Entries

新日本11.5大阪PowerStruggle短感

 スカパーテレ朝チャンネルの生中継で、11月5日・新日本大阪大会を見た。

 いつもの例により、感想を短く書いていく。


(1) 時限爆弾は「高橋広夢」の帰還だった

  数ヶ月前から新日本の大会の休憩時間前後に流されていた「時限爆弾」のカウントダウンだが、その正体は海外遠征中だった高橋広夢の帰還だった――

  このことは、ファンの間では最大多数予想だったはずである。

  「やっぱりか」との冷めた感覚が会場に流れてもおかしくなかったのだが、しかし実際は会場は歓声と歓迎ムードに包まれていたようだ。

  この件には意外なことが2つあり、一つは広夢が海外遠征中のリングネーム「カマイタチ」ではなく本名で現れたこと。

  もう一つは、1.4東京ドームでジュニア王座への挑戦表明を受けた新王者・KUSHIDA(BUSHIを下して王座奪取)の方にはっきりとしたブーイングが浴びせられたことである。

  KUSHIDAへのブーイングについては、やはりBUSHIとの試合中に出した「マサヒロ・タナカ」なるナックルパートが直接の原因を成しているだろう。

  プロレスファンは不合理かもしれないことに、毒霧を吐くより椅子で叩くより、拳で殴ることの方をはるかに深刻で悪質とみなす。


 (しかしそれも、レスラーによる。天龍源一郎のグーパンチにブーイングを飛ばすのは、よほどの変人――本気でアタマのおかしい人である。)

  さて、近年の新日本で「海外遠征から帰還した選手の初登場」がこんなにファンから歓迎されたのは、初めてのことである。

  オカダ・カズチカは「顔じゃねぇ」と言わんばかりのブーイングを受け、

  内藤哲也の「パレハ(友人)」としてスカルマスクを脱いだEVIL(渡辺高章)は「誰これ?」というような沈黙を引き起こした。

  それが広夢ではそうならなかったのは、やはりオカダとEVILの先例のおかげである。

  ファンはもう、海岸遠征から帰ってきた若手というのは「素晴らしい活躍を見せる選手」になるということを学習したのだ。


  しかし高橋広夢、新日本では本名でやっていくのだろうか。

  高橋という名字はすでに高橋裕二郎がおり、プロレス界全体を見れば高橋奈七永もいる。

  私としては「カマイタチ」は必殺技の名前にして、リングネームは本名以外を使った方がいいと思うのだが……

 (おまけに「広夢」という本名は、どうやったってベビーフェイスにしか見えない字面でもあることだし。

  また“レインメーカー”オカダ・カズチカの必殺技が「レインメーカー」、EVILの必殺技が「EVIL」、ボーン・ソルジャーの必殺技が「ボーン・ソルジャー」というパターンは、新日本の新たな伝統になっているようだし。)




(2) EVILのNEVER王座奪取・初ベルト獲得

  柴田勝頼を破り、EVILがNEVER王座を獲得した。

  この試合、予想どおりEVILがパイプ椅子を使って柴田をさんざん痛めつけて勝利したのだが――

 (KUSHIDAがナックルを使ったのとは違い)会場の反応はむしろ暖かいとさえ言えるものだった。

  普段からそういうことをしていれば、見る方も慣れてしまってそれをたいして悪いこととは思わない、という理由もあろうが、やはり根本はEVILの戴冠をみんな願っていたのではないだろうか?(素直に言えば私もそうである。)

  NEVERは「トップ戦線未満の中堅層のための王座」という側面があるが(一つの団体に何本もベルトがあれば、当然そういうベルトが出てくる)、EVILならもうそれを獲ってもいい頃だ――

  ファンの大多数にそう思わせることができれば、もはや王座は獲ったも同然と言っていいのだろう。

   

(3) 内藤の「面白い仕掛け」は今回不発&1.4東京ドームで内藤vs棚橋のIWGPインターコンチ戦

  (1)の時限爆弾と並んでファンの憶測を呼んでいたのは、内藤哲也の言っていた「11月上旬に面白い仕掛けを考えている」との言葉である。

  しかしそれは今大会では明かされず、内藤の口ぶりからはこれから始まるワールドタッグリーグ戦で明かされるようである。

  なお、今大会メインの内藤vsジェイ・リーサル(IWGPインターコンチネンタル王座戦)は、当たり前のようだが内藤の勝利。

 (そりゃ、リーサルが勝ってもどうやって話を続けていくというのだ――どうやったって話が続いていくのが、世界の歴史とプロレスなのだが。)

  しかし真のメインは、その後の「棚橋弘至による、1.4東京ドームでの内藤とのインターコンチ戦要求&内藤の受諾」だった。

  正直私は、棚橋が次の東京ドーム大会で7年連続のメイン登場を実現させ得るとは、カケラも思っていなかった。

  「思ってもいなかった」ということは、結局「そうなってほしい」との願望もなかった、ということだろう。それほど棚橋は今年、精彩を欠いていたということだろう。

  だが、恥ずかしながら、今日になってハタと気付いた――

  「内藤vs棚橋のインターコンチ戦」と「オカダvsケニー・オメガのIWGPヘビー戦」との2つがあるとき、何もなければ当然後者がメインとなる。

  しかし、(おそらく内藤がそう主張するだろうように)もしどちらをメインにするかをファン投票で決めるなら、これは前者がかなり有利になるのではないだろうか?


  なるほど「オカダvsケニー」をセミファイナルに降格するのは、ファン心理としても忍びがたいものがあるには違いない――

  だがそれでも、「内藤vs棚橋」に投票するファンの方が、たぶん多くなりそうだ――と、誰しも思うはずである。

  そうなると「内藤の復讐」と「棚橋の連続メイン出場記録」を同時に達成するというように「話をつなげる」ことができるのだ。

  これ、初めからそういうシナリオを考えて実行しているのだとしたら、実に見事なことではないか?


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/324-8d466468

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR