Entries

RIZIN バルトvsジェロム・レ・バンナと曙vsボブ・サップ その3

 今度の「曙 vs サップ」はシュートボクシングルールである。

(レフェリーはシュートボクシング創始者:シーザー武志。)


 使えるのは打撃と投げ技・立ち関節技、しかし寝技は認められない。

 今の曙は46歳、ボブ・サップは41歳。年齢的にそれほどの差はない。

 とは言っても、打撃面ではサップの方がまだしも手早く出せるだろう。


 しかし曙が有利な点は、長らくプロレスをやり続けてきたことである。

(これこそが致命的な弱点だという人も多いはずだが、私はそう見ない。)


 いくら曙を低評価する人だろうと、あの超巨体で10分超え20分超えの試合をやり続けてきた(動き続けてきた)スタミナ力は認めざるを得まい。

 そういう運動に慣れたことによるスタミナ増加は、年齢による低下を補って余りあるように思えるのだ。

 たぶんサップは、そんなに長時間動き続ける練習などやっていない。(ランニングとはまた別である。)


 それならば長期戦に持ち込み、巨体を活かした寝技(押し潰し)に持っていければいいのだが、むろん寝技は禁止されている。

 では立ち関節技・投げ技はどうかと言えば、プロレス戦ならいざ知らず曙の体型ではかなり難しい。

(ただしこの点、サップも似たようなものかもしれない。)

 キック戦は論外なので、非常に平凡な予測ではあるが――

 曙はとにかく頭部を徹底的にガードして、一発の好機を待つ作戦になるのではないだろうか。



 ただ結局、曙の勝機というのは、「相手がボブ・サップである」という一点に集約される気もしないではない。

 サップは「ゴングが鳴ったら契約成立、後は怪我しないようヤバくなったら早めにタップする」と公言している人物である。

 文句を言うならオマエが治療費を払うのか、後遺症の面倒を見てくれるのか、という彼の主張は非常に正しい。

 そしてそんなことを公言していても、どんなに連敗しても観客にバカにされようとも――

 こうしてまたビッグマッチのオファーが来るのだから、ますます正しい姿勢だと思わざるを得ない。



※ちなみにサップは、2011年3月11日(偶然ながら東日本大震災の日)のADFC(アブダビ・ファイティング・チャンピオンシップ)出場以来、MMAは12連敗中である。



 ただ、新日本のIWGPヘビー級選手権試合の前には、歴代王者の写真が次々流れる映像がスクリーンに映し出されるのだが――

 あれにボブ・サップが映るとき、昔からの新日本ファンは慚愧の念に近い感情を持つのではないかと思う。

 あれこそが新日本の「暗黒時代」、黒歴史の象徴と感じているのではないかと思う。




※サップは第37代IWGPヘビー級王者。

 2004年3月28日に佐々木健介を破って戴冠、同年5月3日に中邑真輔を破って初防衛成功。

 同年5月22日のK-1 ROMANEXで藤田和之と対戦し敗北、試合後にIWGPヘビー級王座を返上した。



 もし曙の「一発」がサップに入れば、大方の予想どおりサップはタップするだろう。
 
 しかしそんな相手だからこそ、敗戦するリスクはべらぼうに高いものになる。



 2003年12月31日、K-1ルールでのボブ・サップとの初戦で――

 曙は、あの有名な「カエルダウンポーズ」で無残な失神KO負けを喫した。

 そのAA(アスキーアート)はずっと後年まで2チャンネルなどで好んで使われ、曙は「マケボノ」とバカにされた。

 あれから12年、曙は自身のカエルダウンポーズをあしらったLINEスタンプの発売も許可した。

 それももしかすると、少しでも(株)王道の資金に充てるためなのかもしれない。

 私はある意味、曙は諏訪魔の代わりに総合のリングに上がるような気がしている。(シュートボクシングルールではあるが)


 12年前とは激変したシチュエーションで、曙は再戦に臨む。

 「自分の会社の資金を稼ぎ出すため闘う」というのは、この世でこんなに強いものがあるかというほど説得力のある「闘う理由」である。

 曙の戦意・モチベーションは、確実にサップを上回っているはずだ。

 馬場の王道の行方がRIZINで決まる(かもしれない)――

 お祭りカードにこんな意味が急遽加わってしまったのだから、これは2015年最後の最後の「プロレス界重大試合」の一つに数え上げてもよかろう。


 20151213曙のダウン
2003.12.31曙のダウンシーン(上)
2015年発売:曙LINEスタンプ(下)


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/219-5646e977

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR