Entries

恋愛離れと未婚率上昇の真因 その5 甦る家康の旗―「ろくでもない現実を離れ、個人の楽土を追い求めよう」

 人間関係を持つことをリスクと捉え、嫌がる心理。

 これが恋愛離れと非婚化の根本にあることを、今まで綴ってきた。


 ここで思い起こされるのは、あの徳川家康の旗印「厭離穢土欣求浄土(おんりえど・ごんぐじょうど)」である。

 “穢らわしいこの世を厭(いや)がって離れ、清らかな楽土を追い求めよう”――

 とても戦国武将らしからぬ、しかも天下人であり260年続く王朝を打ち立てた戦国最終覇王とは思えないほどのダウナー系の文句である。

 しかしこの旗印、まさに現代日本人が掲げるにこそふさわしいものと思えてならない。


通販サイト「戦国武将 旗・馬印」httpasahi.shop-pro.jpより
通販サイト「戦国武将 旗・馬印」より http:asahi.shop-pro.jp



 おそらく時代の流れは、「目上の人」に「ご苦労様です」と声をかけるのはマナー違反かどうか、などという濃密でメンド臭い「人間関係道徳」を消す方向に進むはずである。

 なんとなれば、それが庶民の内なる真なる願いだからである。(と、私は思う。)


 たぶん今の日本に生きる相当数の人間が、特に若い世代が、そういう生活を願ってもいるし実践しようともしている。

 仕事上でこそ客とも同僚とも(生活のためにやむを得ず)付き合うが、プライベートでそんな関係を築くのは真っ平御免と思っている。

 いや、正確を期すならば、「純粋に自分が付き合いたい人間とだけ付き合いたい」と願っている。

 それは甘えだ逃げだという人は絶対に多いが、しかし反面、人間として当たり前でまっとうな願いであることは疑いない。



 人間関係の脅威――クレームだのイジメだのといった、ニュースで見聞きし実際に体験もする諸々の事象――に満ちた現代日本というこの社会は、家康の掲げた「穢土」(穢れた土地)である。

 そして「浄土」とは、現代日本人の誰かにとってはアニメなどといった二次元の世界であり、また他の誰かにとってはプロレスやその他の趣味の世界である。

 そういう世界を追い求め、入り浸っていたいというのは、全くもって自然・当然な人民の願いと言わねばならない。


 奇しくも今年2016年は、家康の死後ちょうど400年となる。

(そう、「たった」400年しか経っていないのだ。100歳の人が4人分である。)


(⇒ 2015年11月30日記事:複数の時代を生きる/過去と現在は意外と近い/今年生まれた子は22世紀を生きる)


 その旗印は甦り、現代日本人はその下に集うべきなのかもしれない。

 厭離穢土・欣求浄土とは、多くの日本人がすでに実践している/実践したがっている生き方だからである。



 死んだ家康は「東照大権現」という神になったが、その神威はついに庶民にまで広がり根付くことはなかった。

 江戸時代の真っ只中ですら各地の神社で祭礼が行われるようなこともなく、今も家康を祭神とする神社なんて東照宮ぐらいのものだ。

 「お伊勢参り」が流行したことでもわかるように、江戸幕府の神祖・家康は、ついに従来系(朝廷系)神道を凌ぐことがなかった。

 政治上では二百年も朝廷を抑圧できても、宗教上では話にならないボロ負けであった。

 しかしこの現代においてこそ東照大権現・家康は、人々の守護神になれる資格が生じたのかもしれない。


 人は死に、社会の構成員は変わり、従って社会の雰囲気は必ず絶対に変わる。

 いつか我々は、「望まない人間関係」を結ばないで済む社会へ到達するに違いない。

 その過程では、そういう状態に近づけようとするビジネスやテクノロジーが躍進・発達するはずである。

(その先陣を切るのは日本だという気がしてならない。そして日本人は、そうでない段階に留まっている社会をバカにするだろう。)


 逆説的ではあるが、その時こそ恋愛離れと非婚化の流れは止まり、反転するのではないかと思われる。

 そしてその恋愛・結婚の相手というのが、「心を備えた人造人間」であることも、決して夢物語ではない――



【蛇足】

 これから約1週間、ブログの更新を休止します。(本業でのカンヅメ研修に参加するため)

 この1週間はプロレスはおろか、日々のニュースも自分のブログさえも見れないかと思いますが、

 研修が終わったら遅れを取り戻していきたいものだと思っていますので、よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/249-d1810638

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR