Entries

極悪レフェリー・阿部四郎氏死去 失われた文明を夢に求めて

 かつて全日本女子プロレスで「極悪レフェリー」として非常に有名だった阿部四郎氏が、4月25日午前、肺炎のため死去した。享年76歳。

(このことは、なぜかZERO-1が発表している。なぜだろう。)

 女子プロレスが第二極盛期(第一期はビューティペア、第三期は対抗戦時代)にあった「クラッシュギャルズ VS 極悪同盟」の時代、レフェリー・阿部氏は疑いなく「名物男」だった。

 あのテレビ中継の(女子観客の声で)凄まじいまでの騒々しさの中、クラッシュギャルズが相手をフォールすればゆっくりとカウントを叩き、その逆だったら高速カウントをかます。

 今でこそ面白試合を演出するのに多用される演出だが、当時の若い女子観客は「本気で悪い奴」と怒っていた(のだろう)と思うと、まさに隔世の感がある。

 阿部レフェリーは団体から減給・出場停止処分を喰らったこともあるそうだが、今ならそれが団体としての「演出」だったことを疑う人はいまい。

 かつてプロレスは、本当に勝敗を争っているのだと思われていた。

 むろん世間の多数派はそれを八百長と受け止めていたはずだが、しかしそうでないと思っていた人(信じようとしていた人)の割合は、現代の数倍・数十倍にも及ぶだろう。
 
 以前の記事でも書いたことだが、「プロレス会場で観客の女子が金切り声を上げて大騒ぎする」あの光景は、今は絶えて見られない「絶滅した光景」である。

(⇒ 2016年4月29日記事:女子プロレスに女子観客は戻るか? 失われた文明の復活)


 今ではそんなことが普通だったなんて信じられないようだが、しかし確かに――しかもごく近過去に、それは確かに実在した。

 「失われた文明」に触れたいならば、何もアトランティスの探求に乗り出すには及ばない。ただサムライTVの「全女クラシックス」の80年代半ばの回を見ればよい――

 そして阿部四郎レフェリーは、言ってみればアトランティスにあったという超金属オリハルコンのようなものだろうか?(アトランティス大陸とくればオリハルコンの名も連想するという意味で)


 阿部四郎レフェリーはまぎれもなく、女子プロレス第二極盛期を代表する人物の一人だった。

 1980年代に地上波テレビで全女中継を見ていた人にとって、そして今でもプロレスを見ている人にとって、彼の訃報は(それはもちろん、いつか来ることだとはわかっているのだが)多くの記憶を――

 あの、今となっては夢のような記憶を思い起こさせるものになっただろう。

 果たして女子プロレスに第四極盛期というものが来るのか、世の中何が起こるかわからないとはいえ、はなただ可能性は少なそうだが――

 しかし、ファンの記憶は永遠である。
 
 阿部四郎さん、ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/358-cc6a31ee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR