Entries

DDT、サイバーエージェント傘下になる-これは21世紀のメガネスーパーなのか?

 この9月下旬、日本のプロレス界で大きな動きが2つあった。

 一つは、DDTがその全株式を譲渡し(株)サイバーエージェントの子会社になったこと。(9月22日発表)

 もう一つは、アントニオ猪木と決別したIGFが、中国において「東方英雄伝」という新ブランドを立ち上げたことである。(9月20日発表)

 このうち後者の方は「大きい動き」なのかと疑問符を付す人も多いだろう。

 正直私もこの件については先行き五里霧中なので――当のIGFさえ実際はそうなのではないかと思うが――、現時点では語ることを差し控える。


 しかし前者の方は、確かに虚を突かれる出来事である。

 これで、日本最大のプロレス団体である新日本プロレスが“現代のメンコ屋”ブシロードの傘下になったことに続き――

 今度はDDTが、(少なくとも若年層には)会社自体の知名度が大きいIT企業・サイバーエージェントという大物企業の傘下になったことになる。

 ブシロードもサイバーエージェントももはやプロレス団体のスポンサーではなくオーナーなのだが、しかしあえてスポンサーとしてみた場合、DDTは力道山時代の三菱電機などを除き、日本プロレス史上最大のスポンサーをバックに得たことになる。

 ここでちょっと、今現在のブシロードとサイバーエージェントの企業規模を比較してみよう。

(ネットでちょっと調べただけなのは、ご了承願いたい。)



【(株)ブシロード】

資本金 9億3,000万円(2017年9月)

ブシロード単体売上高 149億55百万円(2016年7月)

連結売上高 223億77百万円(2016年7月)



【(株)サイバーエージェント】

資本金 72億300万円(2017年9月)
  
連結売上高 895億円(2017年9月)

連結営業利益 118億円(2017年9月)




 と、このとおり、グループ会社を連結した売上高では895億と224億で、サイバーエージェント(長いので、以下「サイエー社」と呼ぶ)が4倍も上回る。

 しかもサイエー社はabemaTVという有力なインターネット放送局を持ち、ついでに言えば「サイバーエージェント」という単語をGoogleに入力すると「顔採用」という候補が出てくるほど、女子社員が美人ぞろいだともっぱらの評判である。

(たぶん彼女たちは、年収400万円台以下の男など鼻も引っかけないと思われる……というのは偏見だろうか?)


 これはもう、日本プロレス界にとっては「激震」であり「黒船」であるべきだ。

 しかも会社自体にネームバリューのある、日本で最先端を行くエリート企業の一つというイメージのあるサイエー社が買収に応じたのだから、それこそプロレスに興味のない人もDDTプロレスリングに振り向かせることができるというものだ。

 DDTのプロレスには買収するだけの価値があると、サイエー社は判断したということだからだ。

 これって、全日本プロレスやNOAHなどには、ものすごく羨ましいことではないだろうか。

 今の日本のほとんどのプロレス団体は、できることならこんな風に有名大企業・大資本に買収してもらいたいと願っているのではないか。


 しかし、さっきこの件のことを「黒船」と書いたが――

 古参のプロレスファンがもちろん思い出すのは、あのメガネスーパーが「SWS」という天龍源一郎を擁するプロレス団体を立ち上げたことがある、という故事である。

 なんと“メガネ屋”がプロレス団体を持つなどというSFみたいなことが、かつてこの日本では実際にあったのである。


(⇒ 2015年11月16日記事:天龍引退余話:リングに「メガネスーパー」の名!)


 あのときSWSが、ターザン山本が編集長である『週刊プロレス』に、さんざん「金権プロレス」「企業プロレス」などとバッシングされたことは極めて名高い。

 しかし今から振り返ってみれば、SWSは「時代を先取りしすぎた悲劇」の典型例のようなものだ。

 今DDTがサイエー社の傘下になったからと言って、そのこと自体を金権だのなんだのと叩いたり拒絶反応を示すプロレスファンはほぼいないだろう。

 むしろこれは間違いなく「明るいニュース」(もしくは「スゴいニュース」)として受け止めるのが当たり前なのだから、時代はやっぱり変わるのである。



 ところでSWSがわずか3年も持たずに崩壊した真因は、「親会社から出る莫大なカネを当てに、選手たちが少しでも多く甘い汁を吸おうとした」ことだと言われている。

 だがこの点についてもやはり時代は違うのであり、DDTがジャブジャブのカネ漬けの中で分裂・崩壊するようなことはないように思える。

 サイエー社を率いる藤田晋社長が熱心なプロレスファンとは聞かないし、今回の買収はあくまでビジネス上の冷徹な判断だろう。

 社長自身やその息子がプロレスファンだったメガネスーパーとは違い、カネをジャブジャブつぎ込むどころか、DDTにはとにかく収益への貢献を求めてくるに違いない。


 だから収益に貢献しない選手は、今まで以上に厳しい環境に置かれるだろう。

 そしてDDTの全株式を握っているということは、いつだってDDTを廃業することもできるのだ。

(むろんそうなったとしても、旧DDTの選手らは新たな団体を立ち上げるに決まっているが……)


 おそらくDDTは、abemaTVの有力コンテンツになることを見込まれ・期待されている。

 プロレスファンは他の何かのファンに比べてもハマり込む率が高いように思われるので、DDTの特別オリジナル番組などを流すなどして有料固定客を増やすこともかなり有望と思われる。


 はたして、史上最大級のスポンサー(オーナー)を得たDDTが、これからどうなっていくのか――

 かつて猪木・新日本と馬場・全日本の対立は、テレビ朝日と日本テレビという二大テレビ局の代理戦争とも捉えられたものだが……

 21世紀の今は、有力コンテンツ企業同士の代理競争の様相を呈してきたとも言える。


 やはり時代は、どうでもこうでも変わるのである。 

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/390-ca73ce12

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR