fc2ブログ

Entries

デストロイヤー死去、S・S・マシン2世デビューへ-今週は覆面レスラー史上の重要な週

 ザ・デストロイヤーが3月7日、アメリカの自宅で亡くなった。(享年88歳)

 家族が見守る中の旅立ちだったという。

 デストロイヤーはつい最近のジャイアント馬場没後20周年追善興行(2月19日)でもビデオメッセージを送ってきており、

 そこでは「飛行機に乗るのは医者に止められているから日本には行けないが」と語っていた。 

 それからわずか、2週間ばかりでの死去――

 いや、しかし、あの力道山と戦った男がこの2019年まで生きていたということの方が、今の世の中のほとんどの人間にとっては驚きであり意外でもあることかもしれない。 

 なんたってデストロイヤーの世間一般の印象と言えば、「白黒テレビの人」「白黒写真の人」のはずである。

 1963年12月の力道山の死去から遅れること、なんと55年後――


 私はもちろん力道山vsデストロイヤーの試合を生でも中継でも見てはいないが、

 しかしそれらを見ていて、今でもなお生きていてプロレスが好きな人がいるとすれば、ものすごく感慨無量の気分になっただろう。

 改めて、粛然とした気持ちにさせられる訃報である。

(⇒ 2017年11月3日記事:デストロイヤー叙勲! 伝説の「vs力道山 リング真上から撮った四の字固め」写真)


 ところで本日3月8日、(少なくとも私にとっては)驚くべきニュースが入った。

 あの引退したスーパー・ストロング・マシンの実子が、ドラゴンゲートにおいて4月10日にプロレスデビューするというのである。

 しかもあの、プロレスマスク界の名作中の名作と誉れ高い、父S・S・マシンのマスクを継承する「ストロングマシーン・J」としてだ。


(ただし父と違い、ジュニアヘビー級)

(⇒ デイリースポーツ 2019年3月8日記事:SSマシン実子が4・10プロレスデビュー「ビッグサプライズ起こす」覆面レスラーで)


 本当なら機械らしく「ストロングマシーン2号」としたいところだが、その名は何十年も前にとっくに使われている。

 デビュー戦は仲間?のストロングマシーン・F、及びストロングマシーン・Gとの新世代マシン軍団で臨むというが、なるほど今後の増殖は数字でなければアルファベットを使うしかないだろう。

 それにしても、S・S・マシンの息子がドラゴンゲートでデビューするというのは意外である。新日本じゃないのである。

 だがこの選択は、たぶん正解であるだろう。

 父と同じ職業どころか同じ職場に息子が就職するというのは、たいがいの息子にとって(父にとっても?)あんまり喜べないことだ。

 私はこの息子さんのことは全然まったく知らないのだが、期待をもって見ていきたいものである。

 しかし、スーパー・ストロング・マシンという名跡(みょうせき)とマスクを継承する者はいないのだろうかと思っていたところ――

 まさかまさか、実の息子が後を継ぐなんて1ミリも考えたことはなかった。

 これだけでもかなりのサプライズである。


 獣神サンダー・ライガーという平成をまるまる生きた覆面(全身覆面とも言う)レスラーが引退を表明し、

 白黒時代に力道山と戦った覆面レスラーが死去し、

 S・S・マシンという昭和のレスラーの息子が、マシンマスクを継承することを発表する……

 2019年3月最初の週は、はからずも覆面レスラー史において重要な出来事が集中する時になった。


このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/540-7d4954fd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR