FC2ブログ

Entries

新日本2.11広島大会-SANADA問題いまだ解決せず

 新日本プロレス2.11広島大会のメインイベントは、二冠王者・飯伏幸太vs挑戦者・SANADAであった。

 そして、飯伏が勝って王座防衛した。

 またしても「SANADA問題」である。

 SANADA問題とは、いったいいつになったらSANADAは挑戦者であることを止めるのか、「せめて」G1優勝くらいはしないのか、という問題である。

 これはもう、少なくとも2年くらいは遡る問題だ。


(⇒ 2020年10月18日記事:G1第30回は飯伏幸太が連覇-再びの「SANADA問題」)


 今回の王座挑戦においても、SANADAが勝つと心から予想した人は1割にも満たないと思われる。

 もはやファンの心の中でも、SANADAはまるで「挑戦者慣れ」しているように映っているのではあるまいか。

 挑戦はするが、「例によって」負けるだろう、という風に……



 バックステージコメントで、飯伏幸太はSANADAに

「こっち側に来るべきじゃないか、ベビーフェイス側に来るべきじゃないか」と試合後のリング上で声をかけた、

 と言っていた。

「次のステージに進むには結果を出してから、と考えているのかもしれないが、

 自分はそうじゃなく今からでも前に進むべきだと思う」

 というのが飯伏幸太のSANADAに対する意見で、これはそれこそ2年前くらいから変わっていない。

 もっとも、SANADAは今でも明らかにベビーフェイスである。

 彼をヒールや悪玉と見る人は、一人もいないに違いない。

 いや、彼の属する(内藤哲也率いる)ロスインゴ軍をヒール軍団と見なす者もまた、一人もいないような気がする。

 そう言えばCHAOSもまた、ヒール軍団とはほど遠い。

 今そう言えるのは、ユナイテッド・エンパイアくらいではなかろうか。

(それも、グレートオーカーンがいるからである。)


 その意味で今の新日本のユニットというのは、「正規軍かぶり」が甚だしいとも言える。

 またその意味では、SANADAが飯伏幸太ら正規軍に移ったとしても、インパクトや新味は乏しいとも言える。


 だが、だからと言ってSANADAがヒール転向するというのも、あまりファンの支持を集めなさそうである。

 やっぱりSANADAに一番似合うのは、自分がリーダーとなって新ユニットを立ち上げることではなかろうか。

 そのユニット名は「プロレス美学研究所(仮)」みたいなものとして、プロレスに美学を求めるレスラーが集うというのが、最も適しているように思うのである。


このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/660-f96ad0f8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR