fc2ブログ

Entries

新日本3.6旗揚げ記念日短感-後藤洋央紀は今年再浮上する?

 2019年3月6日の新日本・旗揚げ記念大会のメインイベントは、

 IWGPヘビー級王者 ジェイ・ホワイト vs NEVER無差別級王者 ウィル・オスプレイとのスペシャルシングルマッチであった。

 もちろん見る方としてはジェイが勝つだろうと思っており、実際そうなったのだが――

 しかし最近の旗揚げ記念日メインイベントの恒例であった、

 「IWGPヘビー級王者 vs IWGPジュニアヘビー級王者」 

 よりは、はるかに勝敗がわかりにくい(いや、それでもわかってはいるが)良い対戦カードだと思う。

 それはオスプレイのスゴさはみんなに浸透している一方、ジェイの「強さ」はいまだ未知数だとか認められないというのが、ファンの大勢だからだろう。


 これは天の配剤というか、マッチメイクの妙味というものである。

 
 オスプレイの躍動は期待どおりのものだったが、しかし必殺技のオスカッターはことごとく切り返されて不成功――

 だがそもそも思うに、オスカッターという「ロープから後ろ向きにジャンプして相手の頭を捕らえる」技というのは、成功する方が珍しいような不安定な技である。

 あれを「切り返す」やり方というのは、結構たくさんあるのではなかろうか。


 しかしジェイがオスプレイの場外へのトペ・スイシーダを受け止めるように流して鉄柵に(その向こうの放送席に)叩きつけた切り返しは、確かに出色のものであった。

 やっぱりジェイ・ホワイト、伊達にIWGPヘビー級を任される男だけのことはある。


 さてもう一試合だけ触れておくと、セミファイナルの

 棚橋弘至&オカダ・カズチカ&後藤洋央紀 vs 内藤哲也&EVIL&SANADA

 では、後藤が「後藤式」でSANADAを仕留めて勝利した。

 常々思っていたことだが、この後藤式という技、素晴らしい技である。(ネーミングはちょっとどうかと思うが……)

 そしてもう一つ常々思うのは、いったいどうして後藤洋央紀は頭角を現すことなくくすぶり続けているのだろうか、ということだ。

 しかし今大会での(棚橋・オカダ・飯伏と並んでの)ラストシーンを見る限り、後藤にはまた再浮上の機会が与えられたかのように見える。


 おそらく後藤は棚橋と並び、「WWEに行かなさそうな」新日本レスラーの筆頭格である。

 新日本としても、彼に上に行ってもらいたい必要性は、まだあるのではないだろうか……

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/538-bd75b88b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR