fc2ブログ

Entries

プロレス総選挙2022は戦慄の結果に-ブシロード一人勝ちの世

 8月13日、およそ5年ぶりにテレビ朝日の地上波で「プロレス総選挙2022」が行われた。(対象は現役選手限定)

 ネット発表も含め、1位から50位までが決定したのだが――

 それがもう、戦慄的な結果だったのである(笑)


1位 オカダ・カズチカ(新日本)

2位 棚橋 弘至(新日本)

3位 内藤 哲也(新日本)

4位 武藤 敬司(NOAH)

5位 高橋 ヒロム(新日本)

6位 エル・デスペラード(新日本)

7位 ウィル・オスプレイ(新日本)

8位 鷹木 信悟(新日本)

9位 ジェイ・ホワイト(新日本)

10位 鈴木 みのる(パンクラスMISSION)

11位 スターライト・キッド(スターダム)

12位 ザック・セイバーJr.(新日本)

13位 岩谷 麻優(スターダム)

14位 飯伏 幸太(新日本)

15位 中邑 真輔(WWE)

16位 石井 智宏(新日本)

17位 ジュリア(スターダム)

18位 中野 たむ(スターダム)

19位 葛西 純(FREEDOMS)

20位 朱里(スターダム)

21位 グレート-O-カーン(新日本)

22位 タイチ(新日本)

23位 ケニー・オメガ(AEW)

24位 SANADA(新日本)

25位 丸藤 正道(NOAH)

26位 小島 聡(新日本)

27位 上谷 沙弥(スターダム)

28位 林下 詩美(スターダム)

29位 ウナギ・サヤカ(スターダム)

30位 潮崎 豪(NOAH)

31位 藤波 辰爾(ドラディション)

32位 石森 太二(新日本)

33位 CIMA(GLEAT)

34位 AZM(スターダム)

35位 なつぽい(スターダム)

36位 矢野 通(新日本)

37位 中嶋 勝彦(NOAH)

38位 ジェフ・コブ(新日本)

39位 KENTA(新日本)

40位 金丸 義信(新日本)

41位 鹿島 沙希(スターダム)

42位 拳王(NOAH)

43位 真壁 刀義(新日本)

44位 白川 未奈(スターダム)

45位 舞華(スターダム)

46位 柴田 勝頼(新日本)

47位 田口 隆祐(新日本)

48位 宮原 健斗(全日本)

49位 小川 良成(NOAH)

50位 エル・リンダマン(GLEAT)


 何と、50人のうち35人(7割)が、新日本とスターダムのブシロードグループの選手である。

 「元」新日本を入れると、さらに割合は高くなる。

 確かにこの番組を制作・放送したのはテレビ朝日で、テレビ朝日は新日本の放送局ではある。

 だからこれが、露骨すぎるほど露骨な新日本・スターダム推しだという批判の声もあるかもしれない。

 投票したプロレスファンたちの大半は、「もちろん」新日本ファンじゃないのか、という直感もあるだろう。

 しかし私は、これは結構プロレス界のプロレスファンの勢力(?)割合を示しているのではないかと思う。

 別に新日本・スターダム以外のファンであっても、プロレスファンならこんな総選挙があるのを知っていただろうし、その中のかなりの部分が投票に動いたことは十分考えられるからだ。

 そして、もしこの結果が、プロレスファンの現実状態をいくぶんかでも反映しているとしたら――

 私が戦慄的だと思うのは、次の点である。


(1)女子団体はスターダムしかランクインしていない
  
   いやはや、これはスゴいことではあるまいか。

   何も知らない人が見れば、日本に女子プロレス団体はスターダムしかないんだろうと誤解してしまっても無理はない。

   東京女子も仙女もガトームーブも、さらに言えば里村芽衣子の名もそこにはない。

   これは事実上、女子プロレスラーが本当に世間に名を売ろうとすれば、スターダムを目指すしかないことを意味している。

   その他の団体は、地上波テレビ的には――プロレス界の外側に対しては――存在しないも同然である。

   よく言われる「スターダム一人勝ち」というのを、これほどハッキリ見せる結果もない。


(2)DDTと大日本の名はない。全日本も1人しかいない

   これもなかなか衝撃的である。

   ゼロワンの名がないというのは、ゼロワンファンからしても「仕方ない」と思えるかもしれない。

   大日本にしても、デスマッチ団体だから仕方ないと諦めがつくかもしれない。

  (そうは言っても、関本大介や岡林裕二はどうなるのか……)


  だが、なんとなんと、DDTでさえ1人もランクインしないというのはスゴすぎはしないか。

  そして、これよりもなおスゴいかもしれないのは、全日本でランクインしたのが宮原健斗1人、それも48位だったという結果である。

  むろん今の全日本が、かつて新日本とプロレス界を二分した全日本でないこと――もうメジャー団体ではなくインディー団体の一員であること――は、プロレスファンなら誰でも感じている。

  だがそれにしたって、この劣勢ぶりはもう「風前の灯」といった感じではないか。

  このランキングの中で唯一新日本と対抗戦ができそうなのは、NOAHである。
 
  その次は(なんと?)GLEATである。


  いや本当は、新日本以外の全てを集めても、数ではまるで勝負にならない。

  このランキングが仮にテレ朝-新日本の「御用ランキング」だったとしても、私ならもう少しバランスをとるよう操作したくなるのだが……(笑)


(3)拳王は鹿島沙希より下、白川未奈は舞華・宮原健斗より上

   別にこのランキングでそうであるからと言って、本当にプロレス界で「上」「下」の関係にあることにはならないが……
 
   それにしても、本人らは思うところがあるのではなかろうかと思い、ピックアップしてみた。

   微妙で面白いところとしては、白川未奈は舞華より得票を集めたのである。

   「プロレス界の代表スポークスマン」のような拳王でさえ鹿島沙希より得票を集められず、宮原健斗もまた白川未奈に及ばない。

   これを「大資本・地上波のバックがついているかいないか」の一言で片づけていいのかわからないが、考えさせられるところだ。

   そして、このランキングで堂々の19位を獲得している葛西純は、真にスゴいのではないかと思わざるを得ない……

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/726-bea0978e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR