fc2ブログ

Entries

「赤井英和の娘」赤井沙希引退-父は娘の電話が誰からかわからなかった

 11月12日のDDT両国国技館大会で、女子プロレスラー・赤井沙希(36歳)が引退した。
 
 坂口征夫・岡谷英樹と組んで丸藤正道(NOAH)・樋口和貞(イラプションの盟友)・山下実優(東京女子プロレス)組と対戦したが、最後は山下のスカルキックを食らって敗戦。

 現役引退後も「裏方」としてDDTで働くということで、たぶんまたいつかリング上で男子プロレスラーを制裁めいたことをする姿が見られるのではないだろうか。

 が、それはそれとして、皆さんがビックリしただろうことは、彼女と父・赤井英和との関係性だろう。

 赤井沙希は、赤井英和とその前妻との娘である。

 その前妻(母)と赤井沙希とは、赤井沙希がプロレスラーになることに母が大反対したことから一時は絶縁状態になり――

 そして今回の引退も、面と向かってはまだ報告していないようだ。

 しかしそれはいいとして、父・赤井英和との関係は「えっ、そうなの?」と思わずにいられないものだ。

(1) 彼女の引退について某メディアから「赤井英和にコメントを求めていいか?」と聞かれ、彼女は「いいけど、たぶん断られる」と答え、実際に赤井英和からの答えは「コメントは差し控えさせていただきます」というものだった。

(2) これを聞いた赤井沙希は「私、何かやらかしたのかな? 何でこんなことになるんだろう」と赤井英和に直接電話した。

(3) 赤井英和は、最初は誰からの電話かわからなかったようだった。

(4) 赤井沙希は、「前の嫁の娘の沙希です。10年間プロレスをやって、今週の日曜にリングを降りて引退します。競技は違うけど同じファイターとして父親から何か一言、聞きたかったんだと思う」と父に説明した。

(5) 赤井英和は「お疲れさんでした、でええんちゃうか」と答えた。

(6) 以上をもって赤井沙希は、「だから、皆さんが思うほど現実は美談じゃないです」と語った。



 人の親子関係を採り上げてどうこう言うのは美しいことではないが、しかし――

 血も凍ると言っては言い過ぎだが、実に寒々としたやり取りだと思わない人がいるだろうか。

 さすがに互いの電話番号は知っているということだろうが、まさか実の娘からの電話が「誰からかわからなかったようだ」とは。

 そして娘の引退に寄せる言葉が、「ノーコメント」と「お疲れさんでした」という無気力言葉であるとは……


 デビューから引退までの10年間、赤井沙希がメディアに採り上げられるときは定冠詞のごとく「赤井英和の娘」と言われ続けてきたのだが、それも彼女にとっては結構ツラいことだったのではないかと思う。

(まあ、それでも「赤井」の姓を自ら使ってはいるのだが……)

(⇒ 東スポweb 2023年11月13日記事:【DDT】赤井沙希の引退報告に父・英和の反応は…「皆さんが思うほど現実は美談じゃないです」)


(⇒ デイリースポーツ 2023年11月13日記事:赤井英和の娘、沙希 父には電話で引退告げる「前の嫁の娘の沙希です」「電話して良かった」)


 しかし救いは、彼女がこのエピソードを明かしたこと自体にあるだろう。
 
「自分は電話してよかったと思ってるし、この人生で良かったと思います。

 この思いがなければ人に優しくできなかったし、DDTのみんなと出会えなかったかもしれないので。

 血のつながりだけが家族じゃないって思いました。

 血のつながりがあるけど親ではない人と、血のつながりはないけど、DDTはみんなの家族なので。

 改めてそれが全てじゃないなって思いました」



 この言葉は重くもあり、軽やかでもあるように感じられる。

 深読みなり曲解なりするとすれば、世にはびこる「血縁賛美」へのカウンターにも感じられる。

 いや、そんな風に感じるまでもなく、「家族であって家族じゃない」人間関係なんて、世の中にゴマンとあるのである。


 赤井沙希36歳、元プロレスラー。

 とっくに自立した一人の女性である彼女のこれからの人生が、真の家族と共にあることを願うばかりだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/818-7f389c8b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR