Entries

田村潔司、6年半ぶりの実戦と勝利

 『第2回 巌流島』には思わぬ事態が生じ、放送はなくなってしまった。

 しかし報道記事を見る限り、今回もけっこう興味深い結果に終わったようである。

 「60歳・古流柔術達人が15秒KO負け」を除けば、その中で最も印象的なのはやはり、田村潔司の復帰と勝利だろう。


 田村が最後に試合し・勝利したのは、2008年12月31日「Dynamite!! ~勇気のチカラ2008~」(さいたまスーパーアリーナ)での桜庭和志戦。(判定勝ち)

 それから実に6年半ぶりの実戦登場である。

 格闘技情報サイト「イーファイト」から、試合結果と田村のコメントを抜粋する。(http://efight.jp/result-20150718_186219)


(引用開始)****************************


▼第11試合 スーパーファイト 巌流島特別ルール 3分3R

 ○田村潔司(UWF/日本)

  一本 1R1分02秒 ※ヒールホールド

 ●ジョーイ・コピタイン(ボクシング/オランダ)


 「今回対戦相手が急遽変わったんですが、(彼は)コンディションが悪い中、不安を抱えながら戦いの場所に出場したと思います。僕も45歳になり、45年間やっていて楽しいこともありましたが、苦しいことも……」と言うと言葉を詰まらせる。

「苦しいこと、悲しいこと、つらいこと、たくさんありました。今日は、試合を見ていただいてひとつでも何か感じるものを持って帰っていただきたいと思い、この場所に立ちました。またここへ戻ってくるか分かりませんが、何かを感じてもらいたくてここへ立ちました」と涙をこらえながらの挨拶。


(引用終わり)****************************

20150719田村潔司vsジョーイ・コピタイン(イーファイト)
田村潔司(左)vsジョーイ・コピタイン(右)
(イーファイトより)


20150719田村潔司のマイク(スポーツナビ)
田村潔司・勝利後のマイク
(スポーツナビより)



 選手名の後に出身国と出身競技(バックボーン)が書かれるのが総合格闘技界の通例だが、田村のそれが「UWF」になっているのがやはり目を引く。

 UWFはボクシングや柔道と同列の、一つの競技または流派と扱われている。

 もちろんこれは、格闘技ファン・プロレスファンの目を引かせるためであろう。言ってみれば客集め用の表記でもあろう。

 しかしそういう効果があると見なされていることは、いかにUWFというものがいまだファンの心の琴線に引っかかるものであるかを如実に示す。

 昔の人が蜂起する時、ほとんど決まって「前王朝の遺児」とか「名家の末裔」を引っ張り出してきたものだった。

 我々はそういうことを「時代錯誤」と嘲笑するが――漫画や小説でもたいていそういう扱いをされるため、ますますそう感じるが――、

 現代人もまた、「そういうこと」に心を動かされる点で、昔の人とそう変わってはいないと思う。


 それにしても――

 「UWF」の田村潔司が、「ヒールホールド」で一本勝ち。

 これが2015年の試合結果
だということに、何か言いしれぬ感慨を覚えてしまう。

 本当にUWF時代から見ていたファンにとっては、私などよりよっぽど強くそう感じられることだろう。


 三十代末期から四十五歳までの6年半を、田村が試合なしで過ごした真意は私にはわからない。

 その期間は総合格闘家としてはとっくにピークを過ぎたはずのものであり、

 プロレスラーとしてはピークに達し・そこから降りていく期間のはずである。

(いま三十八歳の棚橋弘至も、その期間に入っている。)


 「四十五年間、苦しいこと、悲しいこと、つらいこと、たくさんありました。何かを感じてもらいたくてここに立ちました」。

 涙をこらえながらのその言葉に何が込められているのか、我々には本当にはわからないだろう。

 推測することしかできないだろう。

 しかしその「推測できる」ことこそ、人間の心の核心だろうとも思う。


 田村は今後、プロレス活動も拒まずやっていく方針のようだ。

 船木誠勝、鈴木みのる、桜庭和志、高山善廣……

 UWF(インターも含む)出身の選手はまだまだ残っている。しかしいずれは消えていく。

 あと残り少ないであろうその時までに、我々はどんな「U」の残照を見るのだろうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tairanaritoshi.blog.fc2.com/tb.php/104-e131ca4b

トラックバック

コメント

[C23] 田村復帰

UWF をリアルタイムで、追いかけてきた私にとっては、田村潔司という選手も、忘れ難い存在です。

Uインター在籍時に、髙田延彦に「僕と真剣勝負をしてください」と訴えた事件は、田村潔司という選手のまっすぐさを、あらわすエピソードです。

彼が格闘家として復帰し、プロレス活動も始めるというのは、嬉しいことです。

UWF 系選手との対戦はもちろん、新日本の選手との対戦も、見てみたいです。

  • 2015-07-19 21:54
  • ムームー
  • URL
  • 編集

[C24]

 田村選手が新日本のリングに上がることは、充分可能性があると思います。

 彼の「格」からすれば、新日本(私の中では日本唯一のメジャー団体)くらいしかふさわしくない、と本人も思っている気がします。

 ただ、総合からプロレスに転向した先行者・桜庭選手は、新日本のリングで輝いているとはいまいち言いがたい……

 「新日本で田村VS桜庭が再戦!」というのもちょっと安易に感じます。


 ここからは妄想マッチメイクですが、

 田村がDDTに上がり、HARASHIMAあたりと戦うというのはどうでしょうか?

 そしてその後、DDTまたは新日本のリングで桜庭と対決する。

 「新日本の桜庭」と「DDTの田村」が戦う――

 ただ対峙するよりは、かなり歴史的な意外性を加味できるように思います。

 ただもちろん、DEEPなどに参戦する方がよほど可能性は高いですが……
  • 2015-07-21 04:15
  • 平 成敏
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR