Entries

火野裕士のK-DOJO退団と天龍引退大会カード変更

 10月27日、火野裕士がKAIENTAI-DOJOを退団した。

 本日(11月1日)改めてその記者会見が後楽園ホールのバックステージで行われ、火野は代表取締役社長・TAKAみちのくとともに出席した。

(「出席」とは言っても立ったままだし、機械室にも似た雰囲気の場所だったが……

 また、もう一人オーナーらしき男性がいたが名前は知らない。申し訳ないが、私はK-DOJOに詳しくないのだ。)


 退団理由は「方向性の違い」の一点張りで、それが具体的にどういう違いなのかは語られなかった。 

 とはいえ私も、そんなことが詳しく明らかにされるなどと思っていたわけではない。

 さすがにそんなのを期待するほど、世の中に慣れてないわけではないのである。


 この退団により、火野の出場が決まっていた試合もキャンセルとなった。

 その中には、11月15日の天龍源一郎引退大会のカードもある。

 すなわち「諏訪魔&真霜拳號 VS 藤田和之&火野裕士」である。


 私はこれについて触れた記事で、

(⇒ 2015年9月26日記事:諏訪魔vs藤田、天龍引退試合で実現)

 「タッグ相手の真霜拳號・火野裕士という人選も、最高の選択に近いと思う。」

 と書いた。


 それが火野のK-DOJO退団により、10月30日付けで「諏訪魔&岡林裕二 VS 藤田和之&関本大介」に変更になった。

 真霜はそのままで火野の代役だけ立てる、という選択肢もあったはずだが、そうはならなかった。

 真霜拳號と火野裕士はともにK-DOJOの選手であるばかりか、K-DOJOの二枚看板とも言われる。

 おそらく、と言うか間違いなく、天龍プロジェクトはK-DOJOに「真霜&火野」というパワーファイター2人組を発注したのだろう。

 しかしその片方が欠けてしまった。

 2人セットで商品なのに、そうなっては発送できない。

 だからK-DOJOは契約をキャンセルせざるを(されざるを)得なかった。


 K-DOJOにとっては大損害で、契約不履行で、メンツ丸つぶれである。

 むろん天龍の顔にも泥を塗ったことになる。



 火野にはせめて、11月15日あるいは11月末日まで退団を先延ばしにする選択肢もあったはずだ。

 また、K-DOJOもそういう説得に努めなかったはずはない。

 それでも10月末に退団したのは、よほどのっぴきならぬ事情が(少なくとも火野の心の中では)あったのだと察せられる。


 いったいその事情とは何だったのか、おいおいわかるときも来よう。



 そしてもう一つ思うのは、「パワーファイター2人組」の代役ができるのは、やはり大日本の「関本&岡林」しかいないのだという“事実”“現実”である。

 関本大介、岡林裕二、真霜拳號、火野裕士。

 プロレスファンが「パワーファイターの肉弾戦」と聞いて真っ先に思い浮かべるのがこの四人であり、このイメージを覆す代役はいない。

 新日本の真壁刀義や石井智宏さえ、このイメージ戦ではインディーの4人衆に及ばないと言えるだろう。


 むろん4人衆の中でも、関本&岡林の方が真霜&火野より格上だとも思われている。

 しかしやはり、真霜と火野が出た方が新鮮さの点で勝っていただろう。

(関本vs諏訪魔、岡林vs藤田の組み合わせも、それはそれで魅力的なのではあるが。)



 天龍引退大会に出場が決まっていながら取り消しになった真霜の心中は、察するにあまりある――

 それこそ本物の遺恨・因縁が火野との間で生まれたと思うのだが、違うだろうか?



 フリーとなった火野、そして同じ境遇である潮崎豪が、次はどこのマットに出現するのかは興味深い。

 やはりこの11月は、プロレス界にとってかなり注目度の高い月になりそうである。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/176-cddf1f1e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR