FC2ブログ

Entries

大仁田厚7度目の引退-復帰前提?の邪道式引退興行

 10月31日、サムライTVで大仁田厚(7度目)引退興行の生中継を見た。 お客さんはともかくとして、レスラーから率先して次々と「復帰してください」「復帰待ってます」などとマイクで語る引退興行の光景は、他に例を見ないものである。 ダンプ松本は(何ともあっけらかんと)「復帰してください。ダンプは待ってます」と言い、 TARUは「オマエら騙されたんや。カネ集められただけや」と言い(これは言いそうなことだと思ってい...

「アントニオ猪木生前葬」開催、観衆なんと7000人-なぜか全然言及されないジャイアント馬場へのディスり

 10月21日、両国国技館で現役参議院議員アントニオ猪木(74歳)の「生前葬」という名のISM興行が行われた。 衆議院議員総選挙を明日に控えた段階で国会議員が何をやってんだ、という意見もあろうが…… しかし今の猪木は政党に属さない無所属なので、関係ないといえば関係ない話である。 それにしてもこの「生前葬」、プロレスメディアでさえほとんど宣伝されず、サムライTVでさえ生中継・録画中継がないのだが、蓋を開けてみれば...

『龍が如く極2』に天龍、藤波、蝶野、武藤が出演-配役は「地上げ三銃士」

 10月21日放送のサムライTV「金曜バトルメン」で初めて知ったのだが―― 天龍源一郎、藤波辰爾、蝶野正洋、武藤敬司の4人がゲーム『龍が如く極(きわみ)2』にキャラとして出演するらしい。(なお、下記の公式サイトを見ても彼らのことは出ていないのであしからず。)http://ryu-ga-gotoku.com/kiwami2/ その出演シーンの動画をバトルメン内で放送していたが、いやぁ藤波辰爾、ワルである(笑) 藤波の役は「有限会社フジナミ」...

RIZIN10.15福岡大会短感 素晴らしき那須川天心vs藤田大和のハイスピード戦

 RIZIN2017秋の陣・10月15日福岡大会をフジテレビの地上波放送で見た。 その中で印象に残った試合を順不同で書いていこう。(1)KINGレイナ vs クリスタル・ストークス KINGレイナの体型は、もし大正時代の人が見れば「女相撲取り」と即答するような輪郭である。 対するストークスは身長180センチ超で、KINGレイナより20センチも高い。 今回がMMAデビュー戦だったとのことだが、何か私のような素人にでもものすごく素人っぽく...

新日本10.9両国国技館大会短感-「演劇系プロレス」の時代

 新日本10.9両国国技館大会(キング・オブ・プロレスリング)をスカパーのテレ朝チャンネルで見た。(残念ながら、生中継でプロレスを見るのは久しぶりである。忙しいのだ。) この大会でサプライズと言えば、何と言っても(第3試合での)小松洋平と田中翔の無期限海外遠征からの帰還である。 彼らの名前は「ヨーとショー」と呼ばれていたが、アメリカでは「テンプラボーイズ」なんていう80年代以前の日本レスラーのようなチー...

セガールvsフォアマンのスーパーファイト-21世紀の猪木vsアリ戦?

 これはビックリニュースである。 元プロボクシング世界ヘビー級王者にしてオリンピック金メダリストのジョージ・フォアマン(68歳)が―― 世界的アクション俳優で合気道7段でもあるあのスティーブン・セガール(65歳)に、格闘技戦を要求したというのだ。(⇒ 日刊スポーツ2017年10月4日記事:フォアマン68歳の挑戦、65歳セガールに対戦要求) フォアマンは「自分はもちろんボクシングで、セガールの方は何でもいい」と言ってい...

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙 表紙:『もうすぐ無人島になる瀬戸内の島へ』 ブログ販売欄掲載用

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR