fc2ブログ

Entries

YOH・SHO分裂-新世代のテンコジ型かノーリミット型か

 最近全然プロレスを見れていなかったのだが、その間の8月16日――

 新日本プロレスのスーパージュニアタッグリーグ戦において、SHOがYOHを裏切って(見限って)ショックアローを喰らわせるという事件が起こった。

 これで二人のロッポンギ3Kは解散・分裂である。

 二人は開幕3連敗中で、いいかげんSHOが業を煮やした形だ。

 しかし思えば7月1日、SHOがGLEATの旗揚げ戦メインにUWFルールで出場したのは、彼が別の道を行く前兆だったのかもしれない。

 そしてまた、本当に引退まで続くタッグはごくごく少数である以上、来るべきものが来ただけというものかもしれない。
 
 SHOとYOHはそのリングネームが示すとおり、セットで売り出されたレスラーである。

 しかしこうなった以上、やっぱりどちらかが(たぶんSHOが)リングネームを変えることになると思う。


 ところで気になるのは、今後の二人はテンコジ型になるのかノーリミット型になるのか、という点だ。

 テンコジ(天山広吉と小島聡)は言わずと知れた、プロレス界では今でも誰もが真っ先に思いつくような代表的タッグチーム。

 しかしそのテンコジさえも、分裂し敵対する時期はあった。

(そんな時期があったとは想像も付かないファンも多いだろう。)


 一方ノーリミットは、内藤哲也と高橋裕二郎のタッグ。

 こちらはもう、そんなタッグがあったのかと思うくらい見事に忘れ去られている。
 
 しかし知っている人にとっては、その後の二人の差があまりにも開いたことで有名な「残酷タッグ」として知られているのではなかろうか。

 
 どうも私には、この二つのタッグが(少なくとも新日本では)それこそ代表的なタッグタイプを示しているように思われる。

 となるとYOHとSHOのロッポンギ3Kは、どちらのタイプのタッグなのか……

 もちろんこんなことわかるわけないが、なんとなくテンコジタイプであるような気はする。

 確かにYOHは純粋プロレスラーとしか言いようがないが、

 SHOはそれよりはずっと格闘技寄り(まさにUWFだが)と、

 もともと相容れないタイプだと見れないこともない。

 しかしそうして別の道を行った二人が再合流すれば、これはこれでまた面白いと思うのである。

 考えてみれば新日本の選手とUWF(寄り)の選手のタッグチームというのも、今までそんなにはなかった気がする。

 はたして二人の、進路やいかに…… 
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/680-215ee2e2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR