Entries

内藤哲也の「正論」の虚実皮膜

 IWGPインターコンチネンタル王者である内藤哲也は、“春の最強戦士決定トーナメント”とされるニュージャパンカップに出場すると宣言していたが、出場は認められなかった。

 同じくNEVER無差別級王者の後藤洋央紀も、出場を希望しながら認められなかった。


 なぜかというと、「ニュージャパンカップの優勝者は、IWGPヘビー級、IWGPインターコンチネンタル、NEVER無差別級の3王座の一つを選んで挑戦できる」というシステムによるものとされている。

 これについて内藤は、

「ニュージャパンカップって、やっぱり最強“挑戦者”決定トーナメントじゃないか」(=予選じゃないか)

「タイガーマスクWと試合したいという(IWGPヘビー級王者)オカダ・カズチカの希望は簡単に叶うのに、同じ王者である自分と後藤の希望は叶わない。三つの王座が同じ価値だなんて前提の「3王座選択挑戦制」はウソじゃないか」


 と言っている。


 またしても内藤の「正論」であって、こういうところにプロレスファンは支持を寄せる。

 しかし同時にプロレスファンの性(さが)として思うことは――


 「これもまた、新日本という会社のシナリオじゃないか」あるいは「新日本と内藤の“共犯”じゃないか」という勘ぐりである。

 先日の真壁刀義20周年大会で、真壁は「オレにしかできないことをやるため」ニュージャパンカップへ出場しないと宣言した。

 もちろん新日本は、ニュージャパンカップを盛り上げたい。

 そして一般的には、(チャンピオンだろうが何だろうが)内藤も後藤も真壁も参戦してもらった方が盛り上がると考えるべきである。

 しかも内藤はあれだけ堂々と参戦したいと言っていたのだから、認めれば良かったんじゃないのと思いたくなる。
 
 なのにそうしなかったのは、何かの“溜め”を作ってストーリーを展開していくつもりではないかと、ファンは感じるものである。

 いったい内藤哲也は本当に新日本を批判しているのか、そういう役回りなのか、互いが互いを利用しているのか――

 新日本は、一選手の自らに対する(本物の)批判に“乗っかり”、それを増幅させようと意図しているのか――

 内藤と新日本の間には「こういうやり方で行こう」と話し合いができているのか――



 これはまさに、最近のプロレス界における“虚実皮膜”のもっとも顕著な例である。

 その真相はともかく結果としては、内藤と新日本は今のところ共存共栄を遂げる形になっている。

 まったくプロレス界というのは、“勘ぐる楽しさ”というべきものをふんだんに湛えている場所だ。

 これほど世の中の“参考になる”世界というのは、他にないのではないかと思えるほどである。


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/343-e65a1e4a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR