Entries

諏訪魔は電流爆破をやるだろう論-難題に挑む全日本の象徴

 2月17日の全日本・後楽園ホール大会に来場した大仁田厚は、電流爆破戦を拒否する諏訪魔を「チキン諏訪魔」呼ばわりした。 そして2月19日のアイメッセ山梨大会では、諏訪魔、秋山準、ケンドー・カシン、井上雅央の全日本軍と、大仁田厚、保坂秀樹、雷神矢口、パンディータの邪道軍がタッグマッチで対戦。 諏訪魔は大仁田の赤い毒霧と有刺鉄線バットを喰らいながらも、バックドロップで保坂を沈めて勝利した。 その試合後も大仁...

新日本「新しいプロレスの教科書」、世志琥MMA初陣勝利

 新日本2.11大阪エディオンアリーナ大会を、新日本プロレスワールドで見た。 セミファイナルの高橋ヒロムvsドラゴン・リー(IWGPジュニアヘビー級選手権試合)、メインイベントの内藤哲也vsマイケル・エルガン(IWGPインターコンチネンタル選手権試合)とも、まことに凄まじい熱戦だった。会場にいた人はさぞ盛り上がったろう。 この2試合を見て思いついた言葉は、「被弾プロレス」というものだった。 この試合の4人、とにかく...

JWPの突然死-これは女子版UWF分裂劇か?

 2月8日、JWPの所属全7選手が会見を開き、代表のコマンドボリショイから―― 全選手がJWPから離脱し、新団体を旗揚げするとの発表が行われた。 JWPの名で大会を行うのは4月2日後楽園ホールでのJWP25周年大会が最後で、当面は「ドリーム女子プロレス」として興業を継続し、8月11日後楽園ホールで新団体として旗揚げ戦を行うとのこと。 なお2月5日のラゾーナ川崎プラザソル大会では試合終了後、ボリショイがリング上から「JWPも25...

旧ノア破産、田上明はどうなるのか?

 帝国データバンクによると、旧(株)プロレスリング・ノアであった「(株)ピーアールエヌ」(代表:田上明)が、2月1日付けで東京地裁から破産手続開始決定を受けた。(話がややこしくなるので、以下「(株)ピーアールエヌ」は「旧ノア」と表記する。) 周知のとおり、旧ノアは昨年11月にエストビー(株)にプロレス事業を事業譲渡し、エストビー(株)は11月7日付けで「ノア・グローバルエンタテインメント(株)」(会長:内田雅之)に...

鈴木軍をどう使う? 新日本2.5札幌を見て

 スカパーテレ朝チャンネル2で、2月5日新日本・北海きたえーる大会の生中継を見た。 メインイベントのオカダ・カズチカvs鈴木みのるのIWGPヘビー級選手権試合は、1,4東京ドーム大会におけるオカダvsケニー・オメガ戦に続き、またしても試合時間40分を越え―― オカダ・カズチカの勝利(防衛)に終わった。 結果自体は何の不思議もないことなのだが、試合内容はオカダがほぼ九割くらい劣勢(“負傷した”右脚を集中的に攻められた)...

sareee・中島安里紗のシードリング入団-「わが陣容がさらに強化されたぞ」

 1月26日、昨年末にJWPを退団した中島安里紗が、高橋奈七永率いるシードリングに入団した。 そして2月1日、今度はsareee(サリー)がディアナを退団し、シードリングに移籍することを発表した。2月26日がディアナ所属としてラストマッチになるそうだ。 今までシードリングは高橋奈七永と世志琥の2人しか選手がおらず、私もつい最近シードリングを“女子極小プロレス団体”と書いたばかりなのだが――(⇒ 2017年1月24日記事:世志琥...

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR