fc2ブログ

Entries

アクトレスガールズ、年末で解散-コロナ禍で終わった唯一の団体?

 11月14日、アクトレスガールズの運営会社である株式会社AWGは、今年12月31日をもってアクトレスガールズはプロレス団体として終了するとの発表をした。

 これにより、Beginning(ビギニング)とColor's(カラーズ)の2つの団体(ブランド)もまた、同日をもって解散する。

 今後は「プロレスを用いた、よりエンターテインメント性の高い公演へと移行する」とのことである。

(これは「魔界」のようなものだろうか……)



 さて、この発表では解散の要因として、

「コロナ禍による集客制限や収益の悪化など、現況を打開するには、このタイミングで原点回帰して……」

 と語られている。

 私の知る限り、コロナ禍で収益が悪化したから解散するというプロレス団体は、これが初めてで唯一である。

 正直言って私は、このコロナ禍で「潰れる」プロレス団体がこんなに少ないとは、考えていなかった。


 しかし現実に解散したのは今のところアクトレスガールズのみで、

 それどころかコロナ禍の最中なのに新団体GLEAT、大仁田厚のFMWEが旗揚げし、

 来年4月には全日本を退団したゼウスが、また新団体(大阪プロレスの後継)を旗揚げしようとしている。

(⇒ 2021年10月18日記事:ゼウス全日本退団、大阪プロレス買収・再生へ)


 アクトレスガールズの運営会社や選手には申し訳ない言い方になるが、コロナ禍によるプロレス界の打撃は、「この程度」で済んでいるのである。 

 これは日本におけるプロレスのしぶとさが、また発揮されたと言うべきだろうか。

 または、日本のプロレス団体の財政基盤というのは、プロレスファンが思うよりずっと強固だということなのだろうか……


 おそらくプロレスファンのほとんどは、いくら自分が好きな団体(特にインディー団体)だろうと、その団体の経営が順調に行っているとは思っていないはずである。

 むしろ「本当にやっていけてんの?」と思っている人が大多数、と言っても過言ではあるまい。


 かく言う私も、いったい世に数ある(失礼な言い方だが)零細団体・弱小団体がどうやって財政的に存続していけているのか、皆目見当が付かないのである。

 いったい世のプロレス団体の収支構造は、どうなっているのか。

 もっと言うと各選手のファイトマネーというのは、そのくらいのものなのか。

 それを知りたいニーズというのは、ファンの間でかなり大きいと思われる。

 もし今「プロレス団体経営学」という本があれば――かつて故・堺屋太一は、ターザン山本の名を借りてそういう本を出していたが――、ぜひ買って読んでみたいものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/690-70f2b6ab

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR