Entries

JASRACとプロレス入場曲 その2 著作権者(作曲者)の受けるフリーミアム利益について

 プロレスファンにとって、選手の入場曲(テーマ曲)とは大事なものである。

 それが聴けない(著作権フリーの曲に差し替えられる)から新日本プロレスワールドへの加入をためらう人は、相当多数に上るはずである。

 プロレス団体としてこれに対応する策は、むろん既存の曲を使わずオリジナル曲を発注して保有することだ。

 実際新日本プロレスなどは、少なくとも所属する生え抜き日本人選手の曲は、全てオリジナル曲にする方針でいるように見える。

(気の毒にベテラン選手の真壁刀義などは、既存曲『移民の歌』があまりに定着しているため、オリジナル曲への切り替えが難しい。

 きっと引退試合でさえも「ワールド」では差し替え曲が使われるのだろう。)



 しかしここで考えてみたいのは、既存の曲をJASRACへの(きっと、かなり高く感じる)使用料を払わずに使うのは、果たして著作権者(作曲者)に害を与えることだろうかということである。

 もちろん、まさに曲を聴かせるためだけに――他人の曲をCDに丸々複製して売るとか、自分のサイトへの集客のために流すとか、そういうことをするのは論外だろう。

 しかしながら、ネット中継でプロレス・格闘技の入場曲を(入場時と勝利時に)流すとか、

 音楽教室で演奏したり練習のため流すとかいうのは、本当に著作権者に害を与えているのだろうか。



 思うに、「プロレスから音楽に入る」というのはあり得る。

 逆に「音楽からプロレスに入る」というのもまたあり得る。

 プロレスを見ていて入場曲を聴き、「あっ、この曲いい曲じゃないか。何て曲なんだ、誰の曲なんだ?」と思い――

 ネットで調べてそのアーティストのファンになった、という人はかなり多いのではないか? 

 その曲とアーティストとは、プロレスを見ていなければ一生知ることがなかったか、たとえ前から知っていたとしても「買おうとするほどには」好きに感じなかったかもしれない。


 そして逆に、「プロレスなんて興味なかったけど、あのアーティストの曲が使われてるなら見てみよう」という人もいるかもしれない。

(しかしこのパターンは、なかなか少ないと言わざるを得ない。

 プロレスがほとんど地上波放送されていない今では、なおさらである。) 


 つまり既存の音楽は、プロレス入場曲に使われることにより――

 そうでなければ全然届けることのできなかった対象に、無料で認知されることができる。

 おそらく平田一喜が(その前にはマグナムTOKYOが)「TOKYO GO!」をあれほど踊ったせいで、その作曲者がジョン・ロビンソンだと知った人は多いはずである。

 その人たちの大部分は、プロレスを見ていなければジョン・ロビンソンの存在など一生知ることがなかったと思う。

 そしてさらにその中には、ロビンソンの曲を探して買った(CDでなくとも、ituneでダウンロードするなどして)人もいたはずである。


 高中正義はむろん“伝説のギタリスト”として有名であったが――

 しかし彼の『サンダーストーム』が天龍源一郎の入場曲になっていなかったら、彼の名を知りファンになった人の数は、トータルで相当減っていたと思われる。


https://www.youtube.com/watch?v=3OEhleDPdHE


 当然ながらJASRACの人たちも、「フリーミアム戦略(商法)」というものは知っているに違いない。

 フリーミアム商法とは、「最初は無料で提供し、それで大勢に知ってもらい/手を出してもらい、次いで有料バージョンに進んでもらう」ことを狙う商法である。

 これは確かに、何の実証もない考えではあるが――

 既存曲すなわちJASRAC管理曲がプロレス入場曲に「無料で」使われることによるフリーミアム効果は、けっこう無視し得ない程度ではないかと私は思っている。

 
 どこかの店や場所に行ったとき、たまたまそこに流れている曲を聴いて「あ、いい曲だ。誰のだろう。他の曲も聴いてみたい」と思うことは、多くの人が経験していることと思われる。

 特に音楽の場合は、そういうフリーミアムポイントをむしろ増やすことが、結果的に作曲者の利益増大に繋がる――


 そういう想定または戦略も、選択肢の一つとしてあるのではないか。

 もちろん、たとえそういう結果になったとしてもJASRACには一文も入ってこないわけだが……

 JASRACが著作権者の権利を守ることを存在理由にしている以上、そんなスタンスを取ることも一考してほしいと思う次第である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/368-559d6014

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR