Entries

鈴木軍の繋ぐNOAHと新日本

 前回記事で書いた「鈴木軍興行」だが、そのカード内容は

「新日本 vs NOAH」及び「新日本&NOAH連合軍 vs 鈴木軍」で構成されていた。

 これを見て一目でわかるのは、鈴木軍という「第三のリング」が新日本とNOAHの交じわる場となっていることである。

 むろんこれは、新日本とNOAHが協力関係になければあり得ないこと――

 ちょっと前からいつの間にか、新日本の公式サイトではNOAHの試合結果などが平気で掲載されるようになった。

 言うまでもなくこれは、新日本がNOAHの情報発信をサポート――要するに、NOAHという団体をあからさまに「支援」していることを示している。

 ちょうど1年前の3月、本ブログでは「NOAHは現代のUインターか?」という記事を何本か書いた。

(⇒ 2015年3月18日記事:NOAHは現代のUインターか? その1)

(⇒ 2015年3月21日記事:NOAHは現代のUインターか? その2 テレビ局の支援)

(⇒ 2015年3月21日記事:NOAHは現代のUインターか? その3 メジャーからインディーへ:本来の姿への回帰)

(⇒ 2015年3月22日記事:NOAHは現代のUインターか? その4 ノア全敗と傭兵隊長・鈴木みのる)

(⇒ 2015年3月24日記事:NOAHは現代のUインターか? その5 「新日本幕府ノア藩」の成立)

 それから1年後の今、新日本によるNOAHの「接収」は、NOAHファンにとってもさほど悲劇的とは受け止められずに、密かに終わってしまった観がある。

 それどころかNOAHには復興の兆しが見え始めた、とさえ言われている。

 変な言い方になってしまうが、どうもNOAHは新日本の衛星国としての地位を確立したようにも見える。

 おそらく新日本とNOAHのフロント陣は、「NOAH勢がこぞって新日本のリングに乗り込む」とか、「新日本の主力トップ勢(オカダ・棚橋らのこと)がNOAHのリングに登場する」という形での“協力関係”は露わにしたくないのだろう。

 もしかすると本当にかつてのUインターのことが念頭にあって、直接全面戦争の形を取りたくないと意図しているのかもしれない。

 Uインターに限らず、新日本と全面戦争した団体は大日本プロレスを除きほとんど滅び去っている。

 新日本の方針がNOAHの救済にあることは明らかなので、相手団体を滅亡させた実績のある全面戦争パターンをわざと回避している、というのは大いにあり得る話である。

 だから、両団体が交わる格好の場が、鈴木軍という「第三のリング」というわけだ。

 しかしこれ、初めから鈴木軍をそういう役回りにしようとした深謀遠慮の帰結なのだろうか?


 鈴木軍はNOAHへのテコ入れのために結成され、新日本によりNOAHへと送り込まれた。

 これは確かなように思えるのだが、それにしても「鈴木軍」というのはこれ以上なくストレートでダサくさえあるネーミングである。

 それが新日本とNOAHを繋ぐ、プロレス界でも有数の重要な「団体」になったのは、やはり鈴木みのるら所属選手の力量と見るべきなのだろうか?


 むろん鈴木軍は「団体」ではない。しかし団体と称してもよい選手数を擁している。(今のところ10人)

 「ユニット」と言うべきなのかもしれないが、私としては「プロレス集団」と言いたいところである。

 互いにメジャーと称された他団体を支援するため送り込まれ、両団体の結節点となるリングを提供する――

 こういう傭兵集団は、今までのプロレス界で思い当たる例がない。(私が思い当たらないだけかもしれないが)

 鈴木みのるはパンクラスという「未来の総合格闘技団体」の創設者であったばかりでなく、そういう「プロレス集団」の創始者ともなった。

 となると鈴木みのるはプロレス史において相当に重要な地位を占めることになるのだが――

 果たしてその行く末は、どんなことになるだろうか? 

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/275-6aa93f2a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR