FC2ブログ

Entries

D王2020優勝は(竹下幸之介ではなく)秋山準、そして意味深マイク

 DDT12.27後楽園ホール大会、D王グランプリ2020の生中継をサムライTVで見た。

 D王決勝戦は竹下幸之介vs秋山準、勝ったのは竹下幸之介――ではなく、秋山準の方であった。

 これは多くの人にとって、意外なことではなかったろうか。

 竹下幸之介は今から1ヶ月半くらい前、秋山準に惨敗した。

 そのときの竹下の打ちのめされぶりは印象的で、

 「今までやってきたこと、間違ってたのかなって……」

 と力なく呟くその表情には、紅涙を絞った女性ファンも何人かいそうである。

 そして巡ってきた、このリベンジマッチの機会。

 いかに竹下が左腕を筋断裂して負傷していようと、ここはやはり竹下が辛勝するのが「よくあるストーリー」ではなかったか。

 だが、そうではなかった。


 その結末は、ダブルリストクラッチによるレフェリーストップだった。

 KO-D王者・遠藤哲也と竹下幸之介の対決はDDTの頂上カード・黄金カードと言うべきものだが――

 しかしそれは、遠藤哲也vs秋山準というカードに取って代わられた。

 竹下幸之介は、再び奈落に突き落とされた……

 とはいえ、ほんの少し長い目で見れば、たぶんこの方が良かったのである。

 「フューチャー」竹下幸之介は、そう呼ばれている限り似合うことのない言葉、「哀愁」「切なさ」という属性を得たからである。


 ただ、今回スポットライトを当てるべきはやはり秋山準の方だろう。

 その勝利後のマイクは、誠に意味深というか「おっ」と思うようなものであった。 

 
「プロレス界で認められた王者3人、(それは)

 IWGPヘビー級王者・内藤哲也、

 GHCヘビー級王者・潮崎豪、

 KO-D無差別級王者・遠藤哲也、

 その3人だけだ」



「最後に、全日本プロレスファンの皆さん、ありがとうございました」


 どうだろうかこの言葉は。

 「プロレス界で認められた王者3人」と言われれば、

 新日本のIWGPヘビー級王者

 NOAHのGHCヘビー級王者、

 そして全日本の三冠王者、となるはずなのだ。

(マイクを聞いていた人も、そう繋がると思っていたろう。)

 
 もっともこれは、話の流れからして「今年のプロレス大賞を受賞した現役王者」という意味と思われる。

 しかし次の、「全日本プロレスファンの皆さん、ありがとうございました」はどうだろう。

 秋山準は今、全日本からDDTへ「レンタル移籍中」である。

 だが実のところ、それが「レンタル」だと思っているファンは、そんなにいないはずである。
 
 秋山が全日本から離れたとき、それがいささか円満さを欠くものであったことは、かなりの印象をプロレスファンに残したものだ。

(⇒ 2020年6月28日記事:秋山準は「解任」されていた-王道はDDTが引き取る?)


 おそらく今回のマイクは、レンタルでなく完全にDDTへ移籍するという、秋山の宣言(ほのめかし)なのだろう。

 意訳すれば「さよなら全日本」である。

 そして来年2月に、秋山がもしKO-D無差別級を奪取するとすれば――

 それはプロレスファン的には、「王道というもの自体が、DDTに移籍した」と印象づけられるかもしれない。

 全日本としては、顔をしかめるべき事態である。

 DDTがメジャーとなり、全日本の方がインディーになりそうな事態である。

 もっともこれも秋山の完全移籍宣言と同じく、現実に名目が追いつくということに過ぎない、とも言えるが……


このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/655-784e9c79

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR