FC2ブログ

Entries

高橋奈七永、ラダー転落し緊急搬送-プロレスが「禁止」される日

 1月7日、女子プロレス団体WEVEの新宿FACE大会で、高橋奈七永がラダー(脚立)から頭から転落して緊急搬送されるという事故があった。

(⇒ バトルニュース 2018年1月8日記事:高橋奈七永が試合中にラダー上から頭から落下し緊急搬送)


 今のところ命に別状があるというわけではないようだが、かなり心配な話である。

 さて、これは仮定の話だが、もし彼女が死亡したとしよう。

 プロレス界はもちろん悲しみと衝撃に沈むとして、プロレスに全く興味のない人たちはどう反応するだろうか。

 もちろん、「わざわざハシゴに登って転落した? それで死んだ?」と嘲笑するに決まっている。



 プロレスファンは、ラダーとかその他のアイテムを使った試合に慣れっこになっている。

 そして今のところ、それが原因でレスラーが死亡したという話は(国内では)ない。

 だが、もしそれが起こったら――

 もちろんプロレスがなくなることはないし、デスマッチもなくなりはしない。

 いくらリング禍で三沢光晴やプラム麻里子が死亡しようと、プロレスがなくなることはおろか“危険の技”の応酬がなくなることも決してなかった。

 だが、通常のプロレス試合でなく、アイテムを使ったデスマッチで死亡事故が起きるとしたら、世間の反応は今までとは全く違うものになると思われる。


 はっきり言ってこのことは、プロレスの将来にとって最大級のリスクである。

 つまり、「わざわざあんな危険なことをして、それで救急車で病院へ行って、国民の税金で医療費を使うなんてことは許されない」という世論の高まりが起きかねないのだ。



 たぶんプロレスファンの中にも、「わざわざ雪山登山へ行って、それで遭難して救難ヘリをタダで呼ぶなんて許されない」と感じる人が多いはずである。

 そもそも雪山登山へ行くこと自体、禁止すべきじゃないかと思っている人は世の中に多いのである。


 
 日本の医療費が莫大な額に上り、それが財政を圧迫している――

 そのせいで消費税も上げざるを得ない、とかいう話は、日本人なら誰でも知っている話である。

 ろくな準備もせずに雪山登山へ行く連中、臆面もなく救難ヘリを呼んで恥じない連中に、どれだけ冷たくボロカスな非難が浴びせられるものか、知らない人はいないはずである。

 そしてこの雰囲気は、今でこそ顕在化まではしていないが――

 たぶんいつの日か、「明らかに危険なこと」をする人全般に対し、世間は非常に厳しい目を向けることになると思われる。

 つまり、登山やスカイダイビングや格闘技やプロレスをやる人間に対し、

「やるのは勝手だが(そしてバカだが)、それでケガしたからって国民の税金を使うんじゃねーよ」と、冗談でなく本気で冷たく言うようになる、ということだ。



 当然ながらこれは、スポーツ全体に言えることである。

 歴史上最もスポーツがもてはやされる現代にあっては、これは信じられないことかもしれない。

 しかし「わざわざスポーツなんかして、ケガする可能性を増やす奴はバカ。いや、それ以上に税金を無駄遣いさせる非国民」という意識が広まるのは、決してあり得ないことではない。

 そしておそらく真っ先にその槍玉に挙げられるのは、「アイテムを使うプロレス」になるだろう。


 
 私はプロレスの未来は、むしろ他のスポーツよりも明るいのではないかと思う方である。

(理由は、ここでは長くなるので書かない。)

 しかし「わざわざ危険な行為をして、それで救急車や医療費(税金)を使う」ことに対する世間の非難は、そんな明るさを吹き飛ばすほどの威力がある。

 なぜならこれは、ほとんど誰も言い返すことのできないような“まっとうな”非難だからである。

 この非難に反論することは、どんな熱心なプロレスファンにも極めて難しいからである。

 はたしてプロレスファンのあなたは、これについてどう反論できるだろうか……?

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/416-bd19ae70

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR