをしているので)プロレスが好きではあるが――

 しかしハッキリ言えば、今回の塩村氏のプロレスの見方、プロレスという言葉の使い方は、むしろ一般世間の庶民感覚を代弁しているものだと思う。

 プロレスファンなら知らぬはずはないが、世間の普通の一般人にとってプロレスとは「出来レース」の代名詞である。

 なにせグーグルで「プロレス」と入力すれば、たちどころに「プロレス やらせ」という候補が出てくる。

 こんなことで世間に「プロレスとは作りごと」などという概念が普及しないわけもなく、子ども世代にもそんな考えが浸透しないわけがない。

 しかしどうやらこれについてグーグルに、そんな候補を表示しないよう「削除要求」があったことはないようだ(笑)


 また塩村氏は「プロレス芸はエンタメの世界ではよく使う言葉です。放送作家の会議ではよく出てました」と言っているが、これは本当だろう。

 なにせテレビやネットの世界では、「プロレス」という言葉を「出来レース」「なれあい」「仕込みあり」「バトルしてるふり」という意味で使う人(堂々とナチュラルに発言する人)がゴマンといる。

 これは業界用語どころか、一般世間の一般企業や地域の自治会・学校の生徒会とかでさえ普通に使われていそうではないか。

 逆に今回は、新日本プロレスが正式に抗議を入れているのだが――

 政治家相手なら抗議して、そうでない評論家や芸能人が相手なら沈黙してスルーするというのは、いわゆる「叩きやすい相手は叩いて、叩きにくい相手なら沈黙する」というものではないかと思わずにはいられない。

 そしてまた、マスコミの世界では「イジメや暴力など悪いことで使われたら、それはプロレス技と書く」という慣例があるようなのだが――

 まずはそのあたりから正せ、と言っていくことが重要なのではないかと思う。


(⇒ 2023年4月16日記事:漁師式ヘッドロック、岸田首相を救い激賞-しかし「プロレス技」と呼ばれず)


 おそらく塩村氏としては、「プロレス芸」などと言わず「プロレスの真似事」と言った方が良かったのだろう。
 
 「もはやアンチのプロレス芸」ではなく「単なるアンチのプロレスの真似事」と言った方が良く、かつ正確だったのだろう。

 言うまでもなくプロレスは、真剣勝負である。

 それは決して口先や指先だけの軽いオチャラケた気持ちでやるのではなく――演劇と同様に――、確かにオチャラケ面白試合もあるが、基本的には真剣でハードな営みである。

 世の中には国際政治についてさえ「アメリカと中国はプロレスをしている」なんて言う人がいるが、

 それは逆に、プロレスや「プロレス的なこと」というのがいかに重要で軽視すべからざるものであるか、図らずも物語っているようなものだ。

(⇒ 2022年1月13日記事:テレビや記事で「これはプロレス」と聞いたとき思うこと)

 
 もしこれがとってつけたような発言でないとすれば、塩村氏は少なくとも小中学生時代はプロレスが好きだったそうである。会場やテレビで見ていたそうである。

 しかし今回の件は、そういう人でさえ――たぶん現役のプロレスファンでさえ――、出来レースという意味でプロレスという言葉を使うことがある、との例証だろう。

 プロレスファンがそうするのは、いわば「卑下芸」
とでも言うべきか。

 それにしても世間には、本当にプロレスを見下して「これはプロレス」と言うコメンテーターや芸人などがたくさんいる。

 そういう人たちに対し、今後プロレス界は抗議していくのだろうか……

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/819-a8d8c7b2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR