Entries

副業禁止は明白な憲法違反ではないか? その1 自由の抑圧を支持する人たち

 先日、何とも対照的なニュース記事を二つ読んだ。

 一つは、あの昔の大橋巨泉の「クイズダービー」冒頭のCMで名高いロート製薬に関するもの。

 2月24日付け朝日新聞デジタルによると――

 この4月から正社員1,500人を対象に、他の会社やNPOで(終業後・休日に)働いて収入を得ることを認める。

 社外で得た技能・人脈を自社に持ち帰ってもらい、ロート製薬自身のダイバーシティ(職場の多様性)を増進させるのが狙いだという。



 もう一つは、いまや日本屈指のブラック企業として名高い「アリさんマークの引越社」に関するもの。

 その社員・アルバイトに、「社員2人以上での飲酒はしない」との契約書を書かせていたのがわかったという。

 そして実際に、それが発覚して懲戒解雇になった例があるという。

(J-CASTニュース 2月19日付け記事)


 さて、「副業禁止」はたいていの企業が実施している方針である。認めるにしても、申請と許可を条件にしている。

 そしてアリさん社のように、私生活にまで及ぶ禁止事項を社内規定で(または暗黙の雰囲気で)定めている職場も、決して珍しい存在ではない。

 現に今回のアリさん社のやり方を、「飲酒で翌日の仕事に穴を開ける奴がいるんだから、しょうがないだろう」と擁護する人も多いと思われる。

 むしろこの点、「厳しいが、それだけちゃんとした会社」と好評価する人も少なくないはずである。

(よほど酒を飲んで翌日欠勤する従業員が多かったのだろう、手を焼いていたのだろう、程度の低い奴の多い・程度の低い会社だ、と思うことももちろん可能。)


 私はこの「副業禁止」というもの、明らかにおかしいと思う。

 それは「集団的自衛権」などよりはるかに重大な、明白な憲法違反だと思っている。


 これについては著作『尊敬なき社会(下)』でも書いているので、引用しておこう。


(引用開始)*******************************


【小見出し】現代日本の雰囲気――「国の抑圧は許されないが、職場の抑圧は受け入れるべし」

 (中略)

 しかし考えてみれば、副業を禁止するというのは個人の収入源をたった一つに限定せよということである。

 ごく素直に見て、これが奴隷化のかけ声でなくて何だろう。

 現代日本人のほぼ全員は奴隷制を否定するはずである。それなのに副業禁止は当然の常識的な規定と考える。

 副業するなど考えるだけでも不遜で不真面目、反道徳的と感じる人は決して少なくない。

 これを読んでいるあなたも、かなりの確率でそう感じる人なのではないだろうか?

 (中略)

 国でさえ出版の制限だとか内容の検閲をすることはできない。

 出版すること自体を、あるいは出版物の内容を事前に申請せねばならないとでもしたら、自由の重大な侵害とみなされボロクソ言われるのが当然である。

 これにはあなたも同感だろう。

 では、国でさえできないことを、なぜたかが職場の人間にはできると思うのか。どうして職場の許可を受けるべきだと普通に思ってしまうのか。



(引用終わり)*******************************
 

 副業禁止とは、「おまえの収入源はオレの(オレらの)とこだけに限れ」ということである。

 個人の生活を、たった一つの組織に全面的に従属させることである。

 そのたった一つの組織の勤務時間外、すなわち個人のプライベート時間をも拘束するやり方である。

 これを奴隷化と言わずして何と言おう。


 こんな明白な事実にも関わらず、世の人の(おそらく)過半数以上が副業禁止を「当然のこと」「妥当なこと」「やむを得ないこと」と受け止めている。

 あなたの自由を抑圧するのは国家などでは全然なく、ひとえに「身近な他人」であると、私が強く主張するゆえんである。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/261-b6965748

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR