Entries

なぜイジメ自殺は…その2 過酷な経験は人間を鍛える、だからそういうこともあるべきだ?

 厳しい「指導」は人間を鍛えるという。 理不尽なシゴキに耐えてこそ強靱な精神力が得られるという。 スクワットを何千回もやるような非合理的トレーニングをやってきた昭和のレスラーには、今のレスラーが持っていない「強さ」があるともよく言われる。 私はあながちそれを否定しない。 理不尽・非合理・過酷な経験をくぐり抜けてきたことは、確かに自信となるだろう。 そしてまた、他人も確かに一目置く。 脱落者が多いか...

なぜイジメ自殺はよく起こるのに、イジメ復讐殺人は起こらないのか その1 人間関係の維持と人間の本性

 こういう記事を読んだ人は、まず間違いなく怒りと憤りを感じるだろう。許せないと思うだろう。 しかし救いがないのは、そう思うまさにその人が、自分の職場や学校では(程度は低いが)似たようなことをやっている可能性が非常に高いことである。 今回ピックアップした記事はたまたま警察が多かったが、もちろん自衛隊でも他の一般の職場でも、似たようなことは起こっている。  そしてこのブログを読んでいるプロレスファンの...

なぜイジメ自殺はよく起こるのに、イジメ復讐殺人は起こらないのか(資料編)

 ここ数日、イジメとパワハラについてのニュース・記事が連続してあった。(いつでも毎日ニュースになっていると言えばそうであるが) そのうち、4本を選んでみよう。(1) 恐怖の警察学校、執拗な暴力&退職強要の実態発覚! 4分の1が退職、ついに訴訟へ   (ビジネスジャーナル 5月6日「闘うジャーナリスト・佐々木奎一がゆく! ワーキングクラスの被抑圧者たち 第28回」)   http://biz-journal.jp/2015/05/post_9...

W-1・高木三四郎CEOのインタビューでオヤッと思う点について

 週刊プロレスno.1792(2015年5月27日号)には、WRESTLE-1のCEO(最高経営責任者)に就任した高木三四郎のインタビュー(週刊プロレス・佐藤編集長との対談)が掲載された。 雑誌の表紙自体が彼の顔の単独ドアップというのは、本当にどこかの経済誌の表紙かと見まがうほどである。週刊プロレスno.1792表紙 従来のDDTと合わせ、プロレス界初(?)の2団体経営者となった高木のインタビューのうち、一...

金銀宝石バブルとスポーツバブル――あらゆるバブルに終焉は来る

(プロレス界にいろんな事件が起きるせいで、なかなか一つの話を連続して書くことができない。 本稿は、2015-05-12 「芸術バブルの不思議な世界」 の続きである。) しかし、それよりさらに深く長く――歴史始まって以来続くバブルは、「金・銀・宝石バブル」だろう。 これはバブルどころか、世界経済の基本とも基軸ともなっている(なってきた)。 銀は影が薄くなったにしても、今でも金は「最も安全な資産」とも言われている...

高橋奈苗のスターダム退団――全女・正統後継王朝の一本の柱、抜ける

高橋奈苗 本当にもう、プロレス界には次から次へと事件が起こるものである。 本日付け東京スポーツ紙によると、高橋奈苗がスターダム退団を決めたらしい。 高橋奈苗は、日本の女子プロレス界における最強・最高二大選手の一人(もう一人は里村明衣子)として認知されている。 スターダム旗揚げメンバーの中核であり、今は手術で欠場中だがバリバリの主力選手であり続けてきた。 何よりも、かつて女子プロレス最高峰とされた全...

芸術バブルの不思議な世界

 芸術の世界。特に、絵画の世界。 そのバブルの大きさと持続性は、世の中でもひときわ目立つ。 ピカソ、モネ、ルノワール、ダ・ヴィンチ…… その絵一枚に何十億円・何百億円の価値があるとされている画家は、覚えきれないくらいいる。 しかし、ここでも茶器の場合と同じ問いをしよう。 あなたは本当に、彼らの絵にそれだけの価値があると思うか。 もし純粋に自分自身の判断を下すなら、それらに十億円の値を付けるか。 もし...

レスラー短感01 鈴木秀樹のバックボーンは「郵便局」か?

 この「レスラー短感」では、個々のプロレスラー(それ以外の人もたまに含む予定)について、感じることを短く述べる。 第1回目は鈴木秀樹。鈴木秀樹(フリー) 鈴木は1980年生まれの35歳。 2008年11月にIGFでデビューしたが2014年3月に離脱。 現在はフリーとして各団体に参戦し、この記事を書いている時点では、NWA-UNヘビー級(ZERO1)・WRESTLE-1チャンピオンシップの王者である...

前田日明のUWF――人間に自由意志はあるか?

 テレビのコメンテーターの言うことを聞いて多くの人が思うのは、「こんな誰でも言えそうなこと言ってカネもらえるって、いいよなあ」ということだろう。 しかしそれもコメンテーターが悪いのではない。 北朝鮮問題の専門家に福祉政策についての意見を聞いたって、たいしたことが言えないのは当たり前である。 そもそも人間は、そんなに何にでもかんにでも意見があるわけないのである。 たとえば私は、西アフリカ情勢について...

天皇と征夷大将軍――高木三四郎のWRESTLE-1「CEO就任」

 いま日本のプロレス界全体で最も注目を集めるのは、IGFと全日本が開戦(=交流)するかどうかだろう。(NOAHの行く末を除く) ただし今のところ、ここで言う全日本とは諏訪魔だけを意味しているようである。 しかし突然それを上回る、思いもよらないニュースが飛び込んできた。 DDTの社長である高木三四郎が、WRESTLE-1のCEO(最高経営責任者)に就任したというのである。高木三四郎(左)・武藤敬司(右)...

Appendix

プロフィール

平 成敏

Author:平 成敏
1970年代生まれの男性。
認定ファシリティマネジャー、主に施設管理の仕事に従事。
プロレス、社会、歴史など、興味関心のある分野についてあまり脈絡にこだわらず書いていきます。(⇒プロレス以外の話題については、別ブログ【社会・ニュース・歴史編】をご覧ください。)

著作一覧(アマゾンkindle版)

ペペチール第三王朝の興亡:表紙 世界系統樹:表紙 尊敬なき社会(上):表紙 尊敬なき社会(下):表紙

FC2ランキング

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2アクセスカウンター

日本ブログ村・人気ブログランキング アクセスランキング

ツイッターウィジェット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR