FC2ブログ

Entries

球場リングの花火と来年の東京ドーム大会-新日本8.29神宮球場短感

 新日本プロレス8月29日・明治神宮球場大会を、テレ朝チャンネル2の生中継で見た。

 まず思うのが、「やっぱり球場でのプロレス、それもドームでない露天でのプロレスは、いいものだ」という感想である。

 真昼の明るさから夕暮れ、そして夜の照明――

 そうした3つの「情景」での試合を楽しめるのは、素晴らしい(そして無料の)天然の舞台効果というものだ。

 特に今大会のラスト、内藤哲也の二冠王座奪還というハッピーエンドでの美しい花火の打ち上げは、

「プロレス史上に残る」と言っては大げさだが、記憶に残る感動的な情景であった。


 こんなことは、夏の野外の大会場でなければ決してできない。

ただし、EVILが勝っていたらどうだったんだろう、それでも花火を打ち上げたんだろうか、という疑問を抱かないファンはいないだろうが……)


 ついでに言うと、新たに採用された「リモート応援システム」は、その効果は覿面とまでは言わないが――

 それでも、せっかくのビッグマッチを無音状態から救う効果はあったようだ。

 この直前にWWEが導入したリモート観客システム(会場の観客席にそれぞれモニターを設置し、そこに観客の姿が映し出される)「サンダードーム」に比べれば確かにショボく感じるのだが、それは仕方ない。

 しかしまぁ「ボタンを押して選手名コールやブーイングの音声を出す」なんてこと、

 昔のプロレスファンも想像くらいはしたことがあるだろうが、

 まさか「21世紀のプロレス」が本当にそんなことになるなんて、思いもよらなかったはずである。


 それはともかく、試合の方だが……

 オカダ・カズチカ提唱の「KOPW」トーナメント決勝戦4WAYマッチは、当のオカダを金的攻撃で撃破した矢野通が、初代タイトルを獲得した。

 別に矢野通が悪いわけではないが(しかし、彼のせいではあるのだが)、

 これでKOPWのなんたるかは決まったも同然である、と言っては言い過ぎだろうか。

 たぶんこれは、新日本における「面白部門」のタイトルになる。

 箸休め的というか番外編的というか、

 言ってしまえば新日本版の「アイアンマンヘビーメタル級王者」みたいなものになる。


 そうすれば新日本も、「タイトル濫造」の誹りを受けなくて済むだろうし……


 さて、メインのEVIL vs 内藤哲也のIWGP二冠戦は内藤哲也が勝利し、ごく短期間での返り咲きを成功させた。

 それも反則&セコンド乱入三昧のEVILに対し、絵に描いたような勧善懲悪試合であった。

 たぶん皆さんは、EVILの王座期間がこんなに短いなんて、思いもしなかったのではないだろうか。

 少なくとも9月のG1クライマックスが終わるまでEVILが王者で、

 ということは来年1月4日の東京ドーム大会まで王座を保持し、

 そこでG1優勝者の挑戦を受ける、

 という筋書きを思い浮かべていなかっただろうか。
  
 それでこそ新日本に新味が生じる、と感じていなかっただろうか。


 だが、そうではなかった。 

 何かちょっと、今年の新日本は「通常のセオリー」から外れている、とさえ感じてしまう。
 

 何となく思うのだが、もしかしたら新日本は、来年に限っては1.4東京ドーム大会を開催しない選択肢も探っているのではなかろうか。

 今回のように神宮球場でビッグマッチが開催できたのは、それが開放的な野外だったからである。

 しかしこのままコロナ禍が続けば、ドームを閉めた空間で大会開催するのは難しい。

(衛生的にというより、世間の評判的にである。

 ドームを開いてやればいいのだが、そうすると雨天リスクがとても気になる。)


 もし来年の1.4が東京ドームでなくなったら、従来ずっと続けてきた記録が途切れることになる。

 それは残念には違いないが、しかしプロレスファンはやむを得ないものと納得するので、新日本にキズが付くことはない。

 
 「普通なら」、と言ってしまっては語弊があるが――

 しかし通常であれば、EVILの王者時代はもう少し長く続いたはずではなかろうか。

 それがそうならなかったことは、来年の東京ドーム大会開催・不開催に関係あるのかないのか……

 これが無用で的外れの深読みであれば、それに越したことはないのだが。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/642-86b77a08

トラックバック

コメント

[C89] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR