Entries

新日本ヤングライオンの凄まじさ/棚橋弘至久々のメイン締め

 4月23日後楽園ホール大会では、新日本プロレスのヤングライオン陣4人が勢揃いするタッグマッチ――

 「川人拓来&岡倫之 vs 北村克哉&海野翔太」が第1試合に組まれた。

 これを見た人は、とてもヤングライオン(要するに新米、グリーンボーイ)同士の試合とは思えないという感想を抱いたに違いない。

 特に北村克哉のあの肉体は、ゼウスやボディガーと同じタイプと言えばそうだが――

 にも関わらず初めて見る人に、関本大介の体型を上回るインパクトを与えるものだろう。


 彼と岡倫之は、全日本(アマチュア)レスリングチャンピオンでもある。

 海野翔太はこの中でも一番若く、まだデビュー3戦目に過ぎないが、新日本で(かつてはWARで)レフェリーを務めるレッドシューズ海野の実の息子である。

(ただし、レッドシューズは「うんの」だが、翔太は「うみの」と読む/読ませている。

 やはり親の影響をイメージさせるのを新日本も嫌っているのだろう。)  

 思うに海野は宿命的なハンディキャップを負っている。どうしても「親のコネ」という言葉が万人の頭の中をちらつくからである。

 これを払拭するには人一倍恭謙でなくてはならないと同時に、試合でも人一倍インパクトを残す努力が必要になる。


 そしてそれは4月23日の試合では、実現できたように感じる。(ドロップキックは上手い。)

 さてそうなると、かえって注目が集まるのは川人拓来だ。

 この4人の中で一番先輩なのにもかかわらず、彼には格闘技のバックボーンも、他にこれといった注目点もない。

 身長・体型もごく“普通”であるし、最もグリーンボーイらしくヤングライオンらしく見える。

 こういう「凄すぎる後輩を持つ、何もない先輩」というシチュエーションは、どうしたってファンの応援心をくすぐるものである。


 おそらくほんの数年後、彼が岡や北村とシングルで戦って勝利することに、説得力を感じる人は少ないだろう。

 しかしそれだからこそ、ファンは川人を応援したくなるものだ。

 川人がこれからどんな戦いを見せるのか、注目したい。

(個人的には、NOAHの清宮海斗と良きライバルになりそうな気もする。) 


 さて23日のメインイベントは「棚橋弘至&ジュース・ロビンソン vs 内藤哲也&EVIL」のタッグマッチで、棚橋組が勝利。

 この試合、「危険すぎる技」を使わないで会場を盛り上げた、素晴らしい試合だったと思う。

 そう、まるで、先日のオカダvs柴田勝頼をはじめとする“新日本ビッグマッチにおける四天王プロレス”へのアンチテーゼのような試合に思えたのだ。


 そして最近、落日に入って久しい棚橋にとっては、実に久々のマイク&エアギターのメイン締めとなった。

 観客もまた、「古き良き時代の新日本の締め」を待ち望んでいたかのように、大いに沸いていた。

 棚橋が徐々に後景に退いていくのは、もう世の習いというか必然的なことである。

 それはまた新日本にとって、健全な新陳代謝というものにも違いない。

 だがやはりファンにとっては、もう少し棚橋に新日本の中心(近く)にいてほしい――

 40代になった棚橋に、もう一花咲かせてほしい/持たせてほしい、と思うのが人情だ。

 おそらく棚橋は、4月29日レスリング豊の国(大分・別府大会)スペシャルシングルマッチでEVILに勝つのではないか……

 さすがにそれを皮切りに、もう一浮上するのではないか。


 これが願望混じりの、試合結果予測である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/357-db897302

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR