Entries

ボーン・ソルジャーはどこへ行った?

 ケニー・オメガをはじめとするバレットクラブは約1ヶ月の間隔を経て新日本プロレスのリングに戻ってきたが、そこにボーン・ソルジャーの姿はなかった。

 いったい彼はどこへ行ってしまったのか……

 そう思っていた最近、複数のプロレスブログで、新日本公式サイトの選手紹介からボーン・ソルジャーの項目が消えていることを初めて知った。

 さっそくサイトを見てみると、確かにボーン・ソルジャーの名はどこにもない。

 「ボーン・ソルジャー新日本退団説」が出るのも不思議はないというものだ。 


 思えばボーン・ソルジャー、元キャプテン・ニュージャパン、元ヒデオ・サイトー、本名:平澤光秀とは――

 最近のプロレス界において、不可解なまでに冷遇・低評価されてきたレスラーの代表格だったと思う。


 どうして彼がこんなにも花を咲かせられないのか、いやもっとはっきり言えば、ファンからも花を咲かすことを願われていないのか、疑問に思ったことのない新日本ファンはむしろ数少ないのではないだろうか?

 彼が最も輝いた時代は、キャプテン・ニュージャパンだった期間である。

 あれはコミカルレスラーとしては相当いい線いっていたと思うが――キャプテン・ノアとかキャプテン・オールジャパンとかの派生形も生んだのだから――

 しかし“真面目な”タイトル戦線に絡むことは望むべくも(望まれるべくも)なく、実際一度も王座挑戦したことはない。

(ただ、狂人キャラのヒデオ・サイトーよりは挑戦の可能性は高かったろうが……)


 これは多くの人が感じていたと思うが、平澤は基本的に陽性のキャラクター(性格)ではないようだ。

 きっと木訥で控えめで、イケイケドンドンとかハッチャけた言動などは生理的にできない/したくないタイプなのだろう。

(NOAHで言えば、マイバッハ谷口がこれに近いタイプだろうか。)

 たぶん彼には、たとえば高橋ヒロムのような振る舞いは、やろうとしてもできないのだろう。


 やはりプロレス界では、こういうタイプは成功しない(しにくい)のかもしれない。

 そして言いにくいことだが、これだけキャラチェンジしてなお成功しないということは、本当にプロレスの(レスリングの、ではない)才能はないのかもしれない。



 それにしてもプロレス界とは本当に不思議・不可解なものである。

 女子レスラーには元ひきこもりが複数人いて、それなのにレスラーとして高い評価や人気を得ているというのに――

(一例として、スターダムの岩谷麻優)

 本物のレスリングで高い実績を残した平澤のようなレスラーが、ファンからも(引いては会社からも?)明らかに軽く見られるのだから。

 このことだけでも、「プロレス」と「プロのレスリング」が、全く縁もゆかりもないほど違うものだと感じられるというものだ。

 
 しかし私は、それでも平澤の活躍を期待している者である。

(まだ新日本を辞めたとも決まっていないし、たとえ辞めても他団体やフリーで復帰することはあり得るのだから……)

 世の中、イケイケドンドンの性格の人ばかりではない。陽性のキャラクターばかりではない。

 どうしてもハッチャけられない(会場で声を出して喜色満面で応援することが性格的にできない)プロレスファンだって世には大勢いるはずである。

 そういう人たちが密かに応援できるようなレスラーも、当然いてもいいのではないだろうか。

 持ち前のレスリング技術「だけ」で勝負するようなレスラーも、それはそれで特色を出せるのではないだろうか。


 ひょっとして平澤自身も、(その発案が彼自身だったか会社からか他人の「助言」からかはわからないが)これだけのキャラチェンジとそれにも関わらず境遇に変化がなかったことについて、ウンザリ感を抱いているかもしれない。

 しかし人間、無理にキャラを演じるよりも、やはり素の自分でやっていく方が一番でありリアルである。

 どうか平澤光秀にはこんな形でひっそりと退団・引退するよりも、もう一度リアルに勝負を賭けてほしいものである。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/345-02671f31

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR