fc2ブログ

Entries

豊田真奈美の怒る「技の無断使用」問題について

 引退した豊田真奈美(「さん」を付けるべきかもしれないが、ここでは敬称略)が、自分の必殺技ジャパニーズオーシャン・サイクロン・スープレックスホールドを無断使用されたとして、怒っている。

 「無断使用」した選手は、スターダムに参戦中の外国人選手ビー・プレストリーである。

 そしてこれが、プロレスファンのみならずプロレスラーにも波紋を広げているとのこと。

(⇒ 東スポWeb 2019年3月25日記事:豊田真奈美氏の「オリジナル技論」にマット界から賛同、異論、反論)


 正直言ってプロレス界では、他人の技を(名前だけ変えて)そのまま自分が使う、というのは日常茶飯事である。

 そしてこういう話を聞いて多くのプロレスファンが真っ先に思い浮かべるのは――

 あの、全日本プロレスにいた天龍源一郎が、「あえて」新日本プロレスの総帥・アントニオ猪木の延髄斬りを使い始めたときのことだろう。

 しかしあの話、無断使用だという人は誰もいず、むしろ「プロレス史上の名エピソード」みたいな扱いをされていないか。

 「これぞ天龍の心意気、天龍の重い決意の現れ」みたいな伝えられ方をしていないか。
 
 あのときの天龍は、猪木にちゃんと「延髄斬りを使っていいですか」とお伺いを立てたのだろうか。



 そういえば東京女子プロレスのエース・山下美憂も必殺技の一つとして「アティテュード・アジャストメント」(AA)を使っているが――

 それは言わずと知れた、WWEスーパースター(の中でもスーパースター)のジョン・シナの必殺技だ。

 これ、シナにメールの一本でも送ったとは思えないのだが、どうだろうか。


 これまでもプロレス界では、自分の始めた技を人に使われたといって「使用料払え」と、冗談に言われたことは何度となくあった。

 しかし今回の豊田の場合は、本気である。
 
 思えば豊田は、確かにその引退ロードの時から「技の継承」をとても重視していた印象があった。

 これはもう、そういう信念というか考えのある人間なのだ、としか言いようがない。

 そして人間誰しも、少なくとも「少しは」この考えに共感するのではないだろうか。

 これは、どっちが正しいというような問題ではなさそうである。


 なので正誤の判断はしないとして、こういうことがあると懸念されるのは――
 
 今でもいくつもある「技の名前に自分の名前を付ける」現象が、もっと増えるのではないか、ということである。

 そういう技は、ほとんど枚挙に暇がない。ちょっと思いつくだけでも……

●エース・クラッシャー

●鼓太郎クラッシャー

●雁之助クラッチ

●外道クラッチ

●後藤式

 などがある。

 こういう技名にしておけば、確かに開発者の名前はずっと残る。

 誰が無断でマネしようと、むしろ引退後も自分の名前が(赤の他人が)技を出すたびに思い出されるのだから、開発者としては本望だろう。

(雁之助クラッチは、その筆頭格に思える。)


 しかしこういう名前の技が増えるのは、特にプロレス界の外の人にアピールするために、はなはだ美的でないと思うのである。

 それは、

 ジャパニーズオーシャン・サイクロン・スープレックスホールドが「マナミ・サイクロン・スープレックスホールド」だったら、

 卍固めが「猪木固め」だったら、

 ということを想像してみればわかる。


 私には、技の名前は極力、一般名詞でなければならないという「好み」がある。

 そしてこの好みは、まずまずファンの共通認識ではないかとも思う。

 どうかこれ以上はなただしく、「自分のオリジナル技に自分の名前を付ける」風潮が流行らないように、と思うものである。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/545-017ab93e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR