Entries

側溝男、二度目の逮捕

 「RIZIN、K-1、IGFの三つ巴あるいは三題噺 その3」を書かねばならない。

 丸藤正道がシェルトン・X・ベンジャミン(鈴木軍)に勝ち、ひとまずNOAHが解散を免れたことについても書く気だった。

 しかし、それらを差し置いても書くべきニュースが飛び込んできた。

 あのインパクト抜群の「側溝に潜む覗き魔」が、同じことをして二度目の逮捕をされたというのだ。


***********(引用開始)*************


道路の側溝に潜み、スカート内のぞき見 容疑で男逮捕(神戸新聞 2015年11月9日)

 側溝に潜んで、上を歩く女性のスカート内をのぞき見ようとしたとして、兵庫県警生活安全特捜隊と東灘署は9日、県迷惑防止条例違反の疑いで、神戸市東灘区の会社員の男(28)を逮捕した。

 逮捕容疑は、8月16日午前7時50分ごろ、同市東灘区岡本1で、道路脇の側溝の中から、女性(37)のスカート内をのぞこうとした疑い。

 同署によると、道路脇にある側溝は、幅約55センチメートル、深さ約60センチメートル。男は格子状の鉄製のふたを外して中に入って寝転び、ふたの下から路上を歩く女性の姿を見ていたという。被害女性が、ふたから髪の毛が出ているのを不審に思って、男の姿に気付いたという。

 男は「(同日)午前3時ごろから中に入って、スカートの中を見ていました」と容疑を認めているという。



側溝から下着のぞき見疑い 男逮捕、5時間潜む(日刊スポーツ 2015年11月9日)

 側溝内から女性の下着をのぞき見ようとしたとして、兵庫県警東灘署は9日、県迷惑防止条例違反の疑いで、神戸市東灘区、会社員平井泰臣容疑者(28)を逮捕した。同署によると、約5時間潜んでいたとみられる。

 逮捕容疑は今年8月16日午前7時50分ごろ、東灘区岡本1丁目の道路下の側溝内から、通り掛かった美容師の女性(37)のスカート内をのぞき見ようとした疑い。同日午前3時から側溝に潜り、格子状の鉄ぶた越しに上を見ていたという。

 平井容疑者は深さ約60センチの側溝に入っていた。女性が鉄ぶたから出ている髪の毛に気付き、110番した。スマートフォンで盗撮する目的だったとみられる。(共同)



側溝に潜りスカートのぞく=容疑で男逮捕—兵庫県警(時事通信社 2015年11月9日)

 神戸市で道路脇の側溝の中に潜りスカート内をのぞこうとしたとして、兵庫県警東灘署は9日、県迷惑防止条例違反の疑いで、同市東灘区深江北町の会社員平井泰臣容疑者(28)を逮捕した。「見てました」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、8月16日午前7時50分ごろ、同区岡本で側溝の中から通行中の美容師の女性(37)=同県芦屋市=のスカート内をのぞき見ようとした疑い。

 同署によると、女性は側溝のふたの隙間から人の髪が見えたのを不審に思い、のぞき込んで平井容疑者を発見、通報した。同容疑者は撮影もしていたという。


***********(引用終わり)*************


 一度目の逮捕は、今から2年前のこと。

 2013年6月5日10時10分ごろ、東灘区森北町の道路側溝に排水溝から忍び込み、覗き穴から女性を見上げていたのである。

 ちなみにその時の側溝は、幅35センチ・深さ50センチほど。覗き穴は、幅10センチ・縦2センチほど。

 身長約170センチの彼は、その中で仰向けに横たわっていたという。


 今回の溝は幅55センチ・深さ60センチ。

 侵入方法も、グレーチングを外して横たわるというややイージーなものになっている。

 ただ、引用記事の最後の行――

 「女性は側溝のふたの隙間から人の髪が見えたのを不審に思い、のぞき込んで発見、通報した」というのは、

 その瞬間の両者の心境がどんなものだったか思いやらせずにいない。


(一度目の時は、110番で警察官が駆けつけた頃にはすでに姿を消していた。)


 それにしても一度目の幅35センチというのは、A4サイズのノートパソコンの幅より短い。

 こんな所を身長170センチの男が仰向けで這い進む(「這い進む」というのはうつぶせで進むことを言うのだが……)というのは、驚異的であり根性である。

 そして一度目の逮捕時――

 彼は犯罪史に残るかもしれない名言、「生まれ変わったら道になりたい」を口にした。

 「2月にも溝に潜んだが、寒さのせいかパンツスタイルの女性が多かった。だから暑くなるのを待っていた」とも言った。



 もうこの人は矯正不能である、とは誰もが感じるに違いない。

 彼はホンモノであり、根っからこういう性癖なのだ。


 たぶん彼は、刑期を終えてもまたやるだろう。

 数年後、三度目の逮捕のニュースを聞いたとしても、ちっとも驚くに値しない。


 ここで思い出すのは、和式のボットン便所が普通だった頃は、便座直下の便槽に潜んで覗きをする人がいたことである。

 もちろん便槽にはウンコが溜まっている。

 覗き魔はその中に体を浸し、便器にまたがる女性の股間を見上げる(本当に真上なので、さぞ首が痛かろう)というわけだ。


 私は、というか圧倒的大多数の人は、そんなにしてまで女性のアソコが見たいとは思わない。

 女性のアソコにそこまでの価値はないと思う。

 しかしやはり、そんな価値があると思う人が――やむにやまれぬ衝動に駆られる人がいるのである。

 性衝動というのが人によってはいかに強大であるか、人に何をなさしめるか、この事件と彼の人生は雄弁に物語っている。

 何かこう、「人間の可能性」というものまで感じさせられてしまうのである。



 アントニオ猪木は「馬鹿になれ」と言った。

 鈴木みのるは「風になれ」を入場曲にしている。


 彼の場合は「道になれ」をテーマ曲にすべきだろうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/179-8f6d860e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR