Entries

芸術バブルの不思議な世界

 芸術の世界。特に、絵画の世界。

 そのバブルの大きさと持続性は、世の中でもひときわ目立つ。

 ピカソ、モネ、ルノワール、ダ・ヴィンチ……

 その絵一枚に何十億円・何百億円の価値があるとされている画家は、覚えきれないくらいいる。

 しかし、ここでも茶器の場合と同じ問いをしよう。

 あなたは本当に、彼らの絵にそれだけの価値があると思うか。

 もし純粋に自分自身の判断を下すなら、それらに十億円の値を付けるか。

 もし「無名画家」ピカソの絵が路上で売られていたら、あなたはそれを買おうとするか。私なら五百円でも買わないだろう。 

 しかしあなたは、「あのピカソ」はすごい画家だと思っている。

 それは世の雰囲気がそうだから、他人がそう言っているからという理由以外にあるだろうか。


ピカソ『ゲルニカ』(1937)
ピカソ『ゲルニカ』(1937)


 クリスチャン・ラッセンという画家がいる。イルカなど海洋生物の絵で有名な人である。

 私は、ピカソより彼の絵の方がよっぽど上手いし魅力的だと思う。

 もし自宅に絵を飾る趣味があるなら、迷わずこっちを飾ると思う。

 しかし世の中はピカソの絵の方をはるかに高く評価している。

 それはなぜなのか、美術評論家は(ひょっとしたらあなたも)いろいろ「根拠」を述べ立てるだろうが、その根拠って何なのだろう。

 それはやはり雰囲気の産物ではないか。他人が言うことの受け売りではないか。

クリスチャン・ラッセンの海洋絵画
クリスチャン・ラッセンの海洋絵画


******************************************************

 私は「スポーツに価値はない」との意見への反論として、

○スポーツに価値がないと思うのは、スポーツに興味がないから/無関心だからこそ。

○しかし世の中には、スポーツに価値を見いだす人/好きな人の方が多い。(=スポーツに興味がある人の方が多い)

 の2点を挙げた。

 しかし芸術の場合は、それに興味がない人(こっちの方が多いことは明らかに思える)さえも高い価値を認めようとするのが特異である。

 私は美術商・画商というのは虚業家の最たるものだと思っているが、一般にはあまりそう言われない。

 芸術の権威というか価値というものを高く評価する雰囲気は、世間一般に強く強く根付いている。

 それは明らかに「芸術バブル」だと思うが、しかしそうは言えないほど長く続き、これからも続きそうである。
 こんなことを書いたすぐ翌日の今日、ピカソの『アルジェの女たち』が美術品史上最高の1億7900万ドル(約215億円)で落札されたとの報道があった。

 もうこれは、バブルと言うより狂気の沙汰だと思う。

 『人類は衰退しました』というラノベがあるが、まさに『人類は発狂しました』と題すべきニュースに聞こえるのは、私だけなのだろうか。

20150512ピカソ『アルジェの女たち』
ピカソ『アルジェの女たち』


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/48-dcfda980

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR