fc2ブログ

Entries

保坂秀樹49歳で死去…こんなに若かったとは

 大仁田厚に最も近しい選手としてプロレスファンには名高い、保坂秀樹が8月2日の朝に亡くなった。享年49歳。
 
 2019年から治療していた大腸癌・肝臓癌によるものだった。

(⇒ 2021年8月2日記事:〝邪道の必殺技を最も食らった男〟プロレスラー保坂秀樹さん死去)


 それにしても、49歳である。あまりにも若い。

 そして、毎年の週プロのプロレスラー名鑑を熟読している人にとってはともかくとして――

 保坂秀樹が今まだ49歳であったというのは、多くの人にとって意外ではなかろうか。

 私は何となく、とうに50代にはなっていると思っていた。

 まだ40代であると思うのは難しいほど、長くインディー界で活躍してきた印象がとても強いのである。


(皆さんも、非常に昔から活躍してきた印象を持っていると思う。)

 
 保坂秀樹は、確かにエースとかスターとか言われる選手ではなかった。

 大仁田厚のタッグパートナーと言うよりも、忠実な従者と言った方が最後まで的確に思えた選手だった。 

 しかし私はこれを、「エースになれずじまいだった」「スターの器ではなかった」などと腐すことはしない。

 人にはそれぞれ適性があり、向き不向きがあり、性格がある。

 将軍がいれば参謀がいて、小部隊長も兵卒もいるのが世の中である。

 それは別に、将軍だから無条件にエラいというわけではないだろう。

 
 そして保坂秀樹が「バイプレーヤー中のエース」の一人であったのは、まぎれもない事実だと思う。

 そういう人は(ご存じのとおり)プロレス界には何人もいるし、いてきたし――

 そういう人がプロレス界以外の世界よりもずっとファンに評価されているのは、一つの救いでもある。

(バイプレーヤーはガン無視して、トップの行動や発言以外は報じる価値がないとする傾向は、最近の経済メディアなんかで特に顕著である。)



 プロレス界は、一人の名バイプレーヤーを失った。

 しかも、こんなに若くして。

 だがその戦歴は、60代で引退する平均的なレスラーよりずっと濃かったように思う。

 本当に、残念でならない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/679-1311e0cf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR