fc2ブログ

Entries

獣神サンダー・ライガー引退を表明-アニメ起源のレスラーがプロレス史に残る「伝統」?

 前日の新日本プロレス旗揚げ記念大会でIWGPジュニアヘビー級王者・石森太二に挑戦するも敗れた獣神サンダー・ライガーが――

 翌日3月7日に会見し、来年1月の新日本・東京ドーム大会で引退することを表明した。

 来年1月の東京ドーム大会は4日・5日の初の2連戦だが、おそらくは4日のメインイベントが引退試合になるのではなかろうか。

 ライガーは平成元年(1989年)にマスクマンとしてデビューし、ちょうど30年の平成が終わって新元号が2年目に入るタイミングで引退することになる。

 まさに、平成を代表する名レスラーとなった。


 ライガーはその30年という年月を積み重ねてきたことで、もはや「そこにいる」だけで客を沸かせるレスラーになった。

 だがもちろん、推定50代半ばとなった今、かつての空中技を披露することはなくなった。

 ライガーがシューティングスタープレスの開発者であることは有名だが――

 しかし今のライガーがそれを出すことは(出せることは)もうなく、彼がロープに向かって走るときは、飛ぶのではなくスライディングキックをする。

 出す「空中技」と言えば、その後エプロンから空中でグルッと回って相手にぶつかるトペ・コンヒーロくらいである。

 いずれもウィル・オスプレイら超絶空中戦士の空中技を見慣れた目には、あまりにも物足りないモーションだろう。

 だが、それでも客は沸く。

 あれはもう、歴史の重みとしか言いようがない。


(そしてまた、年齢への敬意でもあるのだろうが。)


 ところでライガーと言えば、何と言ってもあの入場曲である。

 元々ライガーは『獣神ライガー』というアニメとのタイアップで出現したキャラで、入場曲にもその主題歌「怒りの獣神」が使われている。

 当然歌詞は日本語で、ライガーが海外遠征するときも当然日本語で流される。

 これ、もしかして、世界で一番知られた日本のアニソン(しかも日本語で)になっているのではないかと思える。

(私はアニメに詳しくないので、定かではないが。)


 そしてまた『獣神ライガー』というアニメとその主題歌にとって、この成り行きは(タイアップ当時からは考えられないほどの)望外の超大成功だったはずである。

 私は「怒りの獣神」という曲は、それだけでも相当の名曲だと思う。

 しかしもし獣神サンダー・ライガーというレスラーの入場曲として使われていなかったら、とても30年にもわたりこんなに広く聞き続けられてきた曲だとは思えない。


 これは腐しているのではなく、アニメの曲が30年も広く聞き続けられることなんて、滅多にないことのはずなのだ。

 またこの現代において『獣神ライガー』というアニメを知るキッカケは、獣神サンダー・ライガーを通してしかないと思う。

 残念ながらというか、『獣神ライガー』はガンダムやマクロスのようなロングセラーとなる名作アニメではなかった(ようだ)。

 もし獣神サンダー・ライガーがいなかったら、『獣神ライガー』というアニメは完全に忘れ去られていたと思う。

 この点獣神サンダー・ライガーは、かのタイガーマスクの真の後継者と言える。

 タイガーマスクもまた「アニメから飛び出したヒーロー」であったが、アニメを超えたヒーローになった。

 獣神サンダー・ライガーは、まさにその正統後継者である。


 そうなるとやや気になるのは、タイガーマスク、獣神(サンダー・)ライガーに続く「アニメから飛び出し、アニメを超える」ヒーローレスラー3代目は現れるのだろうか、という点だ。

 今のところ、どうにもそういう気配は見えない。

 しかしタイガー、ライガーと並べてみると――

 その3代目の出現が、プロレスを世間に広めるという点でとても重要である気がする。

 そういうレスラーは、プロレス史に名を残すような名レスラーになる「伝統」ができているような気がするのである。

 もっとも今のアニメの状況を見ると、それは女子プロレスの世界に現れる可能性が強いように思うが……


 さて、どんなものであろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/539-d181a5d2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR