Entries

世志琥、MMAで2連勝-マジでRIZIN出場もアリか?

 6月10日に韓国で行われたROAD FC大会で、世志琥がチュン・ソンユとの4ヶ月ぶり再戦に臨み、1ラウンド4分47秒で勝利し総合格闘技2連勝を飾った。

 なおこの試合の決まり手は「アメリカーナ」というが、V1アームロックのことを今はこう呼ぶそうだ。知らんかった……

 高橋奈七永のラウェイといい世志琥のMMAといい、このシードリング師弟、確実に他流試合で(プロレス以外の格闘技で)結果を出している。

 これはいかにアンチと言えども否定はできまい。

 何の根拠もないこととは言え、いよいよこの2人のどちらかがRIZINに出場するのではないかという心証が強まってきた。

(⇒ 2016年12月13日記事:高橋奈七永、ラウェイ戦に激勝! 神取忍に続くRIZIN出場はあるか?)

(⇒ 2017年2月12日記事:新日本「新しいプロレスの教科書」、世志琥MMA初陣勝利)


 なるほど高橋奈七永といえども、一般世間への知名度は残念ながらゼロに等しい。

 しかしあの世志琥の凶悪な表情がお茶の間(古い言い方だが……)に出現すれば、それはけっこうなインパクトを世間に与えるのではなかろうか。

 RIZINにとって、そういうのは非常に獲得したい素材であるはずである。


 
 それにしても、少なくとも日本では男子プロレスラーがMMAから総撤退したかのように見えるのに比べ、女子レスラーが逆に進出しようとしている現象は、とても興味深い。

 ひょっとしたら世志琥を見てプロレスラーを志したという山下りななんかも、いずれ参入する可能性がある。

(その前に、シードリングに移籍しそうでもある。)



 去年の大晦日のギャビ・ガルシアvs堀田祐美子では、一瞬ではあるが「女子プロレスの光景」が全国地上波でゴールデンタイムに流れるという、(大げさに言えば)奇跡のような時間があった。

(⇒ 2017年1月2日記事:RIZIN2016.12.31ギャビvs堀田 こんなにプロレスしちゃっていいんですか)


 果たして世志琥が、高橋奈七永が、今年の大晦日に地上波テレビに現れることがあるのか。

 そして神取忍は、ギャビと年末に戦えるのか。

 PRIDEの後継イベントが女子プロレスの祭典になる見込みがあるなんて、総合格闘技ファンも女子プロレスファンも、誰も思いもしなかっただろう……

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/366-a29d871f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR