Entries

HARASHIMAから見た棚橋戦 その2

 棚橋は、どうにかしてHARASHIMAを引き立てようとしていた。

 DDTのエースをさらにエースらしく見せようとしていた。

 HARASHIMAの感情を引き出し、試合を盛り上げようとしていた。

 自分でもそうコメントし、日記にも書いた。

 しかしそれができなかった。だから怒った。

 その原因はと言えば、「両者のプロレス技術の違い(または差)」及び「HARASHIMAの心構え」の2つである――

 要約すればこうなると思う。


 
 だがHARASHIMAにとってみれば、いや棚橋と対戦する全てのレスラーにとって、棚橋のそういう意図に応える義務や義理があるのだろうか? 

 もちろん棚橋の意図にノリさえすれば、自分は輝けるかもしれない。その方が得かもしれない。 
 
 ただ言うまでもなくそれは、お釈迦様の掌の上で躍動するようなものである。

 「棚橋に輝かせていただいている」構図である。

 そんな構図に拒絶反応や反発心を引き起こされるのは、何も反抗期の少年少女ばかりではあるまい。


 また、リストの取り方がどうだとか、新日本とDDTのプロレス技術体系が相当異なったものだなどとは、初めからわかりきった話である。

 棚橋もそんなことは百も承知で出てきたはずだ。

 それで力量を測られるなどたまったもんじゃない、そもそも思いもよらない、というのがごく普通の反応だろう。




 さらに言えば(前にも述べたが)――根本的な話として、HARASHIMAが棚橋に勝つことは許されていない(はずである)。

 棚橋は大物招待選手であり、DDTへの出場は友好団体へ遣わされたアンバサダー(親善大使)的なものである。

 棚橋は「おいHARASHIMA、接待試合みたいな気で出てくるんじゃない」と怒ったのかもしれないが、この試合がつまるところ接待試合に当たるというのは、むしろ当然の見方に思える。

 いったいプロレスファンの中で、そうでないと見ていた人が何人いるか?

 ほぼ全員が、これをスペシャルではあるかもしれないが本質は親善試合だと思っていたし、そういう目で観戦しようとしていたのではないか?



 ファンにそう思わせるのは、むろん棚橋がプロレス界において最大最高クラスの格と名声を持つからに他ならない。

 HARASHIMAは接待する側なのであり、しかも彼の「負けず嫌い」が本当にそんなに強いものならば、こんな仕事は嫌々やって当然である。

 つまりこの試合をこんな風にしてしまった根本的な原因は、棚橋の方にあると言える。

 HARASHIMAからすれば、心構えが間違っているのは棚橋の方である。

 たとえば田口隆祐あたりが参戦していれば、きっと楽しく明るく丸く収まったことが予想できよう。



 こう考えてみると、棚橋vsHARASHIMAには、さらに二つの見方が生じると思う。

 一つは、マッチメイクの失敗という見方である。

 棚橋vsHARASHIMAは、どうやったって「友好団体どうしの親善試合」「スター選手のゲストを迎えての親善試合・お祭り試合」というイメージを拭いようのないカードだったのだ。

 もし棚橋がそういうイメージを望まず、接待ではない「闘い」を望むとすれば――たとえば、諏訪魔(全日本)などとの一騎打ちを望むべきではないか。

(「棚橋vs諏訪魔」というのは、意外に頭に浮かばないトップ対決の一つだと思う。)


 そしてもう一つの見方とは、やっぱりレスラーは会社(団体)の言うなりではないのではないか、という再確認である。

 DDTはビッグマッチの呼び物としてこのカードを望んだわけだし、新日本はDDTと仲が良いからそれに応じた。

 レスラーが所属団体の「社員」であるなら、当然会社の方針に沿い――「手を取り合って」面白い試合を目指すべきである。

 たとえそれが失敗に終わったとしても、公然と不満や怒りを口にすべきではない。

 しかし、棚橋はそうしなかった。面白い試合にしようとはしたが、それは自分なりのやり方でであって、会社の指示・方針に沿ってではなかった。

 そして、両団体の友好関係にヒビを入れるような怒りをあえてぶちまけた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/133-c5f75b3c

トラックバック

コメント

[C27]

見ていて決してつまらない試合ではありませんでしたし、棚橋の意図が読めませんでしたがDDTの色であるプロレスの楽しきに重点を置くスタイルのとは違ったところで勝負してあのコメントなのかなと思いました。いずれにせよこれだけのこと言ったからにはまたリングの上でケリをつけてほしいです。コメント失礼しました

[C28] まさか棚橋の掌の上?

 確かにダメ試合ではないけれど、両者から期待される水準ではなかったなというのが正直な感想です。

 試合でしくじった棚橋が、だったら怒りのコメントでこの試合に注目を集めようとした(意義と重要性があるものにしようとした)――

 というのはウガチ過ぎの見方でしょうが、結果的にそうなったような気もします。

 万一これが正しいとすれば、さすが棚橋と言うべきでしょうか?

 両団体としては再戦を組みにくいカードでしょうが、しかしやっぱりファンとしては見てみたくなりましたからね。
  • 2015-08-30 00:24
  • 平 成敏
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR