fc2ブログ

Entries

ウナギ・サヤカ火祭り全敗-「そんなに強くない」のに台風の目?

 ZERO1の火祭り2023に、史上初めて女子としてエントリーしたウナギ・サヤカ。  その最終戦は7月29日後楽園ホールで行なわれたが、戦績は6戦全敗であった。 (⇒ 日刊スポーツ 2023年7月29日記事:ウナギ・サヤカ、「火祭り」で男子とのシングル6戦全敗…「全敗でしたけど胸を張ってプロレスを楽しむことができました」…7・29後楽園) もちろんこの結果は、百人中百人のプロレスファンが――ウナギファンでさえ――予想していた...

上谷沙弥、鉄柱ダイブでレフェリーストップ・担架搬送-危険技の制限進まず

 7月23日、スターダム大田区総合体育館大会でのファイブスターグランプリ公式戦、中野たむvs上谷沙弥で―― 上谷沙弥は場外設置の鉄柱(照明柱。約5メートルの高さ?)からダイブして着地に失敗、左肘脱臼により動けなくなり、レフェリーストップで試合終了。中野たむの勝利となった。(⇒ バトルニュース 2023年7月23日記事:アイドルレスラーが鉄柱から飛び降り負傷!レフェリーが試合を止め担架で搬送)(⇒ 東スポweb 2023年7月2...

飯伏幸太、今度はハードコア路線-画鋲のゴールデンエリート

 新日本を退団し、つい最近まで長らく休業状態にあった飯伏幸太は、8月4日のGLEAT両国国技館大会で日本マット復帰が決まっている。 しかしその前の7月20日(日本時間)、アメリカAEWのリングに登場した。 そのメインイベント戦メンバーというのが非常に豪華で、 飯伏幸太&ケニー・オメガ&マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン&ハングマン・ペイジ vs ジョン・モクスリー&クラウディオ・カスタニョーリ&ウィーラー・ユ...

「長州力」の名がカッコワルい―にあなたは納得?

 プロレス引退後もなかなかの活躍を見せている長州力だが、今度はテリー伊藤との対談がアサ芸プラスで行われている。 そこで最初の話題となっているのが、「長州力」というリングネームを付けられたときの話である。(⇒ アサ芸プラス 2023年7月8日記事:長州力「『長州力』の名前でやめようと思った」/テリー伊藤対談(1))  この話は、プロレスラーとしての長州力についておよそ少しでも関心のある人なら誰でも知っているほ...

葛西純の新日本投入に「予想どおり」熱狂効果あり

 7月4日の新日本プロレス後楽園ホール大会は、観衆1433人の札止めで、立ち見が出る盛況だったようだ。 平日火曜日でありながらそんなに入ったのは、やはり世界デスマッチ界のカリスマ・葛西純の新日本初登場というビッグな話題があったからだろう。 その葛西登場の、期待のメインイベント―― 葛西純&エル・デスペラード vs ジョン・モクスリー&ホミサイドのノーDQマッチは、デスペラードがホミサイドへトラッシュ缶上へのピン...

会社が命名「令和闘魂三銃士」に三人とも冷淡反発 (笑)

 6月30日、新日本プロレスは公式に、海野翔太(26歳)・成田蓮(25歳)・辻陽太(29歳)の3人を「令和闘魂三銃士」と命名することを発表した。  命名された3人は、「名誉ある名づけをしてくださって光栄です。 今後も3人とも精進していきます、応援よろしくお願いします!」 などと新人みたいなコメントをするわけもなく(笑)、みんな揃って冷淡に反発している。 海野翔太 「この"令和闘魂三銃士"という肩書きは一体何です...

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR