FC2ブログ

Entries

高須院長、日馬富士のプロレス転向を勧める-プロレスはいつまで“掃きだめ”なのか、いつまで「北尾」が思い出されるのか

 誰かが言うと思っていた。

 それを言ったのは、いま飛ぶ鳥を落とす勢いの高須クリニック院長・高須克弥氏であった。

 ビール瓶と拳で後輩力士を殴り大怪我をさせた横綱・日馬富士について、ツイッターでプロレスへの転向を期待したのである。


(⇒ 日刊スポーツ 2017年11月15日記事:高須院長「力道山しのぐ」日馬富士プロレス転向期待)


 高須院長については、先日たまたま本ブログで記事を書いている。

(⇒ 2017年11月3日記事:東芝「サザエさん」スポンサー降板と高須クリニック院長の名乗り-落合信彦化する高須院長?)


 しかし高須院長、日馬富士のことを(プロレスラー候補者として)ベタ褒めである。

 「力道山を凌ぐ」「プロレスが復興する」とか、

 「過去の元横綱のプロレスラーたちはプロレス向きではありませんでした。

  日馬富士の動きと体型はプロレス向きです」とか――

 何かもう、これ以上はないほどの絶賛ぶりだ。


 しかし、じゃあ肝心のプロレスファンはどう思うかと言えば……

 「いい加減プロレスを、犯罪者とか問題児の“掃きだめ”にするのは止めてくれ」と叫びたいくらいではないだろうか。


 だが、これがプロレスを取り巻く世間の現実というものである。

 「問題を起こした奴はプロレスに行け/プロレスに行けばいいんじゃない?」というのは、これほど一般社会にプロレスが見られなくなった今でさえ――

 そう、プロレスを見るどころかほとんど知らないような人でさえ、脊髄反射のように思いつくことなのだ。

 まるでそれが、社会のコンセンサス(共通認識)や一般常識ででもあるかのように……



 もちろん今回の日馬富士事件を聞いて、プロレスファンなら誰でも「プロレス転向」という言葉を思いついただろう。

 そしてその中のかなりの人たちは、むろん「北尾光司」(元横綱・双羽黒)の名を思いついたはずである。


 北尾――その名は、日本プロレス史に燦然と刻まれている。

 2017年の今でもまだ、「史上最悪のレスラー」の一人としてプロレスファンに見下され、笑われている存在である。

(もっとも、“ネタとして楽しまれている”と言った方が正確かもしれない……

 ただ、その入場曲はやたらカッコイイ名曲だと思う。それもそのはず、あの相撲ファン・デーモン小暮閣下の作曲なのだ。)


https://www.youtube.com/watch?v=Xf1dq8RAIL8


 北尾が相撲を廃業したのは、部屋の女将さん(つまり親方の妻)を突き飛ばしたとかいう暴力行為によるものであった。

 今回も日馬富士は暴力行為で廃業するかもしれないのだから、プロレスファンで北尾を連想しないというのはあり得ないだろう。


 さて、「今までの元横綱のプロレスラー」と言えば……

●第40代横綱・東富士(何と力道山と同時代人。1958年引退、1973年没)

●第54代横綱・輪島大士(ひろし。全日本プロレス)

●例の第60代横綱・北尾光司(双羽黒。「スポーツ冒険家」を名乗った時期もある)

●第64代横綱・曙

 の4人である。


 そしてまた第68代横綱・朝青龍もまた、相撲引退直後はプロレス転向が一瞬報道されたことがある――

 幻の「MAP」という団体でである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/MAP_(%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9%E5%9B%A3%E4%BD%93)


 高須院長は、この4人はプロレス向きの体と動きではなかったと言っているのだが、さてどんなものだろう。

 仮に日馬富士が本当にプロレス転向したとしても、それでプロレスが復興するかと言えばそんなことはないだろう。

 それはただ、「やっぱりプロレスは“問題児の掃きだめ”」という、世間のイメージと嘲笑を増すばかりだと思う。



 また、たとえば新日本プロレスなんかが日馬富士を受け入れるとも思えない。

 それは全日本にも大日本にも、DDTにさえ言えることである。

 酒に酔ったら激高してビール瓶で殴ったり馬乗りで拳を落としまくるなんて人、団体にいてもらっては困る/怖いではないか。

(どうせマウントパンチをやるなら、まだしもRIZINに出て把瑠都との「元横綱vs元大関」対決をやった方がいいだろう。)



 しかし、それでも日馬富士を受け入れる団体があるかもしれないというのが、プロレスの底知れぬところである。

 引退した大仁田厚など、なんかいかにも日馬富士に電流爆破をやらせたそうではないか……

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/401-a405eeb2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR