FC2ブログ

Entries

秋山準は「解任」されていた-王道はDDTが引き取る?

 6月27日、全日本からDDTへ「レンタル移籍」すると発表された秋山準だが……

 実は全日本のフロントから、社長・取締役・コーチ役(GM職)を解任されていたのだ、と本人が明かした。

 福田社長によると、後任コーチはTAJIRIであるらしい。

(⇒ 東スポweb 2020年6月27日記事:【DDT】レンタル移籍の秋山準 全日本プロレスの取締役とコーチから解任された事実を明かす)


 この「真相」について、プロレスファンのほとんどは否定的反応だと思う。

 次のコーチ役がTAJIRIだというのに文句を付ける気はないが、

 最後の四天王であり王道継承者(とされている)秋山が、

 よりにもよって経営陣としてだけでなくコーチ役として「解任」されるなんて……

 と、ほぼ100%のプロレスファンが思うのではなかろうか。

 
 もちろん私は全日本の内幕なんて知るわけないが、察するに――

 秋山準のギャラは、今の全日本の経済力からすれば、やや高すぎたのではあるまいか。

 それも秋山の解任はコロナショック前のことなので、コロナショックがあろうとなかろうと、全日本の台所事情は予断を許さないものがあったと思われる。

 当然ながら福田社長も、秋山の「商品価値」は充分にわかっているはずである。

 少なくともプロレス界では、「秋山の存在=ジャイアント馬場の王道継承」というイメージがある。

 そのブランド力は、少しばかりのカネには替えがたいものがある。 

 一方の秋山もまた、『巨星を継ぐもの』という本を自分の名前で出している(巨星とはむろん、馬場のことである)くらいなので――

 自分が全日本にいる「メリット」は、よくわかっているはずである。


 しかしやはり、若手を教える役まで外されるという「居場所がなくなる感」というのは、そんなメリットを上回って消化しがたい、ということなのだろう。

 そしてまた、よく「ベルトの価値は、ベルトを巻くレスラーによって決まる」と言うが……

 「王道継承」というイメージもまた、団体ではなく個人に付いてくるものなのかもしれない。

 すなわち王道というイメージは、可搬的である。

 この点で全日本のフロント陣と秋山個人とでは、どうしても秋山の方に分がある。


 またこれは、秋山の移籍により、「ジャイアント馬場の王道は、なんとまあDDTに移行した」ということにもなる。

(もちろん全日本には、不動の最後の砦である渕正信がいるのだが……)


 いったいこんなことを、誰がDDT旗揚げのとき予想したか。

 どうやら今回の移籍劇、

 私がつい先日の記事で書いた「DDT・NOAH・全日本の対新日本大連合」というわけではなく、

 「DDTが王道エッセンスをも取り込んだ」と整理した方がいいようである。

 またその裏にはもしかしたら、サイバーエージェントの豊富な資金力(秋山に相当のギャラを用意できる)があるのかもしれない。


 おそらく新日本は、その親会社のブシロード(の格闘部門)は、

 DDTと高木三四郎及びその親会社サイバーエージェントの動向を、

 やや不気味な思いを持って眺めているのではなかろうか……
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/633-48ed3fe7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR