Entries

「中邑真輔またも王座戴冠ならず」とジンダー・マハルのWWE内幕インタビュー

 9月16日のWWE日本(大阪)公演で、中邑真輔はWWE王者ジンダー・マハルに再度挑戦し、またもマハル部下のシン・ブラザーズの乱入により王座戴冠を逃した。

 私は中邑がいずれ(たとえ短期間にしても)WWE王者になることをあまり疑ってはいないが、WWEも「気を持たせる」ものである。

 しかし、今年8月20日(日本時間8月21日)のWWE「サマースラム」での初挑戦からたった1ヶ月未満での王座戦リターンマッチ、しかもいずれも乱入で敗北という“格を落とさない”負け方をしている点、中邑の評価が日本人としてWWE史上最高であることはほとんど疑いない。

 そして9月12日(日本時間13日)のメイ・ヤング・クラシック・トーナメント(WWEが初開催する女子トーナメント戦)では、あのカイリ・セイン(宝城カイリ)が見事優勝を遂げた。

 決勝戦の相手はシェイナ・ベイズラー。彼女も他の選手も、全てあのダイビング・エルボードロップで仕留めている。

 まさにスターダムの景色そのものであったのだが、しかし宝城カイリがWWEでトリプルHに手を挙げてもらうなんて、たった2~3年前に予言者が予言していたらさんざんバカにされていただろう。

 げに動きの速きはプロレス界、である。



 ところで二度に渡って中邑を退けたWWE王者ジンダー・マハルが今年8月18日に受けたインタビューが、WWE日本版公式サイトに無料公開されている。

(⇒ WWE公式サイト2017年9月15日記事:【モバイル】WWE公式サイト ジンダー・マハル選手 独占インタビュー無料公開)


 その内容は衝撃的と言えば衝撃的で、WWEの試合は結末が決められていること、ただし「試合の途中で“やっぱり変えた。負けてくれ”と言われることもあるということが、非常にアッケラカンと語られている。

 しかしそれでいて、


「中邑との試合は本当に楽しみだ。

 じつは先日、彼の新日本プロレス時代の映像も見てみたんだけど、WWEに来てからの試合とは結構スタイルが違うなと感じたんだ。

 彼が隠し持っている武器として備えておく必要があると思う。

 まあ、動きが素早くて打撃が正確なのは、新日本時代も今も変わらないから、どっちにしろ手強い相手だよ。

 だが、中邑の強い打撃を受ける体は作ってある。全部受けきる覚悟もできてるよ。むしろ逆に、彼のほうが俺を甘く見ている部分はあるんじゃないか?」



 とも並行して語っているのだから、プロレスというのはつくづく奥深いというか――

 一般人ならワケのわからないものだと感じるだろうことは、つくづく思う。


 中邑もカイリ・セインもASUKAもヒデオ・イタミも、プロレスの内幕がこんなに明るく語られることのない日本から離れ、こういう世界で生きているのである。

 若干大袈裟に受け取るとすればこの「無料公開」インタビュー、日本のプロレス(及び日本のプロレスファン)への、WWEからの挑戦・挑発と取れないこともない。


(しかしそれにしても、WWEが公式に公開するインタビューなのだから当然と言えばそれまでだが――

 ジンダー・マハルの好漢ぶり・イイ人ぶりが如実に感じられるインタビューである。)


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/388-1659b18f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR