Entries

7.24両国譚・短感 大日本は新日本を超えるか

 大日本プロレス7.24両国国技館大会(両国譚)を、サムライTVの生中継で見た。 一言で言って、素晴らしい興行だったと思う。 昨年の両国譚(第1回)でも「NOAHに代わって日本武道館大会を開催できるのは、大日本かもしれない」と記事を書いたのだが―― (⇒ 2015年7月21日記事:大日本「両国譚」短感) もしかしたら大日本は、新日本さえも超える可能性があるのではないかと思ってしまった。 まず第4試合のタッグマッチ、「...

新日本G1とスーパーJカップの同時平行開催についての雑感

 現在新日本プロレスは、G1クライマックスとスーパーJカップという2大シリーズを同時並行開催中である。(スーパーJカップはトーナメントであり、全2日しかないが。) G1は8月14日に、スーパーJカップは8月21日に決勝戦が行われるので、8月は新日本にとってウハウハの月になるのだろう。 また見方を変えれば、前者はヘビー級、後者はジュニアヘビー級の選手が参加しているので、会社の有する商品を有効活用しているとも言えるの...

G1初戦 丸藤、オカダに完勝 NOAHの象徴・丸藤正道の苦闘

 新日本プロレスワールドで、G1初戦(7月18日・北海きたえーる大会)を見た。 メインイベントのオカダ・カズチカvs丸藤正道は、まるでオカダがグリーンボーイに見えるほど丸藤正道の完勝であった。(こういう感想を抱いたのは、私だけではないだろう。) むろんSANADAvs棚橋弘至で棚橋が敗北したのと同じく、この結果は衝撃でも大波乱でもなく大方のプロレスファンの予想どおりである。 優勝候補や「強い」とされる選手が初戦...

小島が天山にG1出場権譲渡―新日本の「株が下がる」ということ

 小島聡が天山広吉にG1出場権を譲り渡し、新日本もそれを認め、正式に小島を外し天山をエントリーし直した。 このことは、ネット上で不評を巻き起こしている。 新日本のオーナーである木谷会長もファンの「こんなんでいいんですか?」との質問に答え、「いいわけないでしょう。G1出場権は個人の所有物じゃない」とツイッターに書き込んでいる。 しかし、それでもなお「これも全てアングル(シナリオ)じゃないか」と疑ってしま...

WRESTLE-1大量離脱、入江茂弘海外武者修行の短感

 イギリスのEU離脱に続き、日本のプロレス界でも離脱が発生した。 6月30日付けでWRESTLE-1から、TAJIRI(45歳)、AKIRA(50歳)、田中稔(43歳)、浜亮太(36歳)、中之上靖文(30歳)の5選手が一斉退団したのである。 この大量離脱というものは、プロレス界で定期的に起こる。 しかしファンが「こんなに抜けたらヤバいだろう」と思っても、たいていその団体は潰れないものだ。 上記5人の選手のうち、TAJIRIとAKIRAは年齢的に仕方ないこ...

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR