FC2ブログ

Entries

オカダV10、SANADAを下す-勝敗でなく内容を競うのは、プロレスの進化か堕落か

 2月10日の新日本・エディオンアリーナ大阪大会で、オカダ・カズチカがSANADAを下してIWGPヘビー級王座10度目の防衛に成功した。

 これは永田裕志の記録に並び、あと一度で棚橋弘至の記録に並ぶ。

 しかしもちろん、オカダがSANADAを下すのは当然わかっていたことである。

 プロレスファンのほぼ100%、観戦に行った人さえほぼ100%がそうなるだろうとわかっていたことである。

 SANADAが勝ってIWGPヘビー級王者になって、その後の展開はどうするというのだ。

 内藤哲也さえ勝たなかったのに、SANADAが勝つはずないではないか?



 そしてオカダは3月の旗揚げ記念日大会でIWGPジュニアヘビー級王者ウィル・オスプレイと対戦することを宣言、本人とも合意した。

 どうも旗揚げ記念日にIWGPヘビー級王者とジュニアヘビー級王者が対戦するのは、例年の恒例行事(伝統)になってきたようである。

 言うまでもなく、オカダが勝つに決まっている。

 
 新日本の、すなわち日本プロレス界の最高峰の王座であるIWGPヘビー級は、もう勝敗ではなく試合内容を争うものになっている。

 これはプロレスの進化なのか完成形なのか、退化なのか堕落なのか――

 むろんそれで客が集まっているならば、進化だろうと退化だろうとそれが“正しい”。

 プロレスが本当に勝敗を争っているのではなく、むしろどうやって魅せるかを目的としているものだ――

 ということを、世間一般どころかプロレスファンの大部分さえ共通認識として持っている時代には、

 勝敗はわかりきっていていいからとにかく内容だ、と割り切るのも環境に適応的と言えるだろう。



 ただこの正しさというもの、決して一方には落ち着かないものである。

 その揺り戻しは、近いうち必ずやってくるはずだ。


 もしかしたら新日本を実地に観戦に行く人たち(ニワカでなければ)の中には……

 その揺り戻しがいつ起こるか、それを目撃したいがために行っている人が多いのかもしれない。

 はたして誰がオカダを倒すのか、という命題に答えが出ない程度には、新日本のヘビー級は混沌としている。

(口の悪い人だったら、「内藤(とEVIL)以外みんなパッとしない」とか「みなドングリの背比べ」とか言うだろう。)



 今のところ、オカダに勝って新日本のその後の展望を開ける人と言えば、内藤哲也くらいしか思いつきようがない。

 あれだけ大量の選手陣を抱えていながらこの有様というのは、ちょっと意外なくらいの「人材難」である。

 新日本のオカダへの“集中投資”は、近未来の新日本にどんな影響を及ぼすのだろうか……


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/425-3f3bacdc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR