Entries

内藤哲也「ケイオスこそ本隊ですよ」~言葉のプロレスリング

 3月16日(水)放送のサムライTV・バトルメンには、ロス・インゴベルナブレス・ハポンの内藤哲也とBUSHIがゲスト出演していた。

 そこで内藤は、次のようなことを言った。

●「CHAOS(ケイオス)と本隊は合体したらいいんじゃないですか」

●「(ケイオスのオカダ・カズチカの後ろには木谷オーナーが付いているのだから)ケイオスこそまさに本隊ですよ」

●「本隊って、どこにも所属してない選手の集まりでしょう。一番意味のわからない集団。あれってユニットって言うんですか」



 いやはや、「ケイオスこそ本隊」というのは卓見である。まさにそのとおりである。

 トップであるオーナーがオカダ推しを公言しているのだから、確かにオカダの所属するケイオスが「新日本の本隊」には違いない。


 レスラーによるこうした発言を聞くと、自然と「言葉のプロレス」というフレーズが頭に浮かんできてしまう。

 そして内藤は今、日本で最もそれに熟達したレスラーということになるだろう。


 なお、「新日本の本隊批判」は、昔から言われてきたことである。

 その批判内容も、今回内藤が言ったこととほとんど変わらない。

 むかし国会議員の中にも「無所属の会」というのがあった。政党に属しない議員たちの会なのであるが、たぶん誰もが「それじゃ無所属じゃねーだろ」とツッコミを入れずにいられなかったはずだ。

 新日本の本隊というのはその逆で、ユニット無所属である選手が何となく「本隊」に分類されている。

 これは慣例のようなもので、ファンも何となくそういうものだと受け入れている。言ってみれば「逆・無所属の会」である。



 それにしてもこんな発言を連発していれば、内藤の人気や支持が高まるのも当然のことだと思う。

 次のIWGPヘビー戦でオカダに勝とうが負けようが、オカダの動向より内藤の動向の方に関心が集まるのは無理からぬこと――

 私はバトルメンを必ずいつも視聴しているわけではないが、やはり内藤の出る回はぜひ見たいと思う。

 「言葉によるプロレス」ができるかどうかもプロレスラー(と言うより、全ての人間)の重要な力量だと、よく実感できるというものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/272-45cd289e

トラックバック

コメント

[C46] 新日本が公にノアを傘下に

メキシコから帰国後、裕次郎とのコンビを解消してからの内藤は迷走が続きましたが、今回のキャラチェンジで、見事に確たる地位を築き上げられましたね。

内藤は、もうこれで大丈夫でしょう。
確固なキャラを確立したということは、勝っても負けても、キャラがブレないということですからね。

前回の東京ドームのセミとは違い、今度のオカダカズチカ戦は、中邑真輔やAJスタイルズや飯伏幸太ら主力がごっそり抜けた後の新日本の主導権争いという重要な意味を持つことをなりました。

しかし、あれだけごっそりと選手をWWEに持っていかれたのに、ビクともしないところに、今の新日本の勢いが本物だと感じざるを得ないですね。

ただし、早急な選手補充は追い付かず、第三世代を再び引っ張り出すことになりましたが。


ところで、本日より、新日本の公式アカウントが、Twitter と facebook で、ノアの情報 (試合結果速報や、大会情報) を発信しはじめました。

これは、かねてより噂になっていて、このブログでも指摘されていた「新日本が2軍としてノアを傘下に収めた」ということを暗に認めたことになります。

「新日本プロレスワールド」でノアの試合が配信される日も近いかもしれないですね。

これもこのブログで、以前指摘されていた新日本プロレスの対WWE線路の一つと言えると思いますが、いかがですか?

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR