FC2ブログ

Entries

ジャイアント馬場夫人の馬場元子氏死去-彼女は「亡国の女帝」だったのか

 4月23日、故・ジャイアント馬場の未亡人である馬場元子 氏が4月14日に肝硬変で亡くなっていたことを全日本プロレスが発表した。享年78歳。

 夫に後れること、19年であった。

(⇒ 日刊スポーツ 2018年4月23日記事:馬場元子さん死去、元全日本プロレス社長 78歳)

(⇒ スポーツ報知 2018年4月23日記事:故ジャイアント馬場さん夫人・馬場元子さん死去…元全日本プロレス社長)

(⇒ ハフィントンポスト 2018年4月23日記事:馬場元子さんが死去、ジャイアント馬場さんの妻で元全日本プロレス社長)

(⇒ スポーツ報知 2018年4月23日記事:「ジャイアント馬場さんの防波堤のような人だった」元子夫人の訃報受け、大仁田厚氏語る)


 馬場元子と言えば、プロレスファンの間での評判は、はっきり言ってあまりよくない。

 大方の人の抱いているイメージは――

「馬場の遺志を奉じるあまり、頑迷固陋な保守の権化となって全日本を分裂・衰退させた」人、というものではないだろうか。

(あまりに旧慣墨守の彼女に反発して、三沢光晴らが全日本から独立しNOAHを旗揚げした――というのがプロレス史の定説である。)



 2000年の全日本の分裂が、以後10年以上にわたるプロレス界「暗黒の10年」の発端になったと考えることができるなら――

 彼女のことを「悪い意味の尼将軍」「亡国の女帝」と捉えている人さえいそうである。
 

 しかし、歴史上の人物というのが片っ端から「再評価」の対象になっているこの昨今。

 今川義元も織田信長も誰も彼も、とにかくちょっとでも有名な歴史上の人物はことごとく対象になる「再評価ブーム」である。

 その中にあって、馬場元子氏の再評価をしないわけにはいかないのではないか。


 
 上記引用記事で大仁田が語っているように、元子氏が夫・G馬場の「防波堤」ないし「汚れ役」を引き受けていた――

 というのは、アンチ元子派にもよく知られている。

(と言っても、もちろん直に接してそう知ったのではなく、本にそう書いてあるからそういうことだったんだろうと思っているだけだが。)


 このことがどれだけ馬場の助けに、引いては全日本の助けになっていたか、それは神のみぞ知るである。

 そして、検証するに値するテーマである。

 また、G馬場の死後、もし三沢らが元子氏に従っていたらプロレス界はどうなっていたか……ということもだ。

 しかし色々この時代のプロレスムックとかをめくってみると、三沢と元子氏が決裂するのは変えようのない運命だったのではないかという感を深くする。

 それはむしろ、防波堤となり「馬場本人が言いたくないこと」を言う汚れ役を引き受けてきた、元子氏の方にとってこそ悲劇だったのかもしれない。

 
 だがプロレスファンにとって最も興味深いのは、

「もしジャイアント馬場が今もなお生きていたら、2010年当たりまで生きていたら、プロレス界はどうなっただろう」

 という仮定である。

 PRIDEやK-1といった格闘技の波が日本を洗った時代に、G馬場が生きていたらどう対応しただろう。

 アントニオ猪木が新日本に院政を敷き、総合格闘技に急傾斜していた時代、G馬場が生きていたら、二度目の「みんなが格闘技に走るので、私プロレスを独占させていただきます」というコピーが週刊プロレスの表紙を飾ったのだろうか。

 猪木が新日本から完全に去った時代、いまだ馬場全日本が続いていたら、プロレス界は今より上がっただろうか下がっただろうか。


 ひょっとしたらプロレスファンは、老いて社会的な道化と化していく馬場の姿を見る羽目に陥ったのだろうか。

(これは、アントニオ猪木の立場にも近いものだ。

 だが馬場は、長生きしても政治家になるなんてことはおそらくしなかったと思われる。

 よって、猪木よりもっと道化的な存在になったかもしれない。)


 しかしながら、秋山準が全日本の社長になるという今の現実は、G馬場が存命していても変わらなかったように思われる。

 馬場や三沢が存命し、その後ろ盾を得て秋山が社長となっている全日本プロレスは、やっぱり潰れることはなかったのではなかろうか。

(もっとも今の全日本プロレスは、馬場全日本とは法人格が違うのだが……)


 元子氏の死は、もはやプロレス界に大きな影響を及ぼすことはないのだが、やはり時代の(大きな、とは言えなくても)区切りである。

 この2018年の今、「馬場の時代」を改めて思い返した人も多かっただろう。

 もう歴史上の人物となった、馬場元子氏――

 彼女が旧全日本と2000年代のプロレス界とに及ぼした影響は、いずれプロレス史家によって検証・再評価されるはずである。 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/443-e9d0135f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR