fc2ブログ

Entries

アイスリボン・デスマッチハードコア派の大量離脱

 またしてもアイスリボンに「離脱」事件が起こった。
 1件目は2019年10月の、ジュリアによるスターダムへの移籍騒動。
 そして今回12月1日に発表された主力6選手+他2名の退団という、近年まれにみる大量離脱である。

(⇒ 東スポWeb 2021年12月1日記事:【アイスリボン】主力7選手が年内退団 世羅りさらはユニット「プロミネンス」結成)


 退団するのは、次のメンバー。

●世羅りさ

●柊くるみ

●宮城もち

●藤田あかね

●鈴季すず

●雪妃真矢

●テクラ

●弓李

 つい数ヶ月前にはマーベラスから3人の選手が一時に離脱して女子プロレス界が激震したが、今回はそれをはるかに上回る大激震である。

(⇒ 2021年9月1日記事:風雲女子プロレス界-葉月の復帰とマーベラス3人退団)

 なんたって先に挙げた7人のうち上から5名は、誰を取っても「アイスリボンの代表的選手」と言っておかしくない。

 総大将の藤本つかさや星ハム子・春輝つくしはまだいるとはいえ、アイスリボンは団体壊滅とは言わないまでも半壊くらいはしたと思えるほどではないか。

 さてこの8名のうち、フリーとして今後もアイスリボンにレギュラー参戦するという雪妃真矢を除く6名は、新ユニット「プロミネンス」を結成し、主としてデスマッチとハードコア戦を中心に活動していくという。

 なるほどその6名を一括して名付けるとすれば、「アイスリボン・デスマッチハードコア派」と呼んでも良かった。

 逆に言えば、彼女らが今に至るまで長きにわたりアイスリボンに所属してきたことこそ、むしろ驚くべきことなのかもしれない。

 特に世羅りさなどは、もう何年も前から(内外からの批判も受けながら)「プロレスでハッピー」のアイスリボンにありながら、デスマッチの道を歩み続けてきた。

 そして近年では、女子プロレス界最高の新星の一人と目される鈴季すずが、どうしてこうまでと不思議に感じるほど急速にデスマッチに没頭してきた。

 つまり近年のアイスリボンでは、デスマッチ派が急速に増加・普及してきたのである。

 あるいはこのままいくとアイスリボンは、通常プロレスとデスマッチを併存させる「女子版の大日本プロレス」みたいな団体になっていたかもしれない。

 しかし、そうはならなかった。

 これを安易に男子と女子の違いというわけにはいかないが、しかしやはり、離婚でよく聞く「方向性の違い」は、ついに両派の共存には至らせなかったようである。



 ところでこの新ユニット・プロミネンスは、その人数と共通の志向からして、実質的に新団体みたいなものにも見える。

 男子で言えば鈴木軍が最も近い性質なのかもしれないが、しかしそれよりははるかに結束が強そうではある。

 また、もしかしたら今後、大仁田厚のFMWEに一括入団することも考えられる。

 (FMWEがそれほど多くの選手にギャラを払えるのかどうか、私は知らないが……)


 一方でこれほどの大量離脱に見舞われたアイスリボンの方は、たぶん純粋な純プロレス団体に回帰する、ということになりそうである。

 デスマッチと電流爆破に触れたらたちまち「改宗者」が増えるということ、

 それは結局彼女らの離脱を招くということが、

 いま女子プロレス界において実証された。

 こんな危険を繰り返そうとは、普通思わないものである。


 それにしても、デスマッチへの個々の選手の転向・進出は、もちろん男子プロレス界でも起こっている。

 しかしこれほどの人数が一緒に団体から離脱することは、まず考えられないと言ってよい。

 デスマッチの魅力、あるいは電流爆破という「大仁田の毒」が、2021年の今まさに――それも女子の世界を席巻していることは、今後のプロレス界にとって何を意味しているのだろうか……

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/692-8dad47e1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR