FC2ブログ

Entries

WWEに「飛翔富士」ヒロキ・スミ電撃登場-「元大相撲力士が日本でプロレスデビューしない時代」

 寝耳に水というか、鳴り物入りどころではない何の前触れもない新人日本人レスラーの出現である。

 4月27日(日本時間では28日)開催のWWEサウジアラビア(!)公演のロイヤルランブル戦において――

 2017年1月に大相撲を引退した元十両・飛翔富士(ひしょうふじ)こと本名・住 洋樹(すみ ひろき)28歳、リングネームはそのまんま「ヒロキ・スミ」が登場した。

 リング上にいた時間はごく短かったようだが、このことを「いやあ、私は予想してましたよ」って言う人はいるのだろうか?

(⇒ スポーツ報知 2018年4月28日記事:元十両・飛翔富士がWWEデビュー…ストローマンVのGロイヤルランブル戦でサプライズ登場)

(⇒ 日刊スポーツ 2018年4月28日記事:元飛翔富士がWWEデビュー、中邑真輔との共闘示唆)

(⇒ スポーティングニュース・ジャパン 2018年4月28日記事:50人ロイヤルランブルに登場した「ヒロキ・スミ」とは一体誰なのか?)


 ヒロキ・スミは、WWE伝統のスモウレスラーの格好そのまんまで登場した。

(WWEの過去にはリキシ、ヨコヅナといったスモウレスラーキャラがいたことは周知のとおり)

 スタイリッシュで日本最高クラスのレスラーである中邑真輔を引き抜いた(いや、中邑自身の意志で行ったのだろうが)かと思えば、プロレスラーとしては何の実績もないド新人をいきなりデビューさせたりもする……

 WWEは必ずしも実績証明済みの「品質保証済み・安心レスラー」をピックアップしてくるだけでなく、ちゃんと一からの新人育成も考えている、ということだろうか。


 それにしてもヒロキ・スミこと元飛翔富士、プロフィールを見ると「身長193センチ・体重196キロ」というスーパーヘビー級である。

 そして今までWWEに登場してきたスモウレスラーキャラと違い、正真正銘の日本人で――

 相撲界から離れて1年くらいしか経っていない、正真正銘のスモウレスラーである。

 ただ相撲時代は左足首の負傷に悩まされ、十両での戦績は4勝11敗と振るわず、たった1場所しか出場していない。

(一方、トータルの相撲キャリアは12年に及ぶ。)

 とはいえこの肉体と若さ、日本のプロレス団体なら喉から手が出るほど欲しい人材であったのではないだろうか。

(⇒ 相撲レファレンス:飛翔富士廣樹)


 飛翔富士自身は、大相撲引退の際に「実業家への転身」を示唆していたという。

 しかしやはり、力士が何かの実業家に転身するより、他のジャンルなかんずくプロレスに転身する方がはるかに手っ取り早いのは事実だろう。

 しかしやはり昔なら、(横綱だった輪島や北尾のように)日本のプロレス団体に入団するのが当たり前だったはずである。

 しかし2018年の今、彼はWWEを選んだ。(いや、選ばれたと言った方がいいか……)

 これはもしかして、「日本のプロレス団体で実績を積んだトップ選手の目指す最終ゴールがWWE」より、もっと日本のプロレス界には影響が大きいことかもしれない。


 はたして飛翔富士が日本のプロレス団体に入団の打診をしたのか、私は知らない。

 そもそも日本のプロレス団体やプロレスメディアが「飛翔富士は実はプロレス転向を考えている」なんて情報をキャッチしてたのか、それも怪しいように思う。

 ともあれ「プロレス転向を決めた大相撲力士が、日本のプロレス団体ではなく(ことによるとそんなことは考えもせず)WWEに行った」というのは、本当に時代の流れである。

 そしてもし、WWEのスカウト陣から飛翔富士に接触したのだとすれば、恐るべしWWEとしか言いようがない。



 飛翔富士ヒロキ・スミは、WWE公式サイトでは中邑真輔と共闘するのではと言われているそうだ。

 中邑が悪の道に走ったのだから、スミもまた悪役レスラーとして活躍することになるのだろう。

(こんな巨漢が悪役なら、それこそブロック・レスナーにも対抗できそうな気がする。)

 
 まったくプロレス界というのは、思いもよらぬことが電撃的に起きる世界である。

 しかしそれが日本のプロレス界でなくWWEのプロレス界で起きるというのが、また時代ではないか……


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/444-317a89a2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR