Entries

美闘陽子復帰戦を見て

 遅ればせながら、サムライTV6月23日放送のスターダム6月16日後楽園ホール大会を、録画して見た。 もちろん目玉は美闘陽子復帰戦である。 煽りVでは、美闘本人がやたら自分のことを「情緒不安定」だったと言っていたのが印象に残る。 なるほど言われてみれば、確かに彼女は情緒不安定そうな顔の作りである(と、私は感じる)。 なんだかこの人が、宝城カイリや紫雷イオより年上(今29歳)で先輩(スターダム旗揚げ一期生)...

新日本6.19大阪 内藤哲也の王座陥落とオカダの作る未来

 ついさっき、CSテレ朝チャンネルで新日本6.19DOMINION大阪大会を見た。 と言っても昼寝で寝過ごした上に録画予約も忘れてしまい、見たのはケニー・オメガvsマイケル・エルガンのIWGPインターコンチネンタル王座戦の途中からである。 このオメガvsエルガン戦、ラダーや机が折れまくる想像以上に激しいものであった―― しかし最も印象に残ってしまったのは、コーナーポストに手錠で固定されたエルガンを救出しようとやってきたキ...

死せるアリ、プロレスを地上波ゴールデンタイム放送させる

 ついさっき、テレビ朝日の特番で「猪木vsアリ戦」(1976年6月26日)をノーカットで見た。 日本のプロレスファンとボクシングファンでこの番組を見なかった人はいないと思えるが―― しかし一般の視聴者にとっては、セコンドや実況の音声字幕がなかったとすれば見るに堪えないワンパターンな番組だっただろう。 プロレスファンにとって今回の放送の意義はむろん、プロレスが全国地上波テレビで日曜午後9時から11時というゴールデ...

モハメド・アリ死去 猪木vsアリ戦の記憶は永遠に

 元プロボクサーでWBA・WBC統一世界ヘビー級王者、モハメド(ムハマド)・アリ氏が、6月3日、米アリゾナ州フェニックスで死去した。享年74歳。 なお彼は1960年のローマオリンピックにおける、アマボクシング・ライトヘビー級の金メダリストでもある。 プロ戦績は61戦56勝(うちKO勝ち36)5敗、1981年にトレバー・バービックに敗北して引退した。(このバービックが後にUインターの高田延彦と対戦し、「敵前逃亡」負けしたのはプ...

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR