Entries

趣味vs民主主義――高尾山古墳の破壊を巡る戦い

高尾山古墳(2015年6月25日・中日新聞より)高尾山古墳(2015年6月16日・中日新聞より) 静岡県沼津市の「高尾山古墳」が、道路建設のため取り壊される予定だという。 直近の本日現在で報道されていることを、箇条書きでまとめてみよう。****************************○高尾山古墳は、全長62メートルで東日本最古・最大級の前方後円墳。○発見されたのは1978年。(ただし、正式に古墳認定されたのは2008年) 元は神社が...

女子プロレスと美人資本主義 その2

 そして、こう言っては何だが、日本の女子プロレス界で活躍する選手、デビューする選手というのは、必ずしも美人だけではない。 当然そこにも美人資本主義の浸透はあるはずだし、経営的観点からも美人を揃えた方がいいに決まっている。 しかし、現実にはそうなっていない。 これは、女子プロ界の人材難を示すものなのだろうか?(美人が入ってこないから、やむを得ずそうでない者をデビューさせざるを得ないのか?)  または...

女子プロレスと美人資本主義 その1

米TNA・ノックアウト(女子部門)選手陣 女をブスと罵ることは、それが容姿への悪口であるにもかかわらず、最大級の人格否定となる。 男をブサイクと罵ることより、女をブスと呼ぶ方が与えるダメージは数十倍である。(そもそも、男をブサイクと罵ることってあまりない。) そういえばKENTA(現イタミ・ヒデオ)の得意技の一つに、「ブサイクへの膝蹴り」というのがあった。 だが、女子プロレス界で「ブスへの膝蹴り」が...

フェミニズムは美人資本主義に負けた

知花くらら(ミス・ユニバース2006世界大会第2位)宮本エリアナ(20) ミス・ユニバース2015日本代表ミス・ユニバース日本代表2015ファイナリスト(2015.3.15) 1990年代には、ミスコン(ミス・コンテスト)に反対する意見と雰囲気が、けっこう社会の表面に出てきていたと思う。 女を顔(やスタイル)で採点するなど女性蔑視だ、人を容姿で判断するのは道徳的に許せない、それは差別だ―― そんな意見がかなり広まっていた印象...

格闘漂流 ~船木誠勝のW-1退団~

船木誠勝 船木誠勝が、WRESTLE-1を退団する。(6月30日付け) 船木は言うまでもなく、UWF出身の選手である。(正確には、最初は新日本に所属した。) そしてもう27年も前のことになるが、一冊の本が発刊された。 『格闘漂流・猛き風に告げよ -私説UWF伝-』である。『格闘漂流・猛き風に告げよ 私説UWF伝』(夢枕獏・1988年刊) 著者は、夢枕獏(ゆめまくら ばく)。 『陰陽師』『餓狼伝』などで有名...

21世紀の南北朝時代? 天皇家は明治以前に回帰するか

 ただしこのことは、皇室自体にとっても両刃の剣になりかねない。 「次の天皇には、現皇太子殿下より秋篠宮殿下の方がふさわしいのではないか」 という意見があるのを、あなたも知っているだろう。(こういう意見が普通に語られ聞かれること自体、不敬だと思うが。)文藝春秋2009年2月特別号週刊朝日2006年11月17日号 この意見の根底にあるのが、あえて下世話に言うならば、 「だって本人の見てくれがいいし、嫁も娘も美人な...

皇室のビジュアル戦略――「美」に拠って立つ求心力

 なお、「男子皇族の配偶者には美人を選ぶべき」というのは、皇室内部ですでに定まった方針であると私は思う。 たとえどんなに才媛でも、どんなに心が優しくても、たとえ男子皇族本人がその人を大好きだと強く思っていても、 ヘチャムクレのブスを選ぶことは絶対にない。(ここでは、そもそも男子皇族がブスを好きになることはない、との前提は考慮しない。) そんなことをすれば、国民からのウケが悪いのがわかりきっているか...

佳子さまによる皇室の、「美人資本主義時代」への適応

 それにしても思うのだが、週刊誌の表紙・記事・中吊り広告を「不敬」だと言う人はいないのだろうか。「巨乳女子大生 激ヤバSEXサークル潜入!」とか、「四十歳現役美魔女高校教師・決意のフルヌード」とか、 そういう見出しと皇室記事・皇族写真を同じ紙面に載せるのは、戦前・戦中なら決して許されなかった不敬である。 「天誅」を受けて当然の所行である。 しかし今、それは当たり前のように行なわれており、それに対す...

佳子さま報道と「やっぱり女は顔である」

秋篠宮佳子内親王 最近、佳子さま(秋篠宮佳子内親王)についての記事を見ないことはない。 なぜこんなに佳子さまは、メディアでもネット民の間でも話題になるのか。 それはもちろん、美人だからである。 他にも女子皇族はいるのに、佳子さまに年齢が近い人もいるのに、なぜ佳子さまばかりがニュースに取り上げられるのか。 その原因をいちいち分析する必要はないだろう。 そしてつくづく思うのは、やっぱり女は顔であるとい...

レスラー短感02 田上明・NOAH社長の元気のなさは異常ではないか?

週刊プロレス2013年12月18日号社長・田上明の挨拶 6月13日(広島)、6月15日(大阪)の2大会で、NOAH勢は鈴木軍からGHCベルトを一本も奪い返すことができなかった。 また、森嶋猛は9月19日に大阪で引退試合を行なうとNOAHからアナウンスされていたが、本人のコンディションが整わないとのことで延期になった。(それにしても、何でこうもドタバタするのだろう。) だが、それらはよい。 今回取り上げたい...

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR